2015年09月23日

今までありがとう!チョロマツが虹の橋へ旅立ちました・・・


choromatsu.jpg

9月20日、チョロマツが虹の橋へ旅立ちました・・。

野良猫だったチョロマツは、2010年、事情があって当会にやって来ましたが、
当初はまったく人に慣れておらず、人が来ると隅に固まり、
緊張して過ごしていた日々が数年続きました。

チョロマツは残念ながら猫エイズ・猫白血病ともに陽性で
同じ感染症ニャンコたちと一緒に隔離部屋で暮らしていました。

人慣れもしていなく、その上 感染症キャリアだったためか
出会いもいまま5年が経ちましたが、会で生活しているうちに
他のニャンコに心を開き始め、人にもとても懐こくなりました。





choro2.jpg

ここ数年はとっても甘えん坊で、たくさん可愛らしい姿も見せてくれました。





chorochiro.jpg

昨年12月に当会に来たソックリなチロ(写真左)とも大の仲良しになり
環境が変わり不安でいっぱいだったチロを
優しく見守るようにいつも寄り添てくれていました。

チロもチョロマツには心を開き、信頼し合える仲になったばかりでした。

チョロマツは数ヵ月前から体調を崩すようになり
食欲にも波がでて入院をして治療もしていました。

退院してからは食欲もそこそこあり、
元気な時に比べると静かに過ごすようになってしまっていましたが
亡くなる前日も、普段通りご飯も食べのんびりと過ごしていました。

9月20日、スタッフが動かなくなっているチョロマツに気付きましたが
もうその時には瞳孔も開き、眠っているかのように亡くなっていました。

身体はまだ温かでした・・・

同室のチロは亡くなったチョロマツの傍に寄り添い
ずっと身体を舐めてあげていました。

チョロマツが亡くなり寂しいのは私たちだけでなく
独りぼっちになってしまったチロもきっと同じなのだと思います。

体調を崩し本調子ではなかった時は辛かったと思いますが、
ハンデを持ちながら5年もの間、他のニャンコや人に優しくしてくれたチョロマツ・・・
とても可愛らしい子でした。

もう甘えん坊なチョロマツの姿を見ることは出来ませんが
天国でゆっくり休んでほしいです。

今までチョロマツを応援してくださった皆さま、ありがとうございましたm(__)m

皆さまとご一緒にチョロマツの冥福をお祈りしたいと思います。



タグ: 虹の橋
posted by しっぽの会 at 15:39 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする