2014年04月12日

4月10日、室蘭保健所から初の引取り

005.jpg

4月10日、室蘭保健所から2匹の犬を引き取りました。

総合庁舎の建物の裏手に犬の抑留所がありました。

収容スペースはかなり狭いのですが、
隣は庁舎職員の休憩所(喫煙所)になっているので、
時折犬好きな職員の方が遊んでくれたりもする環境でした。

2匹は新たな出会いがなく処分が決まっていた子でした。

迷子期限が切れた犬や飼い主に放棄された犬の
新たな飼い主さん探しは各振興局に移行しますが、
収容されている室蘭保健所や胆振総合振興局の職員さんも
なんとか命を繋げたいと収容期限を延長してくださいました。



002.jpg

ダックス×ビーグルのミックスで名前はバーボンと名付けました。

バーボンは推定6歳の去勢オスです。

飼い主の都合で2匹一緒に放棄されました。

1匹は先に貰われて行きましたが、
バーボンは最初の譲渡先で先住犬にマウンティングを繰り返したため、
先住犬がストレスで体調を崩したと、また保健所に戻ってきました。

その後、期限を4月1日迄延長し2度目の出会いがありましたが、
譲渡先では先住犬がいたので、
日中はサークルに入れようとした際に激しく抵抗したとのことで、
またまた放棄となってしまいました。


バーボンは、初対面の人には吠えますが、
その後は何事もなかったかのように甘え人は大好きなようです。

職員さんのお話によると、
散歩中にほかの犬がいると吠えるようで、
遠くの人にも吠えるそうですが、
近づくと大人しくなりフレンドリーになるようです☆

帰りは病院に直行し健康診断しましたが、
体重はなんと16キロもあり、目標体重は12キロとなりました!

バーボン、健康のためにダイエットがんばろうね!





003.jpg

迷子期限が切れた推定12歳のミックス犬のメスはラムと名付けました。

首輪に鎖をつけた状態で、街中で警察に保護されましたが、
飼い主からの問い合わせはなく保健所に渡されました。

とにかく太っていて、体重は29.2キロもありました!

避妊手術されていなかったため乳腺腫瘍がたくさんあり、
お腹も膨らんで分厚い脂肪に覆われています。

右目は何らかの原因で眼球が小さくなったらしく、
視力はありませんでした。

また、両前肢の関節や靭帯も体重のせいで弱くなっています。

ラムの目標体重は20キロだそうです。

健康になるため、ラムもダイエットがんばります☆

性格は温厚で人にも他の犬にもフレンドリー、
病院でもどこを触られてもいい子にしていました☆





007.jpg

室蘭といえば有名なのが白鳥大橋です☆

ちょうど雨があがったので写真に撮ってみました。

白鳥大橋は、室蘭港を渡る国道37号白鳥新道1期区間の橋ですが、
13年間の工事を経て1998年に完成し、室蘭市のシンボルになっています。


この度、室蘭保健所からの引取りは初めてでしたが、
処分が決まっていた子たちを救うことができ安堵しています。

しかし、本当の安堵はこの子たちが家族に迎えていただけることですね。


皆さま、バーボンとラムに会いにいらしてください☆



タグ:里親
posted by しっぽの会 at 08:33 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする