2012年06月21日

6月21日のセンターは

今日の札幌市動物管理センターには犬9匹、成猫11匹、子猫4匹が収容されていました。

新たな出会いがある一方で放棄される犬猫も多く、
人間に翻弄される犬猫たちは後を絶ちません。



013.jpg
収容犬58、パピヨンのオスは豊平区西岡公園で保護されました。

来たばかりで緊張気味です。

下記のペキニーズと一緒に保護されました。

収容期限は28日(木)です。





080.jpg
収容犬59、ペキニーズのオスも上記のパピヨンと同じ豊平区西岡公園で保護されました。

2匹一緒に捨てられたのでしょうか・・・。

収容期限は28日(木)です。





009.jpg
放棄犬042702、13歳で放棄されたラブラドールレトリバーの避妊メス。

今日も元気よく吠えていました。

嬉しそうにボールを咥えていましたが、お散歩も元気にしているそうです。

高齢ですが理解ある方と出会いがありますように。





017.jpg
放棄犬061801、9歳のコーギーとスピッツのミックス犬のオスは
引越しを理由に放棄されました。

オスワリもマテも出来るお利口さんです。

残された犬生、今度こそ大切にしてくださる飼い主さんと出会えますように。





025.jpg
放棄犬061802、11歳のミニチュアピンシャーの去勢オス。

咬み癖があると放棄されたそうですが、全くそんな様子はありません。

目は見えていませんが、声がするとおっかなびっくりですが歩み寄ってきます。

きっと寂しいのでしょう・・・。

そっと寄り添うようなとてもいい子です。

どうぞ会いに行ってあげてください。





070.jpg
収容犬30、推定2〜3歳のチワワミックスのオス。

トラウマがあるのか懐きはまだまだのようです。

心を開いてくれるようになるといいのですが。



003.jpg
収容犬45、メスの黒パグは未だ飼い主のお迎えがありません。






005.jpg
2歳のミニチュアダックスは動物アレルギーを理由に今日放棄されました。

何とか一緒に暮らすことは本当に出来なかったのか・・・
理由を考えるといつもそう思います。





037.jpg
放棄犬060501、8歳のサビ色のミックス犬のオス。

センターの職員さんにケアしていただき、皮膚の状態も改善されてきました。

鼻を突くような異臭もほとんど感じなくなりました。

まだ人を信じている優しい目をしています。

元気になって幸せな出会いをして欲しいです。





057.jpg
収容ねこF57、白薄茶のオス猫は中央区南4条西10丁目で保護されました。

目に怪我を負っているようです。

収容期限は22日(金)です。




061.jpg
収容こねこK108、白灰のメスの子猫は西区24軒4条6丁目で保護されました。

緊張気味でしたが、柔らかな綺麗な声で鳴いていました。

収容期限は22日(金)です。




044.jpg
収容ねこF052202、9歳で放棄されたキジトラのメス。

若々しく穏やかで甘えん坊の可愛い子です。

猫を迎え入れる予定のある方は是非会いに行ってあげてください。





051.jpg
収容ねこF46、推定5〜7歳の黒のメス猫。

体調も良くなって少し太ったような気がします。

食欲もあるそうです。





038.jpg
収容ねこF49、推定2〜3歳のシャム系のオス猫。

まだ緊張がとれませんが、食欲はあるそうです。

人慣れするには時間が必要なようです。





056.jpg
収容ねこF060701、10歳で放棄されたキジトラのメス猫。

穏やかなマイペースな感じの子です。

どうか幸せな出会いがありますように・・・。





048.jpg
収容ねこF50、推定5歳前後のキジトラのオス猫。

いつみても静かな大人しい子です。

そっと寄り添ってくれそうな子ですから、
静かに暮らしたい方向きではないでしょうか。





053.jpg
収容ねこF061201、8ヵ月のキジトラ白のメス猫。

人が大好きで構って欲しくて甘えくる可愛い子です。

一緒に放棄されたキジトラ猫のオスは貰われたそうです。

この子にも幸せな出会いがありますように。





045.jpg
収容ねこF061203、1〜2歳の茶トラのオス猫。

超がつくほど甘えん坊で人懐こい子です。

ケージの中をグルグル回転する得意技があります。
甘えて遊びを誘う可愛い子です。

是非会いに行ってあげてください。





062.jpg
収容こねこK105、推定2ヵ月のキジトラのオスの子猫。

緊張して猫砂トイレから出て来ません。

食も細いとのことですから、気にかけて世話する必要があります。





064.jpg
収容こねこK106、推定2ヵ月の兄妹子猫は西区山の手2条4丁目で保護されました。

カメラを向けるとビックリ大慌てでした。

収容期限は25日(月)です。





049.jpg
F55、白黒のメス猫。丸顔が可愛い子です。





050.jpg
F56、白灰のメス猫は洋猫ミックスのような綺麗な子です。

まだ若く性格も落ち着いています。




054.jpg
夕方の食餌の時間。

ドライフードと缶詰を混ぜたフードに猫たちが一斉に反応しました。





058.jpg
F47、茶トラのオスは収容が長くなってきましたが、人には馴れていません。

フードを美味しそうに無心に食べていました。

生きている と訴えているようでした。


捨てる人に救う人・・・

助かる命と救いきれなかった命・・・

札幌市動物管理センターや保健所では、
多くの犬猫たちが私たちの救いの手が差し伸べられるのを待っています。

どうか保健所情報もご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html



posted by しっぽの会 at 21:22 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする