2020年09月01日

今までありがとう・・・雪福が虹の橋へと旅立ちました・・・

07.gif

8月28日、雪福(ゆきふく)が虹の橋へと旅立ちました・・・。

雪福は、昨年2019年11月に長沼町役場から保護した
推定3〜5歳のオスで、保護してからまだ一年もたってません😢





02.gif

年末に倒れ、輸血をし、なんとか繋がった命でした。

何度も病院へ行き「慢性骨髄性白血病」と判明し、
いつどうなるかわからない、長くは生きられないであろう雪福でした。





08.gif

残された時間を家庭でのんびり過ごさせてあげたいと思い、
スタッフが4月11日から自宅で預かりをしていました。

自力で血液を造ることができないゆっきー、、
定期的に造血剤を打ち、毎日ステロイドを飲みました。





01.gif

それでも、常に貧血だったゆっきーは、
まだ若いのにオモチャで遊んでもすぐに疲れてしまうのか
すぐに遊ぶのを止めて寝てしまいます💤

食いしん坊だったゆっきーですが、徐々に食欲にもムラが出てきました。

ごはんの時間になると「にゃーにゃー」鳴いて、
足元でスリスリして催促するのですが、
気に入らないご飯だと一生懸命前足で「シャッシャッ」とご飯を隠そうとしてました。

ゆっきーなりに「これじゃない❗」アピールです。

そして好きなご飯をもらえるまで「にゃーにゃー」鳴いてまとわりついてきました。

グルメなゆっきーでした。





03.gif
04.gif
06.gif
<しっぽの卒業犬のココちゃんとリンちゃん(旧:カリン)も雪福と仲良しでした>

優しくて穏やかで甘えん坊のゆっきー。

家に帰ると「おかえりにゃ!」と出迎えてくれました。





05.gif

本当に良い子で、可愛くて、
いつまでも穏やかに過ごしてもらいたいと思っていましたが、
我が家に来てから4ヶ月半力尽きてしまいました😢

亡くなる前日、貧血はひどかったのですが、
ご飯も食べ、おやつも食べ、いつものように私の顔に頭をくっつけて寝ました💤

翌朝、熱が出て元気食欲はないものの「いってらっしゃいにゃ🐱」と見送ってくれました。

夕方、家にいる母から、おやつも食べずグッタリしていると連絡があり、
仕事が終わって急いで帰るとゆっきーはもう動けず、
グッタリ倒れこんでましたが、か細い声で「にゃ、にゃ」と出迎えてくれました。

意識は朦朧としていたので、ゆっきーの体を撫で続け、
ずっと声をかけてましたが、少しずつ意識がなくなり、何度も痙攣しました。

そのうち痙攣もしなくなり、呼吸が弱くなって静かに眠るように亡くなりました😢

あっという間の出来事でした。





09.gif

ゆっきーに残された時間は少ない事を覚悟して家に連れて来ましたが、短すぎました。

もっと美味しいもの食べさせてあげたかったし、
もっとたくさん側にいてあげたかったです。

顔にくっついて寝るゆっきーがいないと寂しいです😢

ゆっきーと過ごせた時間は楽しくて幸せでした。





10.gif

8月31日荼毘に伏せ、本当に天国に行ってしまったゆっきー。

4ヶ月半ゆっきーと過ごせたのも皆様の応援、ご支援があったからこそです。

ゆっきーとの素敵な時間を頂けましたこと感謝いたします。

皆さま本当にありがとうございました✨


皆さまと雪福の冥福をご一緒に祈りたいと思います・・・



タグ:虹の橋
posted by しっぽの会 at 09:05 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする