2015年09月10日

9月10日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の福移支所には犬3頭と成猫35頭、子猫22頭が収容されていました。

成猫の譲渡が少し進んだのと、ミニチュアダックスとパピヨンには出会いがありました!

今週の土曜日、9月12日(土)は、札幌市動物管理センター土曜開庁です。

休日の犬猫飼い主さがし事業では、
動物管理センターに収容されている犬猫を譲り受けることが可能です。

日時
平成27年9月12日(土) 10時00分〜12時00分

場所
動物管理センター福移支所(札幌市北区篠路町福移156番地)

【犬猫を譲り受ける際に必要なもの】
・住所、氏名が確認できる身分証明書
・犬猫を連れて帰るためのケージ等
札幌市・内にお住まいの方が、犬を譲り受ける場合は、登録手数料3,200円

新たな出会いを待っている子たちに、
救いの手を差し伸べていただけたらこんなに嬉しいことはありません。



027.jpg

収容犬89、9月7日に手稲区手稲前田591番地で保護されたミニチュアピンシャーのオス。

人懐こく人恋しそうにしていました。
飼い主さんのお迎えがありますように・・・。

収容期限は9月16日(水)です。





036.jpg

収容犬082701、先月飼い主に放棄された7歳のトイプードル×シーズーのミックス犬のオス。

職員さんには慣れていますが、慣れない人には吠えることが多く、
元気はいっぱいのようです。

根は甘えん坊のようです。





029.jpg

収容犬073001、11歳のミックス犬のオスは咬むからと放棄されました。

これまで緊張しているせいか座った姿は見たことがなかったのですが、
今日はフセをしてリラックスした姿も見せるようになって来ました。

環境や人に慣れるにはまだまだ時間が必要ですので、譲渡対象日は未定です。





071.jpg

先週より少しだけなっていましたが、子猫は22頭収容され、
これから多数頭の子猫の収容も予定されているとか・・・

春の終わりに生まれた大きくなった子猫と夏生まれの小さな子猫がいました。





69.jpg

収容猫F69、推定5〜8歳の白黒のオス。

ぐっすり眠っていました。

まだ警戒心はありますが、徐々に慣れてきています。




74.jpg

収容猫F74、推定8〜10歳の白黒のメス。

なかなか縁がありませんが、身体も小さめでかわいい子です。

元々は首輪をつけていたので飼い猫だったようです。





81.jpg

収容猫F81、推定5〜8歳 の黒猫のオス。

リラックスして寝ていましたが、徐々に慣れてきました。




89.jpg

収容猫F89、推定5〜8歳の黒灰のメス。

少しずつですが、甘えてくるようになりました。





90.jpg

収容猫F90、推定8〜10歳のキジトラのオス。

厳つい顔をしていますが臆病な子ですから、
時間をかけて仲良くなってくださる方との出会いを待っています。





91.jpg

収容猫F91、推定8〜10歳のキジトラのメス。

慣れない環境に戸惑っていましたが、すっかり慣れたとのこと。

ただ、少し気難しいところがあるそうですので、猫の飼育に慣れた方が向いているようです。





101.jpg

収容猫F101、推定5〜8歳の白のオス。

今日は眠たそうで、動きがありませんでしたが、人懐こく穏やかな本当にいい子です。





030602.jpg

収容猫F030602、推定5歳前後の黒猫のオス。

飼い猫でしたが、環境に慣れるまで時間がかかりました。

食いしん坊なので餌につられて寄って来るようになりました。





031701.jpg

収容猫F031701、推定5歳前後の白黒茶の去勢オス。

もともとは飼い主のいない猫で、近所の方に餌をもらっていました。

少しずつ慣れてきてリラックスした姿が見れるようになりました。




0701.jpg

07012.jpg

07013.jpg

07014.jpg

07015.jpg

収容猫F0701、多頭飼育で放棄された21頭の猫たちは、オス5頭になりました。

人馴れした食いしん坊さんです。





057.jpg

収容猫F070601、推定3歳前後の白黒茶のメス。

この子も、もともと飼い主のいない猫で、近所の方に餌をもらっていました。

人と生活するにはもう少し時間がかかりそうです。

ゆっくりと時間をかけお世話してくださる飼い主さんを募集しています。






≪以下の猫たちは、警戒心が強く人慣れしていない子たちです。
殆どが、飼い主のいない猫(野良猫)と思われますが、皆、毎日を必死で生きてきました。
人と生活することで、幸せな家族になれますよう、ご協力をお願いいたします。≫


8.jpg

F8、黒猫の去勢オス





21.jpg

F21、キジトラ白の去勢オス





42.jpg

F42、灰白のオス





46.jpg

F46、サビ猫のメス





49.jpg

F49、キジトラのメス





50.jpg

F50、キジトラのメス





54.jpg

F54、黒猫のメス





F59 オス(去勢済み)





246.jpg

F61 オス(去勢済み)






66.jpg

F66 メス(避妊済み)




75.jpg

F75 メス




96.jpg

F96 オス





102.jpg

F102 オス





103.jpg

F103 メス





104.jpg

F104 メス




107.jpg

F107 メス





114.jpg

F114 メス





9.02takikawa2s.jpg

飼い主が亡くなり、7月14日に犬3頭と猫5頭で
滝川保健所に放棄された推定8歳のミニチュアダックスのオス。
仲間が次々と貰われて行く中、この子は慣れない人には唸ったり咬む仕草をするため、
様子を観察するため譲渡対象から外れました。
しかし、普段お世話してくれる職員さんには懐いて、
お腹を見せて甘え心を許しています。
迷子犬が収容され犬舎も狭くなってきたことや出会いも
期待できないとこれ以上の収容延長が難しくなってきました。
リーダーシップを取って愛情を持って接していただければ、
きっといい家族になれるはず・・・
幸せになりたいのはどの子も同じです。
お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

収容期限は9月14日迄です!

滝川保健所 0125-24-6201
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/kannkyo/kainushi270909.pdf





9.07rumoi.jpg

空き家で保護された親子猫や推定1か月未満の子猫など
留萌保健所には12頭の猫が収容されています。
人間の都合で行き場を失った猫たちですが、
どうか命が繋がっていきますよう皆様のご協力をお願いいたします!
幸せになりたいのはどの子も同じです。
お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

留萌保健所 0164-42-8436
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/…/atarashi…/syasin4.pdf





9.07urakawa.jpg

浦河保健所には、遺棄された推定2〜3か月の子猫が
12匹収容され、3頭は予約になりましたが、
9頭(サビのメス、キジトラのメス、ブチのオス1とメス1、
黒のオス2とメス3)の行き場がありません。
皆、人懐こく飼い猫だったと思われ、数が多いことから、
おそらく複数の親猫から産まれたと思われます。
動物の遺棄は犯罪です!
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・
どうか生きるチャンスを与えてください!
お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

浦河保健所:0146-22-3071
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/…/k…/doubutuaigokannri.





9.9kitami.jpg

北見保健所に収容されている推定10歳くらいの柴系のオスは、
収容期限が明日になりました!
一度譲渡されましたが、飼い主さんの入院で再び保健所に放棄されました。
子犬や子猫が次々に収容されていることから、
縁がない場合はこれ以上の延長はされないとのことです!
性格は大人しくて穏やかな子です!
寂しそうに鳴くことから周辺への配慮が必要なのと、
白内障がありますが、光は感じているようですし、
散歩の引きもなくペースに合わせ上手にします!
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・ どうか生きるチャンスを与えてください!
新たに犬と暮らしてみたい方、
保護して次の飼い主さんい繋いでくださる方はいらっしゃいませんか?
情報の拡散やシェアもお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/…/…/inunekobosyuu.htm

収容期限は9月10日迄でした!





9.10souya.jpg

稚内保健所には、稚内市内で保護された
推定2歳の茶トラのオスと推定2歳の灰猫のオスが収容され、
浜頓別支所には推定1〜2歳のサバトラのオスが収容されています。
灰猫はキャリーに入れられ遺棄されていました。
また、茶トラとサバトラはダニが付いて衰弱した状態で保護されました。
長らく彷徨っていたようです。
稚内保健所の2頭は10日迄、浜頓別支所は16日迄と期限の延長はありません!
3頭とも人懐こくいい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・どうか生きるチャンスを与えてください!
お迎え入れや情報の拡散をお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922 
hhttp://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆
 http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html




posted by しっぽの会 at 21:17 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする