2010年01月26日

優しいご家族は、神様からのプレゼント

10012601.jpg
「この子の最期を看取りたい。」今日、若いご夫婦がキャンを家族に迎えてくださいました。当会のHPをご覧になって、ずっとキャンのことが気にかかっていたそうです。とは言え、余命を宣告された子を新たに迎え入れ、最期を看取ることは並大抵なことではありません。

飼い主さまには、どうか無理をせず明るく前向きに暮らしていただけたらと思います。「可哀想・・・。」ばかりではキャンも悲しくなります・・・もう、キャンは一人ぼっちじゃありません。慈愛溢れるご夫婦に出逢えたことは、神様がキャンに与えてくださった最後のプレゼントでしょう・・・。

キャンの新しい飼い主さま、本当に有難うございました。

キャンの最期を案じてくださった多くの皆さま、有難うございました。

犬は私達にいろんなことを教えてくれますね。




posted by しっぽの会 at 21:07 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする