2010年01月13日

ニュージーランドからのレポート

SPCA01.jpg
ニュージーランド第一の都市、オークランドは海に囲まれた美しい大都会です。一年中、温暖な気候で50以上の島々が点在する美しい入り江が街から一望できるそうです。そんなオークランドにある世界的な動物保護施設のSPCAに、当会のボランティアさんが訪ねレポートしてくださいました。



SPCA03.jpg
犬を引き取りした際には6分野評価表や、譲渡申込の際には希望者に質問表などがあるそうです。SPCAは保健所の機能も兼ねていて、受け入れ拒否する事はないそうです。去年は18,171匹の犬が収容され、約半数の9,654匹が安楽死処分されたそうです。ただ、最近は病気やハンデを理解した上での譲渡も積極的に行っているという事でした。




SPCA02.jpg
設備は素晴らしく、寄付も去年は日本円で4億円位集めているそうです。びっくりしたのが、寄付の半分以上が遺贈だという事です。

何もかも日本とはスケールの違うSPCAですが、運営や安楽死処分の
ことなど詳しいレポートは、何らかの形でご報告させていただきたいと思います。


posted by しっぽの会 at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする