2014年11月06日

11月6日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日の札幌市動物管理センターには、
成犬8匹、成猫20匹、子猫20匹が収容されていました。

今週は高齢の柴犬と6匹の猫が一家で放棄されるなど、
飼い主の高齢や病気、入院などの理由で行き場を失う犬猫が多くいました。

そういった場合、動物も高齢のことが多く複雑な心境です・・・。

動物を飼ったなら、命を全うする最期まで面倒を看ることは
当然のことだと思うのですが、現実となると・・・

今日放棄された柴犬もオムツをした寝たきりの老犬でした。

が、数時間後に犬の面会をされた方と運命のように出会い、
介護生活を承知の上でご理解ある方に貰われて行ったそうです!

また、飼い主募集の小型犬たちには次々と出会いがあった一方で、
高齢の大型犬たちが出会いを待っています。


≪迷子犬≫
046.jpg

収容犬136、11月4日、南区北ノ沢1842で保護された薄茶のオスのミックス犬。

黒い首輪にはチェーンが付いていましたが、千切って放浪したのでしょうか。

身体は泥のような汚れが付着していましたが、
ここ数日の雪がチラついた大荒れの悪天候の中で必死にがんばっていたのでしょう。

収容期限は11月13日(木)です。





108.jpg

収容犬137、11月4日 、清田区北野7条2丁目で保護されたテリア風の白のミックス犬のメス。

デニム地の首輪を着けていました。
どうか飼い主さんのお迎えがありますように・・・

収容期限は11月13日(木)です。





≪飼い主募集犬≫
030.jpg

収容犬91、推定8歳の北海道犬のオス。

警戒心が強く慣れない人にはすぐに心を許しません。

しかし慣れた職員さんには全く別な表情を見せています。

信頼関係が出来たら、とことんついて来るタイプです。

どうかご理解ある飼い主さんとの出会いがありますように。





064.jpg

収容犬090301、ラブラドール7匹で放棄された12歳のラブラドールのメス。

収容から1ヵ月が過ぎ食欲はあるそうですが痩せて来ました。

暖かな家で温かな家族に迎え入れられたらと思います。





040.jpg

収容犬100701、14歳で放棄された去勢済みのオス。

大人しく温和な花マルのいい子です。

高齢ですがお散歩も大好きですし、
残された時間をのんびり過ごせる出会いがありますように・・・。





054.jpg

収容犬124、推定10歳の北海道犬のオス。

右目は見えていないようですが、オヤツの袋の音には敏感に反応していました。

首元を触られるのを嫌います。

咬み癖がありますが、物を取りたいとき、人を引き留めたいときに咬んでしまうようです。

配慮して生活する必要がありますが、基本的におとなしい子です。

理解ある飼い主さんを待っています。





065.jpg

収容犬133、推定1歳のボーダーコリーだと思われますが、白黒のオスです。

まだ若いので落着きはありませんが、人が大好きで元気いっぱいです。

ボーダーコリーは神経が細いところがありますので、
褒めて伸ばして運動を十分に出来る方が飼い主さんに向いています。




032.jpg

今日迷子で収容された柴犬のオス。

とても不安そうな目をしていました・・・飼い主さん早く迎えに行ってあげてください!





082.jpg

収容猫F103001、放棄された13歳のチンチラの去勢オス。

大きな身体でゆったりした猫で、人に慣れていておとなしい子です。

糖尿病を患っているとのこと・・・長期的な治療が必要になりそうです。




086.jpg

収容猫F126、 推定8歳の白黒灰のオス。

人に馴れた元気なかわいい子です。

幸せな出会いがりますように・・・。






103.jpg

収容猫F110401、8歳で放棄された白黒の去勢オス。

人恋しそうに良く鳴いていました。

人に良く馴れたかわいい子です。

一日も早く出会いがありますように・・・





101.jpg

収容猫K093001-02、推定4ヵ月のオス、メスの兄妹。

人に慣れた子たちです。





091.jpg

収容猫K103、推定3ヵ月の3匹のメスの子猫は母猫と一緒に放棄されました。

当初は5匹いましたが、2匹は先に貰われました。

子猫なので体調管理には注意が必要です。





094.jpg

収容猫K27201-02、推定3ヵ月の白黒、黒茶の兄弟。

子猫なので体調管理には注意が必要です。

温かな出会いを待っています。





076.jpg

キジトラ白のオス。





080.jpg

長毛の子猫。





093.jpg

F109、黒白猫のオス。






≪経過を観察しながら譲渡対象になるのを待つ猫たち≫
111.jpg

F117、白黒猫





110.jpg

F119、黒猫のメス





112.jpg

F89、黒猫





113.jpg

F112、灰黒猫のオス





114.jpg

F105、白猫のメス





118.jpg

F111、白猫のオス





120.jpg

放棄された白黒猫





123.jpg

10月28日、琴似駅前交番で保護された白灰猫





124.jpg

10月31日保護されたキジトラ猫


経過を観察している猫たちは、
緊張やもともと慣れていないのか触れない子がほとんどなので、
センターHPでも譲渡対象でアップされていません。


11月8日は第2土曜日、土曜開庁譲渡会です。

休日の犬猫飼い主さがし事業では、
動物管理センターに収容されている犬猫を譲り受けることが可能です。

日時
平成26年11月8日(土) 10時00分〜12時00分

場所
動物管理センター福移支所(札幌市北区篠路町福移156番地)

≪犬猫を譲り受ける際に必要なもの≫

・住所、氏名が確認できる身分証明書
・犬猫を連れて帰るためのケージ等
・札幌市内にお住まいの方が、犬を譲り受ける場合は、登録手数料3,200円

犬猫をお迎え入れる予定のある方、保護してくださる方は、
札幌市動物管理センターや保健所などの自治体や保護宅やシェルターで
新たな出会いを待っている「命の崖ぶちにいる子たち」に
救いの手を差し伸べていただけたらこんなに嬉しいことはありません。





1029titose.jpg

千歳保健所には現在放棄された黒ラブと4匹の成猫が新たな出会いを待っています。

黒ラブは家庭の事情で放棄されました・・・
性格はたいへん人懐こく躾もされたとてもいい子です。

多頭放棄された成猫は1匹貰われ、残り4匹。
順次総数20〜30匹放棄される予定だそうです・・・

人間に翻弄される小さな命たち・・
幸せになりたいのはどの子も同じです。
一匹でも家族になれるよう皆様のご協力をお願いします。
どうか生きるチャンスを与えてください!

千歳保健所:0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm





1030monnbetu.jpg

10月21日、紋別保健所遠軽支所に飼い主の事情で12匹の猫が
多頭飼育放棄されました。
一時は処分も視野にあったそうですが、
紋別保健所と分散して収容し飼い主を募集することになりました!
外見上、健康で、環境が一変してナーバスになっているため、
食欲や元気はその子によって違います。
最近飼い主のより違いますが、人間に翻弄される無抵抗な小さな命・・・
幸せに老健施設への入居や病気などの理由で放棄される犬猫が多くなっています。
小さな命は人間に翻弄されています。
一匹でも家族に迎えられますよう皆様のご協力をお願いします。

紋別保健所:0158-23-3108  遠軽支所: 0158-42-3108
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm





1105nakasibetu.jpg

中標津保健所に収容されている推定2ヵ月の姉妹犬は、
10月31日、中標津当幌の会館で保護されました。
7匹兄妹でしたが、保護主さんに2匹貰われ、
4匹に出会いがあり、今日現在、白黒の子犬1匹となりました。

推定1歳位のミックス犬のメスは迷子ですが、
迷子収容が明日までとなりました。
人に良く馴れた子で、飼い主のお迎えを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
家族に迎えられますよう皆様のご協力をお願いします。

中標津保健所:0153-72-2168
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/dogcat/information.htm





1106YAKUMOimakane.jpg

八雲保健所に放棄されたメス猫2匹は、
慣れない場所で緊張に身を硬くしていますが、
名前を呼ぶと まばたき で返してくれるそうです。
慣れるまで時間がかかると思いますが、
気長に付き合ってくれる飼い主さんを待っています。

今金支所にはシェルティ系のオス犬が放棄されました。
連れて来られたばかりで周囲を警戒している様子ですが、
時間をかけければ優しく忠実なパートナーになってくれると思います。
寒さも厳しくなってきました。
幸せになりたいのはどの子も同じです。
温かい方との出会いを待っています!

渡島総合振興局:0138-47-9439  今金支所:0137-82-0251

http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ykh/contents/eisei/kankyo/inunekojouhou.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html



posted by しっぽの会 at 20:51 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする