2010年09月14日

偶然救えたひとつの命・・・

10091401.jpg
昨日、札幌市動物管理センターで偶然出会った放棄されたメスのミックス犬。
14歳と高齢で、見たこともないようなとんでもない乳腺腫瘍がありましたバッド(下向き矢印)





10091402.jpg
恐ろしいほどに容体が悪いのに、こんなになるまで放っておかれ治療もされず・・・
あげくに放棄されるなんて・・あまりにも酷すぎやしませんか!
放棄理由は飼い主の病気と犬の病気・・・
飼い主は入院して治療するのに犬は殺処分ですか?!
人としてのモラルはないのですか?!

放棄の場合、この状態では即刻殺処分されます。
麻酔から覚めずに死んでしまうかも知れないけど、ガス室で苦しんで死ぬよりマシ(><)
一か八か手術してみようと引き取りを決心しました。
病院に走り、すぐに腫瘍の切除をお願いしました。
そして、無事に手術が終わり麻酔から目が覚めたので本当に安堵しました!!

おばあちゃんワンは美人でとってもいい子です^−^
怒りは納まりませんが、この子が生きていることに感謝し、
怒りと悔しさをパワーに変えて絶対に幸せにしたい!!と想いを強くしました。

posted by しっぽの会 at 20:59 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする