2016年01月17日

おめでとう!シフォンがしっぽを卒業しました!♪☆.。.:*・゜


sifon.jpg

シフォンは昨年7月、標茶保健所から引き取りした推定2〜3歳のオスで
残念ながら猫エイズ陽性であることが判明していました。

飼い主さまは先住の子を昨年亡くされ
再び猫との生活をしたいと見学にいらしてくださいました。

先住の子との出会いは、現在のおうちに引越したときに迷いこんできた子猫だったそうで
関係機関に連絡しても迷子届けがなかったことから、そのまま飼われていたそうですが
闘病の末、猫生を全うしたそうです。

見学されたなかで先住の子に似ていて
とても人懐っこく穏やかなシフォンを気に入ってくださいました

その日は一度お帰りになり
ご夫婦でよくお考えになって再び面会にいらしてくださいました<(_ _)>

猫エイズキャリアであることもご理解いただいて
家族に迎えてくださることになりました♪

飼い主さまは、牛などの大型の動物の獣医の先生で
当会のかかりつけ病院の院長先生とも旧知の仲だそうですし
ご自身に万が一のことがあっても後を託せるようにご家族にもきちんとお話されています

名前はそのまま「シフォン」になるそうです。

飼い主さま、この度は本当にありがとうございました<(_ _)>
シフォンをよろしくお願いします
どうぞお幸せに


にほんブログ村 猫ブログへ
        
nekosyap.jpg保護猫たちに-20℃でも暖かい猫舎を


posted by しっぽの会 at 10:54 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする