2015年03月28日

石狩保健所から嶺泊の子犬5匹を引き取りました


038.jpg

3月27日、石狩保健所から野良の子犬5匹(オス3・メス2)を引き取りました。

子犬たちは嶺泊の養豚場の周辺の草わらで保護されましたが、
近くで野良のお母さん犬がその様子を気にしながら見ていたそうです。

嶺泊では多頭飼育の現場周辺に7〜8匹の野良犬?がいるとのこと・・・
そのうちの3匹が先日捕獲された、弥生、エール、ママちゃんですが、
残り4〜5匹のうちの1匹が今回の子犬の母犬のようです。






043.jpg

5匹のうち一番大きい茶白のオスはミルクの飲みも良く、
吸い付いた指にぶら下がれるほどの生命力に溢れています。

産まれて数日のようですが、身体もきれいで母犬がしっかりお世話していたのだと思います。

発見が遅れていれば、母犬が守りきれなかった子は、
カラスや他の犬たちに攻撃され死んでしまったことでしょう・・・

いつまでも続く終わりのない嶺泊犬問題・・・

どうかこの子たちが健やかに成長し、家族の一員として幸せに暮らせますように・・・



タグ:石狩保健所
posted by しっぽの会 at 22:07 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする