2012年06月05日

セナが虹の橋を渡りました。

DSC_0368.jpg
<写真のセナは昨年3月に撮影したものです。>

深夜1時くらいにセナが虹の橋を渡りました。

セナは2008年暮れに江別保健所から引き取ったミックス犬のオスで、
当会の犬の中ではクロに次いで2番目の古株でした。

愛嬌があるわけではありませんでしたが、朴とつとした味わい深い子で、
今年1月から預かりボランティアさんのお宅で介護していただいていました。

元気な時は散歩に出たりしていましたが、
3月中頃から寝たきりになり、亡くなる2日前から食餌が出来なったそうです。

預かり介護していただいてから5ヶ月余り。

脳腫瘍の疑いがありましたが、よくここまで頑張ってくれました。

セナを応援してくださっていた皆さま、今まで有難うございました。

皆さまとセナの冥福を祈りたいと思います。



posted by しっぽの会 at 20:52 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする