2013年09月02日

「不幸な子猫を増やさない」犬猫みなしご救援隊

minasigo1.jpg
<画面クリックで大きくなります>

8月20日、広島市のNPO法人「犬猫みなしご救援隊」(中谷百里代表)が、
芦別市の民家の猫約50匹に去勢・避妊手術を行った記事が、
先週、北海道新聞中北空知版に掲載されました。

同法人は、手術台付の専用バスで獣医師が野良猫の不妊・去勢手術を行っていますが、
野良猫を殺処分しないためには不妊・去勢手術が有効と日本各地で活動をされています。

北海道内での活動は初めてとのこと・・・北海道の野良猫にも目を向けてくださり、
本当にありがとうございました。


野良猫の殺処分を減らし、地域で一代限りの生を全うするために
有効なのがTNRです。

TNRとは、世界共通の野良猫問題で推奨される解決方法です。

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/9073/tnr.html

以下、野良猫との共生に大変参考になるサイトです。

ぜひご覧になってみてください。

のらねこ入門学


当会の「飼い主のいない猫基金」では、
地域で野良猫問題に取り組んでいらっしゃるグループの方に、
不妊・去勢手術の一部を助成させていただいています。

1匹でも殺処分される猫や行き場のない不幸な猫を生み出さないために、
ぜひご活用ください☆

詳しくは飼い主のいない猫をご覧ください。


しっぽニュース



posted by しっぽの会 at 20:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする