2020年03月19日

3月19日(木)の札幌市動物管理センター福移支所は

今日3月19日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭、猫37頭が収容されていました。

3頭の犬が迷子で収容されていました。

また本日は斜頸の猫、ぶりに出会いがありました!

相変らず、多頭飼育放棄の猫の収容が相次いでいます。

信じられない数の猫が、来週順次収容されるとのことです。

総数にすると100頭は超えるようで、一家の放棄では過去最大数です。

猫には罪はありません・・・皆が出来ることを協力することが
救っていくことに繋がります。




<迷子犬>


収容犬81、3月10日、白石区平和通17丁目北で保護された
オスのトイプードルは返還されました!(3月16日)





82.jpg

収容犬82、3月16日、 北区北37条西2丁目で保護されたオスのマルチーズ 。

人懐こくてかわいい子でした。

迷子期限日は、3月25日(水)です。





83.jpg

収容犬83、3月16日、北区北37条西2丁目で保護されたオスとトイプードル。

身体は大きめでした。

迷子期限日は、3月25日(水)です。

2頭は同じ場所から保護されています。





84.jpg

収容犬84、茶のミックス犬のオスは、西区平和435番地で保護されています。

赤色の首輪と黒色のリード が付いていました。

鑑札や迷子札、マイクロチップが挿入されていれば、
返ることも出来るのに、
何故つけないのか不思議でなりません。

迷子期限日は、3月26日(木)です。




<迷子からの飼い主募集犬>


迷子からの飼い主募集犬はいません


<放棄からの飼い主募集犬>


<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで、スイッチが入ると周りのことが目に入らなく、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

しかし、ここ数か月で随分落ち着きました。




69.2.jpg

お世話をしてくださる職員さんのコマンドを良く聞きますが、
お散歩も張り切っていました。

掃除機の音が嫌いで機嫌が悪くなる、
リードで繋いでおくと大丈夫とか、
ブルの癖や特徴を押さえていただけると、
犬の飼育の上級者の方なら信頼関係を作れそうです。

犬の飼育に慣れている、
愛情を持って接してくださる方との出会いを待っています。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いまろですが、神経質で気難しいところがあり、
見学の方にも良く吠えます。

ですが忠実な性格なので、まろを理解してくだされば、
良い関係が作れそうです。





052701.jpg

収容犬052701、愛称サンは飼い主に放棄された8歳の
オスのラブラドールレトリバーです。

飼い主が亡くなったため、放棄されましたが、
飼い主以外の人に対しては、過去に強く咬むことがありました。

ですがお世話をされている大好きなスタッフの
愛情をたっぷり受けて良い子になっています。

コマンドは聞いていますので、
人とのコミュニケーションが取れ、信頼関係を築ける子です。

心が通じ合えば最高のパートナーになってくれる子です。

今日は大好きな職員さんが、多頭飼育の猫の迎え入れの準備をしていたので、
その様子が気になって立ち上がって見ていました。





<迷子猫>

収容猫F96、3月13日、東区東苗穂7条3丁目で保護された黒のオス。

迷子期限日は、3月19日(木)でした。




収容猫F98、3月17日、手稲区稲穂3条2丁目で保護された黒白のオス。

迷子期限日は3月24日(火)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

28.jpg

収容猫F28、愛称こげ丸は、推定10歳 の去勢オスです。

収容時は警戒していましたが、最近は慣れてきたのか触らせてくれます。

いつも静かです。食いしん坊です。




34.jpg

収容猫F34、愛称ママは推定4歳の避妊メスです。

随分と慣れて来てケージの前に出て来てくれます。

今日も愛想よく爪とぎの上に座っていました。





49.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

あまり慣れていませんが、表情がやさしくなってきました。

かわいい顔をしています。





74.jpg

収容猫F74、愛称タケちゃんは、推定3歳のオスです。

歩けるようになったとのことです。

また人が怖いようで、前に来ることはないようです。





78.jpg

収容猫F78、愛称ピンクはキジトラの推定1歳のメスです。

まだ緊張気味ですが、かわいい子です。

多頭で放棄されました。






91.jpg

収容猫F91、愛称シチューは、推定1歳のメスです。

右前足を痛めているそうですが歩けるようになったそうです。

人懐こく撫でさせてくれます。





92.jpg

収容猫F92、愛称ししみは、推定1歳のメスです。

さび色の長毛でブラシが必要です。

怖さから緊張していましたが、
攻撃性はなく触ることができているそうです。






95.jpg

収容猫F95、推定5歳の白黒のメス。

まだ緊張していますが、人慣れしていて、撫でることが出来るそうです。





<放棄からの飼い主募集>

022202.2.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オスです。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
サクラの行動を理解すると余り怒らなくなってきているようです。

2段ケージから他の猫が見える場所に移動になり、
サクラも気に入っているように見えました。





022202.jpg

今日はサクラに面会の方も見えて、ケージの外に出て、
どんな時にキレるか確認していただいていました。

サクラの癖が分かると尊重して付き合うと良さそうです。





100901.jpg

収容猫F100901、愛称ミューは15歳のシャムの去勢オスです。

飼い主の病気のため、放棄されました。

高齢ですので、1日も早く新しい家族になれますように・・・。






121901.jpg

収容猫F121901、愛称ジジは推定7歳の去勢オスです。 

おっとりした性格だそうで、
撫でられると気持ち良さそうとのことです。

大人しい子のようです。





121902.jpg

収容猫F121902、愛称メロンは推定7歳の避妊メスです。

諸事情により、センターに再収容されました。

上記の121901ジジと、同じ家庭から放棄されました。

2頭は仲良く寄り添っていることが多いです。

2頭同じお宅にお迎えになりますように・・・。






031702.jpg収容猫F031702

F031702、愛称チョコは、推定7歳の去勢オスです。

飼い主の転居により、以下のF031703と一緒に放棄されました。

人懐こい子だとのことです。

去勢せずに飼育されていましたが、マーキングをする癖があったそうです。





031702 (2).jpg

収容猫F031703、愛称レートは推定7歳の去勢オスです。

飼い主の転居により、上記のF031702と一緒に放棄されました。

緊張していますが、撫でられるのは嫌いではない様子だそうです。

去勢せずに飼育されていましたが、マーキングをする癖があったそうです。

潜在睾丸の可能性があり、病院での検査や手術が必要とのことです。






多頭放棄(1)

センターHPより

飼い主が経済的困窮の中、多頭飼育状態となり、
周辺の生活環境まで不衛生な状態となっていたものを、
動物管理センターで収容しました。


061207.jpg

F061207、愛称したちゃんは、推定10歳の避妊メスです。

後姿ですが、常に舌が出ている大人しい子です。





061302.jpg

F061302、愛称モーリーは、推定5歳の去勢オスです。

したちゃんは仲良しです。

ふっくらしてかわいいです。

2頭共収容されてから9か月になります。





多頭放棄(2)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態となっていたものをセンターで収容しました。
高齢で、ケアの必要な猫が多そうです。

皆、大人しい静かな猫です。





011001.jpg

F011001 メス 推定10歳 愛称:わさび





011503.jpg

F011503、愛称いちみは、推定10歳の去勢オスです。





012201.jpg

F012201、愛称ごまは、推定10歳のメスです。





020301.jpg

F020301、愛称セリは、推定5歳のメスです。





021301.jpg

F021301、愛称カボスは、推定7歳のメスです。





022101.jpg

F022101、愛称ジンジャーは、推定10歳の去勢オスです。







022102.jpg

F022102、愛称クミンは、推定7歳のメスです。





022701.jpg

F022701、愛称マスタードは推定8歳の去勢オスです。

風邪をひいているとのことで、奥のバックヤードにいました。





022801.jpg

F022801、愛称ケッパーは、推定8歳のメスです。





030201.jpg

F030201、愛称ミントは、推定10歳の去勢オスです。



※ 今後さらに1頭の収容を予定しているそうです。






多頭放棄(3)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、繁殖を繰り返していました(全18頭)。
飼い主が病気となり、世話ができなくなったものを
センターに収容しました。人なつこい猫が多いです。



F012709、推定8歳の愛称ぶりは、本日譲渡になりました!





012712.jpg

F012712、愛称しらすは、推定5歳のメスです。

大人しくて懐こくて穏やかです。





多頭放棄(4)

センターHPより

飼い主が失踪し、その家族も世話を続けられなくなったため、
センターに収容しました。

全10頭のうち、避妊・去勢手術の施されていない猫がおり、
収容された雌猫も妊娠していました。

多頭崩壊予備軍ともいえる状況だったようです。


F020401、愛称クリは、推定2歳の避妊メスです。





多頭放棄(5)

センターHPより

数年前に亡くなった母親が飼育していた猫の世話をしてきたものの、
続けることができなくなり、センターに放棄収容されました(全10頭)。
人間の生活も荒れた中で、飼育されていたようです。
人慣れした猫が多そうです。


022104.jpg

F022104、愛称チビは、推定8歳の避妊メスです。

耳が耳血腫の名残りのように小さく折れています。

顔はオスのような厳つさがありますが、
甘えん坊で人馴れしています。



F022105、愛称モモは、推定5歳のメスで、サブちゃんと呼ばれていました。
譲渡になりました!




022107.jpg

F022107、愛称ヨモは、推定6歳のメスです。

この子も厳つさはありますが、甘えたチャンです。





031301.jpg

F031301、愛称マルは、推定3歳の去勢オスです。




031302.jpg

F031302、愛称サクラは、推定3歳のメスです。





F031303、愛称イトは、推定3歳のメスです。





031304.jpg

F031304、愛称ミミは推定5歳のメスです。





031701.jpg

F031701、愛称キキは、推定3歳のメスです。


3歳位の子が多いです。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


3.16kitami.jpg
<サビ猫2頭は譲渡になりました>

北見保健所には、同じ飼い主に放棄された
4頭の猫が出会いを待っています。
白黒長毛の成猫のオスは、2月17日に収容されました。
人に慣れていて、撫でることも出来ます。
体格はぽっちゃりしていて、マイペースで物静かな性格です。
サビ長毛のメスは、2月26日に収容されました。
まだ若く、人にも慣れました。声の大きい元気な女の子で、
元気・食欲があります。
茶白の長毛のメスは2月28日に収容されました。
まだ若く、人にも慣れてきて、撫でさせてくれます。
元気・食欲あり、完食するようになりました。
サビ猫はおそらくメスで3月2日に収容されました。
この子も若く、人に慣れてきて、撫でさせてくれます。
元気・食欲があります。猫じゃらしが大好きです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

北見保健所: 0157-24-4171 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2





3.11siribesi.jpg

後志総合振興局では、オスのキジトラ猫が出会いを待っています。
この子は、倶知安町山田のひらふ交差点付近で、
痩せて衰弱しているところを負傷猫で保護されました。
鼻炎も患っていましたが、現在はすっかり良くなり、
元気に回復しました。ですが、ご縁のないまま、2か月を経過し、
怖がりで、挨拶代わりの「シャー!!」が出るので、
呼び名が「シャア」になってしまいました。
でも最近は、世話をする職員の方への威嚇はぐっと減り、
オヤツも手渡しで食べてくれます。
おそらく餌付け猫だったと思われます。まだ触ることはできませんが,
猫の扱いに慣れた方に時間をかけていただければ、心を開いてくれそうです。
後志総合振興局では、この子の事情をご理解のうえ家族になってくださる方、
人馴れの時間をかけて譲渡先を探していただける愛護団体からのご連絡を待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





3.18陸別s.jpg

陸別町役場では、ミックス犬の子犬10頭(メス6・オス4)が
出会いを待っています。
この子たちは、1月に農家さんの牧草ロール置場の
D型ハウスで親らしい犬2頭が出産したようで、
離乳し動きはじめ保護されました。
少し怯える様子はありますが、
人慣れには時間はかからなそうです。
お迎えは、確実に不妊手術してくださり、
生涯家族の一員として愛育してくださる方にお願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

陸別町役場 町民課 国保衛生担当:0156-27-2141 
https://www.rikubetsu.jp/topics/1909/





3.19monbetu.jpg

紋別保健所には、推定5歳くらいの白茶の
ミックス犬のオスが出会いを待っています。
この子は、滝ノ上で迷子で保護され、
3月11日に収容されましたが、飼い主の迎えはありませんでした。
性格は甘えん坊でお散歩の大好きな元気な男の子で、
ゴールデンレトリバーの一回り小さめ位の体格です。
「待て」や「おすわり」ができるお利口さんですが、
収容当初は警戒から首周りを触ると怒ることがありましたが、
今は馴れてきたからか怒らなくなったそうです。
左前足に奇形がありますが、親指が他の指の上に乗っている状態で、
全く障害にはなっておらず、歩行に支障もなく、
散歩でもグイグイ引っ張るそうです。
遊んでのアピールがすごいく、ルックスも可愛い子です。
募集期限は、3月26日(木)です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

紋別保健所:0158-23-3108
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:43 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業犬の強志郎ちゃん(旧:三四朗)が遊びに来てくれました♫

kyou01.jpg

2017年6月に卒業したフレブルの強志郎ちゃんが 遊びに来てくれました♫
(白黒ちゃんのほうです)


いつものように
元気なみんなで来てくれました



強ちゃんも先住のフレブルのブリちゃんも見たまんま❗️
男らしく遊ぶそうです


≪くんくんに忙しいので、どうぞお構いなく・・・≫
kyou02.jpg


ジャーマンシェパードのビーストくんも
よりパワフルになりました‼️

かっこいいですね❤️

kyou03.jpg


やはりパワフル系がお好みのようで
当会にいた土佐犬のウィルのことは気にしてくださっていて
先日の急逝に驚かれたとの事で、大変残念だったと悲しんでくださいました。

土佐犬のウィルに、お花代をいただきました<(_ _)>

本当にありがとうございました。


また元気なご家族で遊びに来てくださいね!
ご訪問ありがとうございました<(_ _)>


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 12:54 | 卒業わんにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今までありがとう!ルイトが虹の橋へと旅立ちました・・・


ruito6.jpg



ルイトは、2014年に千歳保健所に飼い主放棄された黒猫の男の子で
6年弱をしっぽの会で過ごし、推定11〜13歳になっていました。



ruito03.jpg


食いしん坊で、朝のカリカリをとても楽しみにしていて
缶詰めもしっかり食べて
さぁ次はみんなと遊ぶよ🎵早く出して‼️と

いいのか悪いのか、ここでの生活を満喫していたルイト



猫が大好きだったから、お友だちのいるお宅にもらわれていけば
もっと楽しい生活が待っていたはずでしたが
残念ながら、新しい家族を見つけてあげることはできませんでした。




ruito02.jpg



FIV(猫エイズ)感染症の陽性だったので
たまに口内炎で食べづらそうにしていたので、またかな?
と思っていたのですが、今回は、FIV発症による貧血と肺炎になってしまいました。


2月の上旬から、体調を崩し
貧血が酷かったので下旬には入院となりました。

当会の若く健康な猫たちに協力してもらい
何度か輸血もしてもらいましたが、病院ではこれ以上できることがなく
退院となりました。


翌日には吐血もありましたが
慣れたお部屋に帰って来たルイトは頑張って歩きましたし
エイズ感染症キャリアの仲間の猫たちと寄り添って
いつもの日常に安心しているようでした。


亡くなった日は、朝ごはんの準備中に様子がおかしくなり
酸素もおくりましたが、そのまま静かに逝ってしまいました。




ruito01.jpg


人にも猫にもとても優しく、愛嬌たっぷりのルイト

今でもルイトの場所に行くと あ居ないんだ💧と
はっとします。


ルイト安らかに、今までありがとう。
またどこかで会おうね!


これまで、ルイトを応援してくださった皆さまに心より感謝申し上げます。
皆さまと、ルイトの冥福をお祈りしたいと思います。




posted by しっぽの会 at 12:02 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする