2015年10月07日

10月7日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の福移支所には犬8頭と成猫33頭、子猫13頭が収容されていました。

先週から、犬が3頭放棄され、今日迷子で2頭のミニチュアダックスが保護されました。



94.jpg

収容犬94、9月29日、豊平区中の島1条13丁目で保護されたトイプードルのメス。

デニム生地の首輪をつけていました。
下記の イタリアングレイハウンドとほぼ同住所で保護されています。

とても人懐こくて可愛い子です。

ずっとケージ飼いされていたのか、
センターに収容され反復運動の動き方が少し良くなってきました。

収容期限は今日迄でした。





040.jpg

収容犬95、9月29日、豊平区中の島1条12丁目で保護されたイタリアングレイハウンドのオス。
上記とほぼ同住所で保護されています。

もともと首輪等はつけていませんでした。

収容期限は今日迄でした。

今度こそ終生大切な家族になれますように・・・。





100602.jpg

収容犬100602、放棄された推定5歳のミニチュアダックスの去勢オス。

まだ若く人懐こくて甘えん坊な毛並みもきれいな子です。

もう二度と悲しい思いをしませんように・・・。






073001.jpg

収容犬073001、11歳のミックス犬のオスは咬むからと放棄されました。

先週から散歩に出してもらえるようになり、毎日楽しみにしているそうです!

その甲斐あって職員さんには唸ったり吠えもなくなりました!

食器もドアを開けて出し入れできるようになり、信頼関係が生まれてきました。

人慣れするまでは、譲渡対象外です。





100601.jpg

収容犬100601、14歳のシュナウザーのオスは下記のミックス犬と一緒に放棄されました。

飼い主の事情で高齢になって放棄され、慣れない環境にどれだけ心細いことでしょうか。





10501.jpg

収容犬10501、推定10歳のミックス犬のオスは上記のシュナウザーと一緒に放棄されました。

収容当初かなり荒れて吠えまくっていた注意犬でしたが、
怖くて怯えていただけのようでした。

今日は職員さんに外に出してもらい超ご機嫌でした。

2頭とも譲渡開始日は未定ですが、いいご縁がありますように・・・。






94-2.jpg

7月、12歳で放棄されたトイプードルを引き取りされたボランティアさんにお会いしました。

6月に8名で保護団体「わんふぁみ札幌」を立ち上げられ、
最初に保護した子は無事に譲渡されたそうですが、
2頭目に保護したセンターの子(道明寺くん)にはまだ出会いがないそうです。

出会いがないと不安になり気落ちしてしまいますが、
きっとこれからいいご縁が生まれると思いますので、どうかがんばってくださいね!

わんふぁみ札幌HP★
http://wanfami.com/
里親募集 道明寺くん
http://wanfami.com/%e9%87%8c%e8%a6%aa%e5%8b%9f%e9%9b%86/





koneko.jpg

子猫は13頭収容されていました。

ここのところ子猫の数は1数頭で推移していますが、
朝晩ぐっと寒くなってきましたので、外猫が心配です。





145.jpg

収容猫F145、10月1日、北区篠路2条2丁目で保護された黒灰のオス。

収容期限は今日迄でした。





148.jpg

収容猫F148、10月2日、西区平和2条7丁目で保護されたシャム系の去勢オス。

人懐こそうな去勢済みのオスですから、飼い猫ではないでしょうか。

収容期限は10月8日(金)です。




150.jpg

収容猫F150、10月6日、中央区南21条西16丁目で保護された灰白のメス。

可愛い猫です。同じ住所で6頭保護されています。

収容期限は10月13日(火)です。





収容猫F151、10月6日、中央区南21条西16丁目で保護されたキジトラのオス。
収容期限は10月13日(火)です。





152.jpg

収容猫F152、10月6日、中央区南21条西16丁目で保護された灰猫のメス。

収容期限は10月13日(火)です。





153-155.jpg

収容猫F153、155、10月6日、中央区南21条西16丁目で保護されたキジトラと灰トラのメス2頭。

ミャーミャーよく鳴いていました。

収容期限は10月13日(火)です。





69.jpg

収容猫F69、推定5〜8歳の白黒のオス。

かなり古株になりました。出会いがあるといいのですが・・。




81.jpg

収容猫F81、推定5〜8歳 の黒猫のオス。

人を見ると呼ぶように鳴いてかわいい子です。





90.jpg


収容猫F90、推定8〜10歳のキジトラのオス。

少し緊張も取れた様子で、優しい顔つきになってきました。

風邪も先週より良くなってきたでしょうか。




91.jpg

収容猫F91、推定8〜10歳のキジトラのメス。

呼びかけると振り向いてくれました。





119.jpg

収容猫F119、推定4〜6歳の黒茶のオス。

慣れない来たのか、少しリラックスしているようでした。





120.jpg

収容猫F120、推定1〜2歳の白黒茶のメス。

隠れていますが、きれいな若い猫です。





134.jpg

収容猫F134、推定3〜5歳の灰黒のメス。

慣れない環境に少し戸惑っていましたが、人慣れした可愛い子です。






031701.jpg

収容猫F031701、推定5歳前後の白黒茶の去勢オス。

もともとは飼い主のいない猫で、近所の方に餌をもらっていました。

少しずつ警戒心も取れてきたようです。





070601.jpg

収容猫F070601、推定3歳前後の白黒茶のメス。

この子も、もともと飼い主のいない猫で、近所の方に餌をもらっていました。

ゆっくりと時間をかけお世話してくださる飼い主さんを募集しています。





≪以下の猫たちは、警戒心が強く人慣れしていない子たちです。
殆どが、飼い主のいない猫(野良猫)と思われますが、皆、毎日を必死で生きてきました。
人と生活することで、幸せな家族になれますよう、ご協力をお願いいたします。≫


8.jpg

F8、黒猫の去勢オス





21.jpg

F21、キジトラ白の去勢オス





42.jpg

F42、灰白のオス





46.jpg

F46、サビ猫のメス





50.jpg

F50、キジトラのメス





54.jpg

F54、黒猫のメス





59.jpg

F59 オス(去勢済み)





61.jpg

F61 オス(去勢済み)





F66 メス(避妊済み)




75.jpg

F75 メス





96.jpg

F96 オス





102.jpg

F102 オス





103.jpg

F103、メス





104-1017.jpg

F104 メス(左)、F107 メス(右)




118.jpg

F118、オス





125.jpg

F125、オス





9.18abasiris.jpg

網走保健所には、犬1頭、成猫2頭、中猫1頭が収容されています。
放棄された推定12歳のミックス犬は人に慣れた愛嬌たっぷりで、散歩が大好きな利口な子です。
推定6〜7か月のサビ猫のメスは、 左目が失明していますが人を見るだけで
ゴロゴロ足ふみする大変人懐こい子です!
成猫のオスもいつも構って欲しそうに甘え、メスは後足の骨折も回復し、
日常生活に支障はありません。
青い瞳が神秘的なかわいい子です。

また紋別保健所には迷子?の親子猫2組計12頭が収容されています!
大型連休もオホーツク総合振興局さまと網走保健所さまは
交代で休日のお世話をしてくださり命が繋がりました!
どうか家族になれますよう、皆様のご協力お願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632 
網走保健所:0152-41-0701 
紋別保健所:0158-23-3108

http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsu-kainushisagashi.htm





0925soratis.jpg

空知総合振興局管内の保健所では、上記以外にも犬1頭と7頭の猫が出会いを待っています。
高齢になって放棄された16歳のミックス犬は、室内で大事に飼われていたようで、
人懐きも良く穏やかな子です。
深川保健所の猫たちも収容が長くなっていますし、
滝川保健所に収容されている猫も出会いがないままです。
岩見沢保健所には、市内の動物病院に入院中の
推定2〜3か月の骨折治療をした子猫のオスがいます。
皆、家族になれる日を待っています。
お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

空知総合振興局:0126-20-0045 
岩見沢保健所:0126-20-0125
深川保健所:0164-22-1421 
滝川保健所:0125-24-6201

http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm





10.5esasi.jpg

江差保健所には、推定2か月の子猫が収容されています。
交通事故に遭ったのか下顎がずれていましたが、 徐々に回復して目立たなくなりました!
とても人懐こくトイレのしつけも出来ています。
下顎が負傷していても食餌も上手に出来ますし、
元気いっぱい、喉をゴロゴロとならして甘えてきます。
今月1日から9日に期限が延長されましたが、残念ながら問い合わせがありません!
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・ どうか生きるチャンスを与えてください!
お迎え入れや情報の拡散をお願いいたします!

桧山振興局:0139-52-6494 
江差保健所:0139-52-1053

http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/…/dog/mayoiinuneko.htm





10.06nayoro.jpg

名寄保健所に収容されている茶トラの母猫と推定2か月の白の子猫2頭は、譲渡されました!!

推定2か月の黒の子猫は橋の下に遺棄されていました!
【動物の遺棄は犯罪です!】
人に良く馴れた子で飼い猫だったのでしょう。
また、推定1か月半の子猫も小さな身体で頑張っています!
食欲もあって元気いっぱいです!
家族になれますよう、お迎えや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

名寄保健所:01654-3-3121 

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/…/kakupa…/catdog.htm





10.7kamikawa.jpg

上川保健所には猫3頭が収容されています。
推定3〜4か月の子猫は物置で保護されたそうですから、野良の子猫だったのでしょう。
まだ人が怖くて社会勉強中ですが触ることもできます。
子猫ですので早く慣れてくれそうです。
また推定4か月のキジトラ白のメス猫と推定5歳の白黒のオスは迷子でしたが、
迎えはなく出会いもありません。
2頭とも人に慣れた性格のいい子です。
黒白猫は背中の怪我も良くなって、カラーも外せるくらいになったそうです。
2頭の収容期限は9日(金)となっています!
幸せになりたいのはどの子も同じはず。
家族に迎えられますよう皆様のご協力をお願いいたします!!
お迎えのご検討や情報拡散、シェアしていただけたら幸いです。

上川保健所:0166-46-5994 

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 

しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。

http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html




posted by しっぽの会 at 21:25 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする