2014年11月16日

なくそう!犬猫の殺処分

doshins.jpg
<11月15日道新小学生新聞 / 画面クリックで大きくなります>

約21万匹。
これは飼い主が分からなかったり、飼い主に捨てられたりして、
全国の保健所や動物愛護センターなどで2012年に引き取られた犬猫の数です。

このうち約16万匹は殺処分されました。

北海道では9,238匹が引き取られ、4,329匹(犬715匹、猫3,614匹)が殺されました。

---------------------------------------------------------------

当会にもご寄付くださった滝川クリステルさまが立ち上げた動物保護団体、
一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」
http://www.christelfoundation.org/

東京オリンピックが開催される2020年までに
全国で行政殺処分される犬猫をゼロにする目標を掲げていらっしゃいます。

そのためには保健所や動物愛護センターに収容される犬猫の数を減らす対策が必要です。

身元が判別できるマイクロチップは、
迷子時や震災などいつ起こるか分からない災害に備え装着しておくと安心です。

放棄される犬を減らすには、様々な問題がありますが、
終生飼養することに他ありません。

終生飼養するためには、
飼い主さんの意識の向上とペット産業や社会のシステムが変わることが必要だと思います。

社会を変えるには教育が大事な柱になります。

道新小学生新聞さまのように小さなお子さんにも分かりやすい記事は、
情緒や感性豊かな時期に社会を学ぶきっかけになりますね。

人が動物を愛する心は基本、人が人を愛する心と同じです。
日本が真の動物愛護の国になって欲しいですね。



posted by しっぽの会 at 15:15 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする