2018年05月14日

深川保健所から17歳のゴールデンのSOS!!

fukagawa.jpg

深川保健所からのSOSです。

5月9日、深川保健所に、17歳のメスのゴーレデンレトリバーが収容されました。

この子は飼い主の事情でに放棄されましたが、要介護の状態です。

排泄は、立ち上がることは出来ませんので、立たせてあげると自力で排泄出来ます。

また、食事はいまのところは介助しなくても食べられるそうです。

体重は20キロもなく、
女性でも抱きかかえることができるほど痩せているそうです。

床ずれは今のところありませんが、
寝返りが出来ないので配慮しながら介護する必要があります。

ゴールデンレトリバーで17歳とは大変長寿ですが、
飼い主との別れはこの子にとってどれだけダメージだったことでしょうか・・・

保健所に収容された環境の変化からか下痢をして
食事も受け付けなくなって来ているそうです。

残された余生は、家庭で穏やかに過ごせますよう
ご理解ある方のお迎えをお待ちしております!


深川保健所 電話:0164-22-1421
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm


posted by しっぽの会 at 13:14 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日高振興局より引き取りした茶トラ猫、花丸(はなまる)の経過報告(*^_^*)

hanamaru2.jpg

今年4月に日高振興局より負傷猫として引き取りをした
推定10歳の茶トラ猫花丸(はなまる)の現在の様子です🐱

この子は、3月28日に新ひだか町静内木場町で負傷し保護されました。
交通事故により、あごの骨折が酷く一時は危篤状態でしたが
病院にかけ、振興局の職員さんが自宅で給餌やケアをしてくださり
奇跡的に助かりました!

振興局ではそれ以上の治療は困難なため
当会で引き取りをし、すぐに掛かり付けの病院に入院しました。
下あごが外れズレてしまっているのと、手術をして治療するにも
今はまだ炎症が酷く手術ができる状態ではないため
炎症の状態や体力を回復させるため、鼻に通したチューブから
流動食を与えながら現在は当会で経過観察をしています。



hanamaru4.jpg

まだ自力では食事を摂れないので、1日3回の強制給餌ですが
花丸は嫌がるどころか人が大好きで甘えん坊なので
食事をあげている最中もスタッフにスリスリと全身で甘え
とっても可愛らしいです💠



hanamaru3.jpg

初めは元気にスリスリ動いて、食事をあげているスタッフも大変なのですが、
そのうち満足するのか後半は少し落ちついてくれるので
食事を与えやすくなります(^-^)


自力で食事を摂れない事以外は元気いっぱいで排泄もできますし
毛繕いをするような仕草も見られるので、花丸の回復力と運の強さに期待しながら
早く状態が良くなり、新しい家族を見つけてあげられるよう私たちスタッフも頑張って
ケアしていきたいと思っています!

交通事故に遭う猫を減らすため
どうか飼い猫は、室内のみでの安心安全な飼育をお願いします。


頑張る花丸の応援も、どうぞよろしくお願い致します🐱💡



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 



タグ: 保護猫 里親
posted by しっぽの会 at 10:10 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする