2015年08月03日

札幌市動物愛護センター建設までの流れと署名継続のお願い☆


syomei1.jpg

7月30日(金)、当会が陳情しました「札幌市動物愛護センター建設に関する陳情」は、
担当委員会である市議会厚生委員会で審議され、議案は継続審査となりました。

7/31しっぽレポート
札幌市動物愛護センター建設陳情は継続審議に!!
http://shippo-days.seesaa.net/article/423319805.html

2月1日の署名運動の開始からいただいたご署名は52,537名にも及び、
僅か半年の間でこれだけ多くの方にご賛同をいただきました!
それだけ強い関心を持ってご支援くださったものと、心より感謝申し上げます。

当会が知り得る限りの情報で、今後の流れをお知らせさせていただきます。
市議会は年に4回、3か月ごとに定例会が開催されますが、
年度内の開催は、10月2日、12月中旬、3月上旬に厚生常任委員会の定例会が開催される予定です。

https://www.city.sapporo.jp/gikai/html/kaiginittei-kako.html

これからの愛護センター新設に関わる議案は、3か月毎の定例の委員会にて議論がされ、
定例会毎に採択するかどうかの採決が行われます。

現状の状況なのですが、各会派の皆さまの動向は、前向きであることは間違いありませんが、
どこに建設するか、建設の予算は等、即座に可決とはいかない状況のようです。

また、議員の方々は、施行が予定されている札幌市の動物愛護条例が、
適切に運用できるかどうか札幌市動物管理センターを実際に視察することや、
他の動物愛護センターの施設の状況も調べ判断されたいとの思いもありました。

せっかく署名くださった方にとっては、もどかしく思われると思いますが、
議員の皆さまも懸命に努力してくださっていますので、
どうか引き続き応援をお願いいたします!!

そこで、一旦、終了しました署名活動ですが、建設の可決がされるまで、
署名運動は継続させていただきたいと思います!


炭酸ガス殺処分機のない、動物の愛護と福祉に配慮した施設を求めていきます!

大規模災害時、市民とペットの同行避難場所となる施設を求めていきます!

飼い主のいない猫対策に対応できる施設を求めていきます!

子どもたちに『命の教育』ができる施設を求めていきます!

ペットを通じて市民が交流できる施設を求めていきます!

ボランティアの人材育成や獣医師等との連携・協働する施設を求めていきます!


ネット署名はコチラ
http://goo.gl/lr0y1U

専用の署名用紙をダウンロード出来ます。
http://shippo.or.jp/images/syomei/2015syomei1.pdf

学校や職場、サークル等集めていただけませんか?!

また、お手持ちに署名用紙をお持ちの方は、1名でも2名でも結構ですので、
当会までご持参くださるか以下までご郵送ください<(__)>

郵送先
〒068-1318
長沼町西1北15 しっぽの会

経過は都度ご報告させていただきます。

札幌市に動物愛護センター建設の実現の目途がたつまで、
引き続き皆さまのご賛同をお願いいたします!

ネット署名は1分で終了します。
(赤い賛同!をクリックすると記名できるページが開きます)

ネット署名はコチラ
http://goo.gl/lr0y1U

ネット署名方法記事
http://shippo-days.seesaa.net/article/422826634.html

引き続き、皆さまのご賛同をお願いいたします!


posted by しっぽの会 at 15:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする