2014年06月30日

足長通信第62号を発送いたしました☆

asinaga.jpg
<足長通信第62号>

足長会員の皆様に足長通信第62号を発送いたしました。
足長基金はご支援の輪が広がって多くの方にご賛同いただいています。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

足長支援制度
http://shippo.or.jp/01/asinaga.html

足長基金対象犬猫
http://shippo.or.jp/01/sien01.html

今月の足長組新顔さんは猫のピーチとマンゴー。
旭川市動物愛護センター『あにまある』から保護した13匹のうちの猫です。

ピーチは高齢のうえ、
猫エイズ感染症のキャリアで収容中も体調を崩していたようです。

マンゴーも高齢で、引き取り後の診察では極度の貧血と
レントゲン撮影で胸に影が確認され、治療方針を検討中です。

2匹が健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。

残念ながら、今月、家族になりしっぽを卒業した足長組の子はいませんでした。

足長組の近況報告は、病気と闘っている和犬ミックス犬の紋音とテリア系ミックス犬のコロ。
骨折手術後、リハビリを頑張っているミックス犬のキャンディです。

足長基金対象犬猫は6月30日現在で、犬30匹、猫13匹の43匹となりました。

高齢やハンデがあるために、なかなか出会いがない犬猫たちを救えるのも、
足長基金に賛同してくださっている皆さまのお陰です。
本当にありがとうございます。

これからも足長組をよろしくお願いいたします。


タグ:足長通信
posted by しっぽの会 at 11:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする