2012年12月27日

12月27日のセンターは

今日の札幌市動物管理センターには、犬17匹、成猫10匹、
子猫3匹が収容されていました。

センターや保健所は明日から、1月3日まで年末年始のお休みとなります。

今年最後の開庁日となる明日・・・一匹でも多くの子に家族が出来ますように。

現在病気のケア中の犬や咬み癖があると放棄された犬は経過観察中です。

事情があってセンターのHPに掲載されていない犬猫もいますので、
当会でも記事の掲載は控えさせていただきます。





050.jpg

収容犬227、ポメラニアン系のメスは北区新琴似1条13丁目で保護されました。

毛布の上でじっとしていましたが、人の姿を見ると前に来て挨拶する可愛い子でした。

氷点下の寒さの中、小さな身体で彷徨い歩き、無事で本当に良かったです!

収容期限日は1月8日(火)です。





042.jpg

収容犬228、テリア系のメスは南区中ノ沢1763番地で保護されました。

痩せて毛もところどころ薄くなっていました。

鼻で甘えた声を出す人懐こい子でした。

収容期限日は1月9日(水)です。





019.jpg

収容犬142、ワサ夫似の推定6〜7歳のミックス犬のオス。

落ち着いたマイペースな子です。

愛想がいいほうではなく、アピールすることが少ないこともあって、
なかなか出会いがありません。

これ以上、迷子や放棄の犬が増えると収容限界を迎えます。

犬を飼っている方は、絶対に迷子にさせないでください。





026.jpg

収容犬112201、再放棄された推定10〜歳のビーグルのオス。

食欲はありまだまだ元気です。

いつも寂しそうな表情をしています。

この子に今度こそ本物の家族が出来ますように・・・。





070.jpg

収容犬113001、放棄された推定9歳のアメリカンコッカースパニエルのメス。

人も大好きなフレンドリーな性格です。





031.jpg

収容犬211(右)、推定6〜9歳のプードル系のオスはトリミングしてもらい
可愛くなりました。

血尿も見られなくなったとのことです。

大人しい穏やかな子です。


収容犬102301(左)、推定10歳のミニチュアダックスのオス。

収容時は体調が優れませんでしたが、すっかり元気になりました。

小さめの可愛らしい子です。


収容犬122102(中)、放棄された推定12歳のミニチュアダックスのオス。

左後肢が悪いようです。

落ち着いていて人にも犬にもフレンドリーで、同室の犬同士仲良くしていました。





025.jpg

収容犬222、推定4〜6歳のコーギーのオス。

頻尿だそうですが、病院で検査してケアが必要です。

前に来て挨拶する人懐こい子です。





045.jpg

収容犬122101、放棄された推定12歳のコーギーのメス。

高齢ですが、見た感じでは健康そうです。

犬生の終盤になって放棄されましたが、余生をともに暮らせる家族が出来ますように。





036.jpg

収容犬122103、放棄された推定5歳のシェルティのオス。

大きめのシェルティで、性格も人懐こい子です。





067.jpg

収容犬225、推定2〜4歳の柴犬のオスは、昨日で迷子期限が切れました。

和犬の臆病なところがありますが、いったん心を許すと一途なタイプです。

柴犬の特徴を理解してくれる飼い主さんとの出会いを待っています。





024.jpg

今日収容された高齢のビーグルのオス。

激しく衰弱し、足もともふらつき立っているのがやっとの状態でした。

放浪して衰弱したのか、高齢で弱って捨てられたのか・・・。

高齢で体力のない子や病気・怪我などのハンデがある子は命取りになります。

飼い主のお迎えはあるのでしょうか・・・。






084.jpg

収容ねこF183、中央区南9条西8丁目で保護されたアメリカンショートヘアのメス。

スリスリと身体を寄せて甘えたくて仕方ない様子でした。

収容期限日は28日(金)明日までです。





087.jpg

収容ねこF186、黒白のメスは東区北47条東10丁目で保護されました。

収容間もないため、緊張して固い表情でした。

収容期限日は1月4日(金)です。





091.jpg

収容ねこF187、黒猫のオスは厚別区もみじ台西2丁目で保護されました。

この子も収容間もなく固く厳しい表情をしていました。

収容期限日は1月4日(金)です。





072.jpg

収容ねこF178、推定4〜7歳の黒猫長毛のオス。

収容時のすさんだ表情はなくなり柔和になって来ました。

しかし、センターや保健所は終生飼養の施設ではありません。

新たな飼い主が見つからなければ、処分が待っています。





095.jpg

収容ねこF177、推定4〜7歳の黒猫長毛のオスは上記の178と一緒に保護されています。

2匹とも収容直後は、ボロボロの状態で大変弱っていました。





079.jpg

収容ねこF121401、放棄された推定7〜9歳の白灰のオス。

目を据えじっとしたまま動きませんでした。


飼い主の都合で放棄された犬猫が多くなっています。

また、迷子のまま迎えに来ない飼い主も多くいます。

センターや保健所は無責任な飼い主の受け皿になっていますが、
最期まで飼養される場所ではありません。

冬道、道路状況も悪いですが、犬猫を迎え入れる予定のある方は、
お問い合わせ、ぜひ面会に行かれてみてください。

一匹でも多くの子が幸せになりますように・・・。



posted by しっぽの会 at 22:13 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする