2014年11月26日

犬殺処分ゼロ 全国をリード

001s.jpg
<画面クリックで大きくなります>

11月25日付北海道新聞夕刊に、旭川動物愛護センター「あにまある」の記事が掲載されました。

「あにまある」は2012年に旭川の中心部に移転してから2年が経ちましたが、
見学者は年に4,000人、移転オープン以来、犬の殺処分数ゼロを更新しています。

一方、猫の殺処分は移転後256匹。
猫を自由に外に出す飼い主さんも多く、猫は繁殖力も高いので次々と子猫が産まれ、
飼いきれずに放棄する飼い主も後を断ちません。


「あにまある」は旭川市の中心部にありますが、
札幌市動物管理センターも本所と支所の2所体制を1ヵ所に集約、
交通アクセスの便利な場所への移転の構想がありますので、
行政のモデルケースになりますね!!

また、「あにまある」では地域猫のTNRにも尽力されています。

TNRとは
trap 捕獲器で猫を捕まえて、neuter 避妊・去勢手術を施し、
Return(Release)元いた居住場所に戻すことを言います。

一代限りの生を全うし、その地域から飼い主のいない、行き場のない猫を減少させる解決方法です。

詳しくは、8/9付「飼い主のいない猫活動レポート」をご覧ください★

旭川市動物管理センターあにまあるのTNR活動
http://shippo-nora.seesaa.net/article/403426460.html


当会代表の稲垣のコメントも掲載されています★

ぜひご一読ください。



posted by しっぽの会 at 19:42 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする