2015年09月06日

9/6 北海道新聞 円山動物園専門性向上へ変革急務


15.09.06dousins.jpg

9月6日の北海道新聞朝刊社会面に、札幌市円山動物園の記事が掲載されていました。

コツメカワウソ、マレーグマ、グラントシマウマ、マサイキリンと4か月の間に
動物の急死が相次いだ円山動物園は、飼育管理体制等、運営の変革の必要を迫られています。

同園は、2005年には49万人まで入園者数が降下し、
その後、旭川の旭山動物園に追いつけ追い越せと、
年間100万人の来園者を目標に、2014年度は87万人まで増加しました。
しかし、その一方で、正職員の飼育員は10年前と同じ20人だそうです。

来夏には新施設「アフリカゾーン」が全面オープン、3年後の2018年秋には
ミャンマーからアジアゾウの導入が予定されています。

記事中の旭山動物園の坂東元(げん)園長の以下の言葉が印象的です。
「数字が目標になると、動物が(目標到達への)道具に変わってしまう怖さがある。
動物が生き生きと暮らせるような仕事に徹し、来園者に還元する姿勢が大切だ」


札幌市動物管理センターは8月21日、
繁殖を含む管理体制など組織全般に問題があるとして同園に対し、
動物愛護管理法に基づく改善勧告を行い、提出期限の8月28日、
同センターに改善計画が提出され、今月9月30日までに同センターに改善報告される予定です。



タグ:円山動物園
posted by しっぽの会 at 20:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/4 紋別保健所から犬1頭・猫3頭を引取りしました


001.jpg

9月3日の深夜、紋別保健所に放棄された犬猫の引き取りに向かったスタッフ。

朝霧に包まれた紋別市の酪農家はの牛舎には既に灯りがついており、
これから牛を放牧するようでした。

この後、スタッフは仮眠を取ってから、紋別保健所へと向かい、犬1頭と猫3頭を引き取りました。





01.jpg

推定10歳の柴犬?のメス。

引き取り後、当会のかかりつけの病院で診察しましたが、
皮膚の状態が酷く検査し、飲み薬で様子見することになりました。

また、胸にはイボのような乳腺腫のようなデキモノがあり、
必要あれば避妊手術時に切除することになりました。





02.jpg

推定6〜7歳の白猫。

3頭の猫の中では一番体格がいいのですが、全体的に歯肉炎がありました。





03.jpg

推定5歳のよも白のメス。

体重も2.7キロしかなく痩せていて、
重度の歯肉炎と猫風邪もひいていて脱水もあり、口内の治療と皮下点滴しました。

左目は白濁しており生まれつきのようですが、見えているようです。





04.jpg

黒猫のオスは、推定11歳、もしエイズ感染症なら推定8〜9歳とのことでした。

耳裏が皮膚炎のようになっていました。

また、よだれ、鼻水が酷く、重度の口内炎で歯肉炎が続きデキモノになったようで、
飲み薬で様子をみることになりました。


切なくなってしまう可哀想な4匹ですが、
「動物愛護管理法の第6章・罰則」では、動物虐待の罰則が設けられ、
以下のように記載されています。

動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、
正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、
必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、
充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。(環境省)



タグ:紋別保健所
posted by しっぽの会 at 12:10 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★今週のしっぽニャンコ~ トバ編 ~★

toba8.jpg

猫 トバ 猫

こんにちは、ぼくトバ!

ぼくは釧路市内で交通事故にあって
負傷猫として釧路保健所に収容されて
今年の5月にしっぽに来たよひらめき

病院の診察によると左前肘関節、骨盤の骨折・左股関節脱臼
腰椎圧迫骨折の捻じれが確認されたんだ。

だけど大事故に遭ったにもかかわらずヘルニアは無く
排泄も問題なくできていることと元気・食欲もあること、
見た目は歩きづらそうでも ぼく自身はあまり違和感なく
生活できているということで特に手術はせずに
普段の生活の様子を見ていくことになったのひらめき



toba3.jpg

左前足は踏ん張りがきかないから
歩いていると肘まで地面に着いちゃうんだけど
スイスイ歩けるし・・



toba7.jpg

オリャーーーexclamation



toba6.jpg

って他のニャンコと同じように高い所にも上れちゃうんだぴかぴか(新しい)

スゴイでしょ?

推定年齢は4〜6歳だから、まだまだ若いよ★



toba10.jpg

ぼくたちソックリだけど、ぼくは右のニャンコだよexclamation

身体は真っ黒でも胸に白い毛があるのがチャームポイントるんるん

他のニャンコはまだちょっと苦手かな・・

挨拶は出来るけど怖くなると小さい声で唸っちゃうんだ・・たらーっ(汗)

ぼく、今まで他のニャンコと過ごしたことがないから
慣れるまでには少し時間が掛かるかもしれないけど
距離を保ちながら少しずつ一緒にいる時間を増やしてもらえれば
いつかニャンコとも仲良くできるかもしれないにゃあ〜揺れるハート



toba5.jpg

人はとっても大好き!

撫でられることが大好きなんだグッド(上向き矢印)

しっぽに来た当初は環境が変わって
威嚇したりしちゃったけど、今はスリスリごろごろの甘えん坊★

たまに甘噛みもしちゃうけど大目に見てねっ揺れるハート

ぼく、悲しいことに猫エイズの感染症もあるの・・。

だからケージから出て遊ぶときは猫エイズのお部屋で遊ぶんだひらめき



toba2.jpg

まだ抱っこされることは苦手なんだけど
ぼく自分からキャリーケースに入るお利口さんだから
移動の時や病院に行く時なんかは簡単に連れて行けるよ手(チョキ)



toba.jpg

お利口に出来たら ちゃんと褒めてほしいのかわいい

ぼく褒めてもらうのだ〜い好きぴかぴか(新しい)



toba4.jpg

他のニャンコに比べるとハンデの多いぼくだから
なかなか出会いがないけど、たくさん甘えられて
大切な家族として一緒に暮らしてくれる飼い主さんに
早く出会えると良いにゃあ〜〜猫

ぼくにも ぜひ会いに来てね晴れ

よろしくお願いしますm(__)m


今週のしっぽニャンコ~ トバ編 ~でした!

次回はワンコの紹介予定です犬

お楽しみに〜(^^)/




タグ: 里親
posted by しっぽの会 at 01:58 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする