2017年06月01日

前期受付終了しました--応援お願いします!飼い主のいない猫基金が不足しています--


kainusinoinaineko.jpg

2010年11月、行き場のない野良猫を減らし幸せな家庭猫を増やしたい・・・
北海道にも地域猫の考えを理解していただきたい・・・
そうした思いから始まった野良猫の不妊手術代を助成する「飼い主のいない猫基金」。

繁殖時期、保健所には目もいていないような乳のみ子猫が日々収容され
お世話の手がないため殺処分されています。

飼い主のいない猫基金の設立当初は、
野良猫を動物病院に連れて行き、不妊手術を施す方も少なかったのですが、
活動から6年目の昨年後期から、助成金の申請をしてくださる方が増え始め、
前年度は260頭余りの野良猫に不妊手術を施すことが出来ました。

今年度4月、5月も既に70頭余りの野良猫に不妊手術の一部の助成を行っています。

今年度は前期(4月〜9月)と後期(10月〜翌年3月)に各100頭と
頭数を限定させていただきましたが、
4月、5月で申請数が100頭に達しましたので、
9月を待たず5月31日で前期の申請を締め切らせていただきました。



04.jpg

写真は当会の「飼い主のいない猫基金」で野良猫に
不妊手術を施してくださった定ニャンの会さまからお借りしました。

身を寄せ合い束の間の幸せを味わう親子猫。

飼い猫の寿命は15年程ですが、
北海道の野良猫の寿命は1〜2年と言われるほど過酷な環境です。




02.jpg

無邪気な子猫たちはこの先の厳しい現実を知る由もなくはかなげです。

親猫に不妊手術を施してれば、生まれながらにして苦しむ命を生み出すことはありません。





03.jpg

メス猫は不妊手術を終え元いた場所に放されました。

暖かな家と温かな家族を与えてあげたいのですが、
受け入れ先もない時には苦渋の選択をしなくてはなりません。

それでもこの子が生涯出産するであろう未来の不幸な命は生まれなくて済みました。

一代限りの命をどうか地元の住民の方々が温かく受け入れてくださいますように・・・。




01.jpg

風雪に耐える猫の姿はあまりに辛く目を覆いたくなります・・・。
 
家庭にいる猫とこの子と同じ猫なのにどこが違うのでしょうか・・・。

なぜこの子は辛い猫生を歩まなければならないのでしょうか・・・。





05.jpg

温泉街のマンホールの上が唯一、暖を取れる場所と伺い涙が出ました。

ホテルや旅館から排水されたお湯がいくらかマンホールの蓋を暖めているようです。

札幌でも冬場はマイナス10℃以下にもなる厳寒で、
寒さに弱い猫たちは、極度の飢えと寒さにどれだけ苦しんでいることでしょうか・・・。




06.jpg

子猫はこの後やってくる厳しい冬を乗り越えることは出来ません。





07s.jpg

決して穏やかな風景ではありません・・・生まれては消えていく命。

過酷な環境で生きている猫たちを減らしていくには、
とにかく地道な不妊手術しかありません。

当会の基金の残高は5月末現在で40万円余りとなり、
10月から半年間の後期の野良猫の不妊手術代の予算が極端に少なくなってしまいました!

基金の予算があればもっと多くの野良猫たちに不妊手術を施すことだ出来ます。

今後も継続していきたい大切な活動です。
どうかご支援応援をお願いいたします!
1頭でも行き場のない猫が減少しますように・・・。

■飼い主のいない猫オンライン寄付サイト
https://online-kifu.shippo.or.jp/

■郵便振替口座:02770-6-76355  口座名:しっぽの会
<他の金融機関からの振込用口座番号>
二七九(ニナナキユウ)店(279)当座 0076355

※郵便物をお送りするご住所・お名前・Eメールアドレス等、お書き添えください。
住所不明・漢字や数字が不明瞭で、お礼状や領収証をお出しできないことが増えています。
お手数ですが、分かりやすく記載していただけますようお願いいたします。

毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 13:24 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/4(日)緊急譲渡会 名寄保健所に猫の多頭飼育放棄


zyoutikais.jpg

名寄保健所には現在12頭の猫が収容されていて収容限界になっています!

今度の日曜日6月4日に名寄保健所で緊急の譲渡会が開催されますので
猫をお迎えいただける方がいらっしゃいましたら
ぜひ足を運ばれてみてください!

日時:平成29年6月4日(日) 10:00〜15:00
場所:名寄保健所
住所:名寄市東5条南3丁目63番地

問合せ先
譲渡会に関することは上川総合振興局環境生活課 0166-46-5922
猫の詳細については名寄保健所生活衛生課 01654-3-3121

当日までに譲渡になっている場合もありますので、
最新情報は以下の上川総合振興局のHPからご確認ください。
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kakupage/catdog.htm




C14_15-500.jpg

c14、c15 共に若いオスのキジトラ猫。

c14-2-500.jpg

C-14:ゴロゴロスリスリしてきます。
人の足にまとわりついて、どこまでもついてきます。
ほかの猫には素早い猫パンチの連打をお見舞いしたりしますが、
爪は出していないようです。
スプレー行動がみられます。
この子もだっこ嫌いです。





C15-2-500.jpg

C-15:猫パンチを浴びているのはこの子です。
じっと我慢していた甲斐があって、
最近は、C-14が毛づくろいをしてくれたりします。
ともに飼い猫でしたが、去勢・ワクチン接種はなく、トイレは大丈夫です。




C16_23-500.jpg

c16:オスの若い黒猫、c23:若い黒猫

おとなしくて、ゴロゴロスリスリなのがC-16。
警戒強くて、最近までさわらせてくれなかったのがC-23。
そっくりで、黙ってるとどっちがどっちだかわかりません。
たぶん、兄弟。オス同士でべたべたしています。
ともに飼い猫でしたが、去勢・ワクチンなし。トイレOK。
C-16はスプレー行動が見られます。





C17_22-2-500.jpg

メス・C17若いメスの黒猫、C22キジトラは譲渡になりました!

C-17は最初は怖がっていましたが、今ではスリスリして人なつこくなりました。
発情が来ているかもしれません。
飼い猫でしたが、避妊・ワクチンなし。トイレOK。




C20-500.jpg

c20

C21-500.jpg

c21

共にキジトラのオス。

大きな猫たちです。そっくりで、見分けがつかない……わけでもありません。
C-20は左ほっぺの模様がぼやけていて、C-21は鼻の頭が白いです。
どっちもよく食べるスリゴロです。
ともに飼い猫でしたが、去勢・ワクチンなし。トイレOK。




C24-500.jpg

c24、オスのキジトラ猫。

大きい猫で、20,21の兄弟かもしれません。同じようによく食べます。




c25-500.jpg

C-25、オスの黒猫。

C25は、最初は硬直していて飲まず食わずでしたが、
三日ぐらいで空腹に負けました。
ともに飼い猫でしたが、去勢・ワクチンなし。トイレOK。




C26_27-500.jpg

右:C-26オス、若いキジトラ猫、 左:C-27メス、若いキジトラ猫。

C27のほうが小さいです。よく動き回ります。
ずっと固まったままです。
食事もトイレも人が見ていないときに済ませます。

オス・メスなので、今は別々のケージにいます。
ともに飼い猫でしたが、去勢・避妊・ワクチンなし。トイレOK。




c1-4-500.jpg

5月31日収容期限だった、こげ茶の若いメス。

恐がりな性格ですが、じゃれたり甘えたりしてくれます。
高いところは苦手。
だっこしようとすると、必死に逃げて隠れます。
不思議な毛色の子です。ブラウン・タビーでしょうか?

保護当初は、痩せて風邪の症状がありましたが、
抗生剤の投与で大分良くなりました。食欲も旺盛です。
流産してしまいましたが、元気にしています。

収容から1か月ですが、新しい飼い主さんが見つかりそうで、
この子は譲渡会には出ないそうです。

以上11頭が行き場を失っています。

終生飼養は飼い主の義務ですが、不妊を怠ったばかりに増え放題になり
結果飼育出来なくこうして保健所に放棄収容された訳ですが、
こうした無責任な飼い主がいなくならない限り、
動物たちの命は崖ぶちに立たされるのは本当に理不尽です!

しかしご担当の行政職員の皆さまは休日返上で譲渡会を開催し、
1頭でも多くの命が繋がるよう必死で努力してくださっています。

今度の6月4日の日曜日はお近くの方、
興味、関心のある方はぜひ譲渡会に行かれてみてください。
また情報の拡散やシェアもよろしくお願いいたします!


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:47 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティアさん便り しっぽの会の保護ワン 青斗


青斗は2年前の2015年1月、釧路保健所から引取りした推定15〜17歳のオスの柴犬です。

保健所に収容された時は厳寒の季節。
氷点下気温のこの時期に無事に保護されたことが何よりもの救いでした。

頭が斜頸していて神経症状がありますが、
スタッフにもボランティアさんにも青斗に癒しを貰っています(*^_^*)

かなりの高齢ですがお散歩も好きですよ♪

ボランティアさんがお散歩の様子をお知らせくだしました!♫



03.jpg

タイミング良く起きていたのでお外へGo!





02.jpg

草花の所まで抱いて移動し、青ちゃんペースで過ごしました。

瞳がとてもキレイで、お花がよく似合います。




01.jpg

雨続きの後だったので、太陽パワーをいっぱいチャージ☆


***********************************************
ボランティアさんご報告ありがとうございます。

年による健康上の問題はありますが、
穏やかで人が大好きな甘えん坊の青斗ですから、
最期を温かなご家族と暮らせたら幸いです。

飼い主さん募集 青斗
http://shippo-dog.seesaa.net/article/412552696.html


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


タグ:里親
posted by しっぽの会 at 01:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする