2012年06月26日

アサヒと風太

062.jpg

アサヒ(右)は1年前石狩保健所から引き取りした柴系のオス。

推定年齢は軽く10歳は超えています。

体調が優れず食欲不振や下痢が続いています。


風太(左)は半年前の昨年12月、
札幌市動物管理センターから引き取りした柴犬のオス。

センター収容中から円周運動をしていましたが、
最近は足もともふらつき始めた 10歳は超えた老犬です。

ミニ運動場に出てグルグル周りをしていた2匹は、
時々ぶつかったり 踏みあうこともありますが、
お互い怒ることも気にすることもありません。

年老いた2匹は何か主張するわけではなく、
自然と一体になったかのように生きています。

欲のない老犬の姿から 学ぶことが多いですね。



posted by しっぽの会 at 19:25 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする