2016年01月18日

継続審議まであと2週間!最後の署名のお願い!!


072s.jpg
<乳飲み子や譲渡まで世話や時間のかかる犬猫も生かす時代へ>

札幌市動物愛護センター建設要望!
ご署名がまだの方がいらっしゃいましたら、ぜひご賛同をお願いします!!
1分で終了します!
http://form1.fc2.com/form/?id=f5af06bf8d0ea78f
<締切:1月28日(木)24:00>

昨年6月29日、当会は札幌市議会議長さま宛に
札幌市動物愛護センター建設のための陳情書と署名を提出、
昨年7月30日に担当委員会である厚生委員会で第1回目の審議が行われました。

その後、陳情は継続審議となり、いよいよ来月2月2日、
札幌市動物愛護センター建設の是非が審議される予定となりました!

昨年2月1日の開始から、18日今朝までに皆さまからいただいた署名数は58,541名。
6万名の署名まであと1千5百名余りのご賛同が必要です!
残された期間は2週間余りしかありません!

※自筆署名も集めています。
学校や職場、サークル等集めていただけませんか?!

専用の署名用紙をダウンロード出来ます。
http://shippo.or.jp/images/syomei/2015syomei1.pdf
<締切:1月25日(月)必着>

既に、お手持ちに署名用紙をお持ちの方は、1名でも2名でも結構ですので、
当会までご持参くださるか、以下までご郵送いただけたら幸いです<(__)>

郵送先
〒068-1318
長沼町西1北15 しっぽの会
締切:1月25日(月)必着でお願いします





082s.jpg

いわゆるドリームボックスと呼ばれている殺処分機。
写真は5年前の平成22年夏に札幌市動物管理センターに許可をいただき撮影したものです。

札幌市動物管理センターは、一昨年の1月から犬の殺処分ゼロを更新し快挙が続いていますが、
当時は、年間138頭の犬が理不尽にも殺処分されていました。





046-98659.jpg

これまで、職員の方々がどんな思いで、
数えきれないほどこのボタンを押してきたことでしょうか・・・

殺処分までの全ての作業はコンピューターで行われ、
処分30分前にCO2気化装置を動かし、ガスが準備されます。

処分機は中型犬以上の殺処分を行う大型処分機と小さな犬や猫用の小型処分機があります。

猫に至っては、5年前は1,789頭というもの凄い数が処分されていました。

地域猫活動やTNR活動も全くと言っていいほどありませんでしたし、
野良猫が収容された場合は即行処分されていた辛い不毛の時代でした。





syomei1-b02e4.jpg

札幌市は、今春「(仮)札幌市動物の愛護及び管理に関する条例」の公布を予定していますが、
条例を適切に運用するには今の施設では到底無理で、条例が絵に描いた餅と化してしまいます。

札幌市には、動物の愛護や福祉の普及啓発の拠点となる、
横浜市動物愛護センターのような以下の要件を満たす施設が必要です!


1 動物の愛護と福祉に配慮した施設

2 大規模災害時、市民とペットの同行避難場所となる施設

3 飼い主のいない猫対策に対応できる施設

4 子どもたちに『命の教育』ができる施設

5 ペットを通じて市民が交流できる施設

6 ボランティアの人材育成や獣医師等との連携・協働できる施設




動物愛護センターの建設に向けて、残された期間はあと半月です!

応援してください!

いただいたご署名は、今月末、札幌市議会議会事務局に追加提出させていただきます!

また、審議の開始時間等、分かり次第、当会HPやブログでお知らせさせていただきます★
都合のいい方はどうぞ傍聴にいらしてください!


※自筆署名、先にネット署名change.orgでご署名の方は重複なさらぬようご注意ください。

ご家族とか他の方のお名前ですと大丈夫です。

ご賛同、応援よろしくお願いいたします!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        
nekosya2.jpg保護猫たちに-20℃でも暖かい猫舎を




posted by しっぽの会 at 08:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする