2018年09月03日

今までありがとう!レオが虹の橋へと旅立ちました・・・

reo.jpg


8月23日木曜日、猫のレオ🐱が亡くなりました。


レオは、2017年5月に、飼い主の事情で当会で新しい出会いを待つことになった
茶トラ長毛の11歳の男の子でした。



前日まで変わらずいつものレオでした。

耳が痒そうだったので、往診の際に診察してもらい
その時もいつものレオらしく「さわるな💢」と少し怒ってました。


ベタベタされるのが好きではなく、当会に来てからも
何人かガブガブ流血させられたりもしましたが、少しずつ環境にも慣れ
慣れたスタッフには抱っこもさせてくれるようになっていました。



オモチャが好きで遊んだり、ある朝はケージから脱走していた事もあり
年齢のわりにはやんちゃなところもあってオチャメなレオ🐱でした。

亡くなった日の朝、いつものように猫🐱たちに挨拶回りをしていたのですが
ケージの一番上で気持ち良さそうに寝ているレオに「おはよー☀」と声をかけました。


いつもなら頭を上げてスリスリしてくるのですが
この日は起きず、「レオー」と頭をツンツンしてみました。


それでも起きることはなく、、、


本当に眠っているかのように亡くなっていました。


ご飯も完食してあり、何が起こったのかわからず
突然のお別れに落胆するばかりでした。


まだまだ元気でこれから新しい家族と出会うはずだったレオ🐱
新しい家族を見つけてあげられなくてごめんね。

たくさんの思い出をありがとう。
どうか、安らかに眠ってください。

皆さまと、レオの冥福を祈りたいと思います。




posted by しっぽの会 at 07:13 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする