2017年07月14日

7/13 札幌市動物管理センターからオス猫1頭引き取りました!


pippi0.jpg

昨日7月13日、札幌市動物管理センターから、
F070503、推定1歳のキジ白の去勢オスを引き取りました。

この子は多頭飼育放棄された1頭で、
飼い主に放棄されたショックや環境の変化で食餌も受け付けないようになり、
追い打ちをかけるように連日の猛暑で熱中症になり脱水症状になっていました。




pippi00.jpg

福移支所には、医療設備がなく十分な手当てが出来ないため、
このままでは命が危ないので、引取りしてすぐに病院に連れて行きました。

市センターでは、注射で補液とシリンジで強制給餌してくださっていましたが、
脱水が酷く食餌は受け付けず吐いてしまい、
ガリガリに痩せた身体は、体格は大きいのに3.5キロしかありませんでした。

病院では血液検査も出来ないほど、血液がドロドロになっていました。
あと1日遅かったら助からなかったようです。

生きているのが奇跡のような重篤な容態でした。




pippi.jpg

24時間後、昨日から通しで静脈点滴をしていただいたお蔭で、
目に力も出て反応するようになりました!

今後、赤血球の割合も改善されれば元気になれそうです。




pippi2.jpg

まだ予断は許しませんが、数日は入院して大事を取りたいと思います。

1日も早く元気になりますように・・・。


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

タグ:里親
posted by しっぽの会 at 18:29 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おめでとう!サマーがしっぽを卒業しました!♪☆.。.:*・゜


sama.jpg

サマーは去年の8月に野良猫として保護され
当会にやってきました✨
当初人慣れはしておらず、部屋の隅で固まり
触られることもかなり抵抗していましたが
徐々に慣れ、お腹を見せて甘えたりもできるようになっていました


飼い主さまは、以前にも見学にお越しくださっていて
今回猫を迎える環境が整い、ご家族皆さまで見学に来られました。

フリー部屋にいたサマーを撫でた時に
ゴロゴロと甘えてきたのが可愛いとご家族皆さまで仰ってくださり
決めてくださいました✨ヽ(^。^)ノ

飼い主さま、この度は本当にありがとうございました
サマーをどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
お幸せに〜✨


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:35 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今までありがとう!ココが虹の橋へ旅立ちました・・・

coco2.jpg

今までありがとう!7月8日、ココが虹の橋へ旅立ちました。

ココは2011年6月に飼い主の事情により
新しい飼い主さんを探すことになり当会に来ました。

当会に来た時は7歳で、興奮すると犬や人に噛みつく癖があり
元気いっぱいのやんちゃな男の子でしたが、良い出会いに恵まれず
6年という長い時間を当会で過ごしました。



coco.jpg

過ごしているうちに性格もだいぶ丸くなり
人が大好きでボール遊びも大好きな甘えん坊さんになりました。

今まで体調を大きく崩すようなことはあまりなかったのですが
2014年2月と2016年12月には、右腹部にできた腫瘍を摘出手術をしました。
そして今年の6月末にも右腹部に腫瘍が再発してしまいました。

腫瘍が大きくなるスピードも早く、
何度も摘出手術をしてきたこととココの年齢を考えても
もう手術をするのは難しく、再発から数週間のうちに亡くなってしまいました。

亡くなる3日前までは自力でご飯を食べて、
歩き方もヨタヨタでしたがお外まで歩いて出て気分転換していましたが、
2日前にはご飯を食べられなくなり、
下痢と嘔吐があったため入院をし治療をしていました。

病院の先生からも、もう余命も長くないとの事でしたので
スタッフが最期は自宅で看取ることを考えていた矢先に
ココは病院で息を引き取ってしまいました。




coco3.png

6年間も当会で過ごし、
ここ数年で入ったスタッフよりも長い間、しっぽの会を見守ってくれたココ。

13歳と高齢でしたが他の若い子よりも
若々しくパワフルで頑張り屋さんでした・・。

もう一度、家庭の子として過ごすことは出来ませんでしたが
私たちに たくさんの笑顔や元気をくれたココ。

天国では楽になった身体で思いっきり走り回ってね。

皆さまとご一緒にココのご冥福をお祈りしたいと思います。

posted by しっぽの会 at 03:57 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする