2015年10月15日

10月15日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の福移支所には犬11頭と成猫37頭、子猫16頭が収容されていました。

先週と比べると、犬が迷子、放棄とも増えています。
また、猫の収容数も変わらず多くなっています。



98.jpg

収容犬98、10月7日、西区西野4条4丁目で保護された黒のダックスフンドのオス。

赤い首輪、青いリードをつけていましたが、飼い主の迎えはなく、
迷子期限は明日迄となりました。

性格は少し怖がりなようですが、慣れてくれば甘えてくれそうです。





99.jpg

収容犬99、10月7日、西区発寒10条5丁目で保護された黒茶のミニチュアダックスのメス。

首輪はつけていませんでした。

懐こく甘えん坊な子でした。

収容期限は明日、16日(金)です。





100.jpg

収容犬100、10月8日、白石区東米里の高速道路の米里インターチェンジで保護された
薄茶のミニチュアダックスのオスは下記の2頭と一緒に
ダンボールに入れられ遺棄されていました。

インターチェンジで遺棄するとは、計画的で大胆な犯行です!!

命を粗末に扱う人間には憤ります!

収容期限は明日、10月19日(金)です。





101.jpg

収容犬101、10月8日、白石区東米里の高速道路の米里インターチェンジで保護された
黒のミニチュアダックスのメスは上記と下記と一緒にダンボールに入れられ遺棄されていました。

収容期限は明日、10月19日(金)です。





102.jpg

収容犬102、10月8日、白石区東米里の高速道路の米里インターチェンジで保護された
茶のミニチュアダックスのメスは上記2頭と一緒にダンボールに入れられ遺棄されていました。

収容期限は明日、10月19日(金)です。






127.jpg

お世話している職員さんに甘える小型犬たち・・・

皆、人の温かさと優しさを求め、争うように膝の上に乗っていました。

こんなに純粋で無垢な動物たちを平気で裏切る飼い主に、憤りとやるせなさが募ります。





008.jpg

収容犬103、10月15日、中央区南8条西12丁目で保護された茶白のチワワのメス。

今日、収容されたばかりで他の小型犬を背にし、小刻みに震えていました。

首輪はつけていませんでした・・・どうか飼い主さんのお迎えがありますように。

収容期限は10月23日(金)です。





104.jpg

収容犬104、10月15日、北区篠路町拓北で保護された茶のミックス犬のメス。

本日収容され、慣れない環境に落ち込んでゴハンも食べれずにいました。

赤い首輪をつけた太めの子です。

収容期限は10月23日(金)です。





100601.jpg

収容犬100601、14歳で放棄された黒のシュナウザー系のオス。

とても人好きで、穏やかな良い子です。

動物愛護推進員さんにトリミングしていただいたそうで、
先週よりずっと可愛らしくなっていました!





100901.jpg

収容犬100901、8歳で下記のパピヨンと一緒に放棄された白茶のパピヨンのメス。

他の犬とも仲良くできる甘えん坊の懐こい子です。





10092.jpg

収容犬100902、10歳で上記のパピヨンと一緒に放棄された白茶のパピヨンのオス。

環境が変わって少しおびえてますが、元はやんちゃな子とのこと。

一緒に放棄されたパピヨンと色違いのお揃いのニットを着ていました。
可愛がって貰っていただろうに、放棄されたことが残念でなりません。





073001.jpg

収容犬073001、11歳のミックス犬のオスのアラシは咬むからと放棄されました。

散歩に出してもらえるようになってからは、めきめきと状況が良くなっています。

いつもは職員さん以外は吠えるのに、顔も覚え気持ちに余裕が出来たからか穏やかでした。

お散歩の時は、リードをつけるまでオスワリして待ち、
お散歩から戻り犬舎に入る際も、自ら座ってリードを外されるまで大人しくしているそうです。

心を開き初め人を信じる気になったのでしょう。

譲渡開始にはもう少し時間がかかりそうですが、職員さんもアラシも頑張っています!






81.jpg

収容猫F81、推定5〜8歳 の黒猫のオス。

人を見ると呼ぶように鳴いてかわいい子です。
長くなっています・・・出会いがありますように。




90.jpg

収容猫F90、推定8〜10歳のキジトラのオス。

緊張も少しずつ取れてきました。




91.jpg

収容猫F91、推定8〜10歳のキジトラのメス。

怯えた様子はなくなりました。





119.jpg

収容猫F119、推定4〜6歳の黒茶のオス。

慣れない来たのか、少しリラックスしているようでした。





120.jpg

収容猫F120、推定1〜2歳の白黒茶のメス。

今日は隠れないで顔を見せてくれました。





134.jpg

収容猫F134、推定3〜5歳の灰黒のメス。

人慣れした可愛い子です。





148.jpg

収容猫F148、推定3〜5歳の薄茶黒の去勢オス。

慣れない環境に少し戸惑っているようです。
人には慣れていますが気分屋さんだそうです。





152.jpg

収容猫F152、推定1歳の灰黒のメス。

ケージから出して欲しそうに大きな声で鳴いていました。
人に慣れている子です。




153.155.jpg

収容猫F153、F155。

推定1歳の白黒のメス2頭。

2頭とも人に慣れています。





156.jpg

収容猫F156、推定3歳の白茶黒のオス。

ミャーミャー大きな声で甘えるように鳴いていました。

大変人慣れしています。




158.jpg

収容猫F158、推定3歳の灰黒のメス。

慣れない環境に怯えて固まっていました。





031701.jpg

収容猫F031701、推定5歳前後の白黒茶の去勢オス。

もともとは飼い主のいない猫で、近所の方に餌をもらっていました。

慣れてきて可愛くなってきました。





070601.jpg

収容猫F070601、推定3歳前後の白黒茶のメス。

この子も、もともと飼い主のいない猫で、近所の方に餌をもらっていました。

穏やかな表情になってきました。





≪以下の猫たちは、警戒心が強く人慣れしていない子たちです。
殆どが、飼い主のいない猫(野良猫)と思われますが、皆、毎日を必死で生きてきました。
人と生活することで幸せな家族になれますよう、ご協力をお願いいたします。≫


8.jpg

F8、黒猫の去勢オス





21.jpg

F21、キジトラ白の去勢オス





42.jpg

F42、灰白のオス




50.jpg

F50、キジトラのメス




54.jpg

F54、黒猫のメス





59.jpg

F59 去勢オス





61.jpg

F61 去勢オス




66.jpg

F66 避妊メス




75.jpg

F75 メス





102 (2).jpg

F102 オス





103.jpg

F103、メス





104.1017.jpg

F104 メス(左)、F107 メス(右)




118.jpg

F118、オス





161.jpg

161




289.290.jpg

289、290





koneko.jpg

子猫は16頭収容されていました。

寒くなって野良猫たちには厳しい季節がやってきました。
厳しい寒さの北海道で、生き抜ける野良猫はほんの少しです。




246.jpg

K246、生後2〜3か月の黒茶のオス。

まだ人を怖がりますので、ゆっくり仲良くなってください。


270.jpg

K270、生後4か月齢くらいの白のオス。

この子もまだ人を怖がっていますので、ゆっくり仲良くなってください。




282-2.jpg

K282-2、生後6か月くらいの茶黒のオス。

人馴れはこれからですが子猫ですので順応性が高いです。





hisametyan.jpg

帰り際、7歳の愛犬を亡くされ、火葬に見えたご家族にお会いしました。


dok0151.jpg

お話を伺うと、何と2008年11月に2か月の子犬で当会を卒業した秀ちゃん(旧:ひさめ)でした。

秀ちゃんを迎えられた後、2人のお子さまが生まれ、秀ちゃんはお兄ちゃん代わりになって
面倒を良く看てくれていたそうです。

家族の大切な一員として唯一無二の存在でした。

急死の原因は心筋梗塞か脳溢血か病因は不明ですが、
突然、秀ちゃんを失ったご家族の悲しみは言葉では言い尽くせません。

皆さんが大粒の涙を流されていましたが、
7年間の月日でしたが、秀ちゃんは本当に幸せな子だったと思います。

秀ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。





****************************************************

飼い主募集でSOS発信していました空知総合振興局の16歳で放棄されたミックス犬や
上川保健所の3頭の猫、江差保健所の黒の子猫には出会いがありました!!

お迎えくださった飼い主さま、情報拡散、シェアしてくださった皆さま、
ご協力本当にありがとうございました!


10.09monbetu.jpg

紋別保健所には、成猫2頭、子猫8頭が収容されています。

母猫と推定1か月半子猫3頭は迷子で収容されましたが、出会いもありません。
母親はおとなしく少し甘えん坊です。

また、子猫はドライフードを食べ、トイレの猫砂しつけは出来ています。
キジトラの母猫と推定1か月子猫(性別不明)は母親はおとなしく少し甘えん坊です。

子猫は離乳中で、トイレの猫砂しつけは出来ています。

親子猫たちの収容期限は14日でした!

また、推定1か月子猫4頭(性別不明)は、みんな元気に飛び回っています。
食事はドライフードを食べることができ、トイレも猫砂でできます。
収容期限が9日でした! 

どうか家族になれますよう、皆様のご協力お願いします!

紋別保健所:0158-23-3108
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm





10.13sorati.jpg

高齢になって放棄された16歳のミックス犬には出会いがありました!

空知総合振興局管内の保健所では、犬1頭と8頭の猫が出会いを待っています。

由仁保健所のミックス犬は放浪していたところを保護されましたが、
現在は元気いっぱいです!

深川保健所の猫たちも収容が長くなっていますし、
滝川保健所に収容されている猫も出会いがないままです。

岩見沢保健所収容の推定2〜3か月のオスの子猫は
骨折の手術も終えて保健所で出会いを待っています。

皆、家族になれる日を待っています。
お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

空知総合振興局:0126-20-0045 
岩見沢保健所:0126-20-0125
深川保健所:0164-22-1421 
滝川保健所:0125-24-6201

http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm





10.14oho-tuku.jpg

網走保健所には、成猫3頭、子猫1頭、紋別保健所には親子猫2組、子猫3頭、
北見保健所には飼い主に放棄された成猫2頭の合計13頭が収容されています。

それぞれが人間に翻弄され行き場を失いました。
皆いい子ですが頭数も多くなりなかなか出会いがありません!

オホーツク総合振興局さまは、命を繋ぐため懸命に努力しておられますが、
地方ということもあり受け入れが少なく、皆さまのお力が必要です!
どうか家族になれますよう、お迎え入れや皆様のシェア、情報拡散のご協力お願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632 
網走保健所:0152-41-0701 
紋別保健所:0158-23-3108 
北見保健所:0157-24-4171

http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsu-kainushisagashi.htm





10.15rumoi.jpg

留萌保健所には、飼い主に放棄された推定3歳のオス猫と
当初親子で収容されていた子猫が1頭行き場を失っています。
成猫は元の飼い主さんに愛情たっぷり育てられていたようで、人懐こく甘えん坊な子です。
しっぽに怪我をしていましたが、通院して回復してきました。

また、子猫は母猫ときょうだいで空家で生きていました。
保護され母猫ときょうだいには出会いがありましたが、この子だけまだ出会いがありません!
トイレも上手に出来ますし、元気いっぱい甘えん坊で寂しがり屋です。

幸せになりたいのはどの子も同じです・・・ どうか生きるチャンスを与えてください!
お迎え入れや情報の拡散をお願いいたします!

留萌保健所:0164-42-8332
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/…/atarashi…/syasin4.pdf


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html



posted by しっぽの会 at 21:48 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする