2014年05月12日

迷える犬猫 譲渡増加 空知管内3保健所

001.jpg
<画面クリックで大きくなります>

2014年5月9日付、北海道新聞朝刊空知版に空知管内の保健所の記事が掲載されました。

空知管内の保健所は岩見沢保健所(由仁支所)、滝川保健所、深川保健所の
3保健所と1支所ですが、
3保健所を合わせた2013年の犬猫の譲渡率は72%と過去最高となりました。

殺処分は初めて100匹を切りましたが、
残念ながらまだまだ多くの犬猫が殺処分されている現状です。

こうした現状を改善していくには、
第一に保健所に収容される犬猫を減らすことだと思います。

取材時、当会代表稲垣が、
「安易に飼って捨てるという状況をなくしたい」とお話しさせていただきましたが、
水道の蛇口と同じで、閉めなければいつまでも行き場のない命で溢れてしまいます。


2013年度、網走保健所では猫の殺処分数がゼロに、
神奈川県内4ヵ所のセンターのうち、
神奈川県動物保護センターと川崎市動物愛護センターでは、
2013年度の犬の殺処分がゼロになりました。


4月19日付しっぽニュース
網走保健所、猫の殺処分ゼロ 昨年度、犬に続き 情報発信で新しい飼い主
http://shippo-news.seesaa.net/article/395008969.html

4月20日付しっぽニュース
犬の殺処分、ゼロを達成 神奈川の保護センター
http://shippo-news.seesaa.net/article/395024145.html

5月7日付しっぽニュース
捨て犬:殺処分ゼロ 神奈川県と川崎市のセンター
http://shippo-news.seesaa.net/article/396413441.html

5月9日付しっぽニュース
神奈川県内の2つの動物愛護センターが殺処分0を達成!
http://shippo-news.seesaa.net/article/396577184.html


行政にできること、ペットショップにできること、飼い主にできること、
動物病院やドッグトレーナーにできること、教育現場でできること、
報道関係にできること、ボランティア愛護団体にできること。。。。
それぞれに必ずできることがあります。

できることを積み重ねていけば、殺処分ゼロは夢ではありません。

北海道新聞岩見沢総局さま、
こうした現状を報道くださり本当にありがとうございました。



posted by しっぽの会 at 14:23 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする