2018年02月02日

2月2日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日、2月2日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭、成猫23頭が収容されていました。

先週に比べると犬の迷子と放棄が増え、
高齢犬が多く収容されていました。

成猫数は出入りがあり、ここのところは、
ほぼ二十数頭が収容されている状況です。



<迷子犬>
88.jpg

迷子犬88、1月29日、東区中沼町で保護された白黒のオス。

青色革製首輪を付けていましたが、
外飼いなのかナスカン部分が千切れていました。

体格が良く毛並みもきれいでした。

迷子期限は30年2月6日(火)です。





89.jpg

迷子犬89、1月29日、手稲区前田13条10丁目で保護されたプードル系のオス。





89 (2).jpg

すごく人懐こく人が大好きな子のようです。

保護時は田んぼに落ちたようにドロドロに汚れて入たそうで
スタッフの方がシャンプーしてくださいました。

迷子期限年月日は年2月6日(火)です。





91.jpg

迷子犬91、1月31日、北区新琴似8条15丁目で保護されたビーグルの去勢オス。

写真の首輪はセンターで着けたものです。

高齢で大人しい子でした。

迷子期限年月日は2月8日(木)です。




<飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201、咬む、吠えるとの理由で放棄された4歳の去勢オス。

収容が長くなっていますが、出会いはありません。

スタッフには良く懐いていますが、突然スイッチが入ることもあり、
譲渡は要相談となっています。





69.jpg

収容犬69、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

咬傷事故をおこした経緯があり、
収容からこれまで経過を観察していました。

根は人懐こく甘えん坊ですが、力が強いですので、
散歩時は制御できる人が必要ですし、
簡単に飼育出来る犬ではありません。

犬の扱いに相当慣れた人でなければ飼育は難しいと思います。

譲渡は要相談となっています。





011101.jpg

収容犬011101、1月11日に放棄された11歳の柴犬のオス。

人懐こくお散歩大好きです。

エサ皿を下げるときや、リード・服の着脱時などに咬むことがあります。

首回りが激しく脱毛し痒みもあるようです。

根気よくケアする必要があります。





020101.jpg

収容犬020101、飼い主に放棄された14歳のトイプードルのメス。

乳腺腫瘍があり、白内障になっていました。

怖がりですがとても人懐こく甘えん坊で、
抱っこされるのが好きで、自分から飛び乗って来るそうです。




収容犬020102、放棄された13歳のパグには本日出会いがありました!





<迷子猫>
118.jpg

収容猫F118、1月30日、手稲区星置1条7丁目付近で保護された白黒のメス。

まだ若く、何かを訴えるように大きな声で鳴いていました。

迷子期限日は2月5日(月)です。





<飼い主募集猫>
173.jpg

収容猫173 、推定3歳のメスのキジトラ。

センターに来て約1年がたちますが、
いまだに出会いがありません。

落ち着き貫禄があります。

今年こそ出会いがありますように。




174.jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

大人しく控えめです。




38.jpg

収容猫F38、推定3歳の去勢オス。

臆病で静かな子です。

以下の収容猫40と兄弟のようです。

当初3頭いましたが、1頭に出会いがありました。





40.jpg

収容猫40、推定3歳の去勢オスは、上記と兄弟と思われます。

2頭はとても仲良しです。





48.jpg

収容猫F48、推定3歳の白黒のメス。

触られると迷惑そうにしていましたが、
表情に余裕が出てきました。




53.jpg

収容猫53、推定4歳の黒猫の去勢オス。

身体も触らせてくれますが、首から頭にかけてはまだ触らせてくれません。

人恋しそうにかわいい声で鳴きます。




87.jpg

収容猫F87、 推定12歳のキジトラのオス。

皮膚糸状菌症で投薬し回復し、きれいになりました。

とても人懐こい子です。




114.jpg

収容猫F114、推定5歳のオス。

撫でるとゴロゴロする懐こい子です。




115.jpg

収容猫F115、推定10歳の黒茶灰のメス。

今日も背中を向けてじっとしていました。




116.jpg

収容猫F116、推定3歳のメス。

若々しく人慣れした子です。





012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

収容からもうすぐ1年になろうとしています。

大分慣れて来ていますし、今年こそ出会いがありますように。





013102 (2).jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

紙袋を用意して貰いお気に入りの様子です。



102701.jpg

収容猫F102701、下記と一緒に放棄された10歳以上の黒白の去勢オス。




102702.jpg

収容猫F102702、上記と一緒に放棄された10歳以上の黒白のメス。

親子か兄妹か良く似ています。

見ているだけでゴロゴロ喉を鳴らす懐こい子です。





090401.jpg

収容猫F090401、推定5歳のメス。

多頭飼育崩壊からの引取りです。

頭の八の模様がかわいい子で、舌先がいつも出ています。





090506.jpg

収容猫F090506、推定5歳のメス。

同じく多頭飼育崩壊からの引取りです。

まだ警戒していますが、徐々に慣れてきました。





090507.jpg

収容猫F090507、推定10歳のメス。

この子も多頭飼育崩壊からの引取りです。

とても人慣れした大人しい子です。

いつもゴロゴロと気持ち良さそうです。





100401.jpg

収容猫F100401、多頭飼育で放棄された推定8歳の去勢オス。

目ヤニが出ていて心配です。





100405.jpg

収容猫F100405、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

シャム系のきれいな猫です。





012301.jpg

収容猫F012301、飼い主に放棄された推定5歳の黒茶の去勢オス。

環境に慣れずナーバスになっています。

かなり太っていて、右目は見えていないようです。

人には慣れているとのことです。





013101.jpg

収容猫F013101、下記と一緒に放棄された推定8歳の白黒茶の去勢オス。

慣れない環境で緊張しています。

人には慣れているようです。




013102.jpg

収容猫F013102、上記と一緒に放棄された推定8歳の白黒茶の去勢オス。

慣れない環境に緊張しています。

人には慣れているようですが、まだ余裕がなさそうでした。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


1.31oho-tuku.jpg

オホーツク総合振興局網走保健所では、
オスのキジトラ猫が出会いを待っています。
この子は昨年12月28日、北見市北上24付近の、
北見津別線の路上で動けなくなっているところを保護されました。
交通事故に遭ったようで、左前肢に細い骨折があったそうですが、
現在は回復しケージの上にも上がったり出来るようになりました。
餌付けされていた猫の可能性が高く、
怖がりで触ると固まっりますが、攻撃性もありませんし、
大人しそうな猫です。
チュールなら人の手からも食べます。
体格は大きく、ふかふかしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします!


オホーツク総合振興局:0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsu-kainushisagashi.htm





02.01fukagawa.jpg

深川保健所には、飼い主死亡により、
1月19日に放棄された猫4頭が収容されています。
若いキジトラのオスは、すり寄って甘えてくるようになり、
とても大人しく抱っこも出来、顔や体を撫でても嫌がりません。
キジシロのオスもまだ若く、人に慣れていて、
最近ではすり寄ってきたり、お腹を見せてくれるようになりました。
撫でるとノドをゴロゴロ鳴らし、大人しい子で抱っこも出来ます。
シャム系の子も若く、とても人懐っこく足下にすり寄ってきます。
抱っこもさせてくれて、撫でると喉ドをゴロゴロ鳴らします。
黒白猫のメスは、10歳前後で、
タオルや毛布に潜り込むのが好きなようで、
顔だけを出し鳴いている姿がかわいいそうです。
とても大人しく抱っこも出来ます。
4頭とも人に慣れ大人しく飼いやすい子です。
皆、ドライフードを食べ、猫砂のトイレを使っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
1日も早く出会いがありますよう、
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

深川保健所:電話:0164-22-1421 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm





02.02kusiro.jpg

釧路保健所では、犬2頭が出会いを待っています。
推定3歳 の茶のオスの中型ミックスは、
1月18日、釧路市内で迷子で保健所に収容されましたが、
飼い主の迎えはありませんでした。
他の犬と接するのを嫌がるそうですが、
人に対する攻撃性はなく、触れますし、手からオヤツも食べれます。
非常に物静かで控えめです。またきれい好きな子です。
推定3歳のこげ茶白のオスのミックス犬は、
1月22日、厚岸町で迷子で保護されましたが、
飼い主の迎えはありませんでした。
赤い首輪を装着していました。性格は明るく人が大好きです。
落着きはありませんが、人懐こく元気いっぱいな子です。
2頭とも若いですし、今後成長する伸び代はいっぱいそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力を
お願いいたします!
   
釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 21:42 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする