2010年03月17日

かば吉くん

10031701.jpg
写真は昨日、札幌市動物管理センターから引き取りしたカバ吉くんです。
一度に多くの犬が放棄されたため、置き場所がないと殺処分対象になったため、大急ぎで保護しました。

15才のカバ吉の放棄された理由は飼い主の都合によるものです。
飼い主の事情は良く分かりませんが、人間の都合で殺されてもいいのでしょうか。
放棄する前に、引き取り手を探したり、預って貰えるところを探したりする努力をしたのでしょうか・・・

かば吉は大きな環境の変化に、ただただ今は怯えています。
こんな 身勝手な 事をする動物は人間意外に見たことがありません。



posted by しっぽの会 at 16:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする