2015年10月27日

犬猫殺処分 初のゼロ! 岩見沢保健所由仁支所


sorati.jpg
<画面クリックで大きくなります>

本日の北海道新聞岩見沢南空知晩に岩見沢保健所由仁支所で
2014年度の犬猫の殺処分数がゼロを達成した記事が掲載されました!

由仁支所は夕張市、空知管内由仁、栗山、長沼、南幌の1市4町が管轄ですが、
引き取りされた54匹のうち3匹が返還され51匹に新たな飼い主や保護団体に譲渡されました。

2013年動物愛護管理法が改正されて、
安易な引き取りを拒否できるようになったことが主な要因ですが、
収容犬猫を出来るだけ長期収容するなどの努力が奏功し、
今年4月以降も現在ゼロを更新しています。

当会も2007年からの記録では由仁保健所から
100頭以上の犬と30頭以上の猫を保護していますが、
その中でも一番印象に残っているのは、
2011年初冬に栗山町、由仁町でペキニーズ、チワワ、パピヨン等の
純血種が多数遺棄された繁殖業者によると思われる事件です。

2011年12月26日記事
http://shippo-days.seesaa.net/article/242794404.html





yuukan.jpg

本日の北海道新聞全道版夕刊にも、岩見沢保健所由仁支所の記事が紹介されていました!

札幌市、旭川市は昨年度の犬の殺処分はゼロでした!

また、オホーツク総合振興局管内の網走保健所と紋別保健所は犬猫とも殺処分はゼロで、
シルバーウィークも連休前に期限を設定されている振興局、保健所が多い中、
保健所と振興局の職員の方が交代でお世話されていました!

こうして頑張る自治体がますます増えて、北海道全体の殺処分がゼロになりますように・・・。



posted by しっぽの会 at 14:28 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする