2015年05月02日

石狩振興局から猫を引き取りした負傷猫


hiros.jpg

昨日、石狩振興局からの負傷猫を引き取りました。

この子は4月28日、恵庭で交通事故に遭い北広島市内の動物病院に収容されていました。

大型連休で、保健所も動物病院も休日に入るため、当会に引き取りの依頼が入りましたが、
連絡をいただかなければ、また、お断りすればこの子は生きることは出来ませんでした。

入院先の動物病院に引き取りに伺い、当会のかかりつけの病院に転院しました。





hiro2s.jpg

名前はヒロと名付けました。

推定6〜7歳の未去勢オスで、右大腿骨が完全に骨折、骨盤も骨折していました。

どうやら右後肢に車?が当ったようで、
右後肢は血液が通らないためこのままでは壊死してしまい、断肢することになりそうです・・・

腹部全体を打撲しており筋肉が腫れ、体全体にむくみがあり、
脱水が酷いため手術もできないため入院して治療することになりました。

レントゲンでは腎臓の形はきれいに写っていましたが、
今日、血液検査の結果が出て、腎不全になっていることも分かり、
脱水症状が治まらないのは、事故で腎臓の周りの血管がダメージを受けたためでした。

体温が昨日よりも低下していて命が危ない状況です。

せっかく繋がったヒロの命・・・明日もこの先も生きられますように!!



posted by しっぽの会 at 17:41 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする