2015年03月19日

3月19日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の札幌市動物管理センター福移支所には、犬4匹、猫15匹が収容されていました。

今日、近所からの苦情でこのまま餌付け出来なくなったと、
泣く泣く野良猫が放棄されました。

野良猫でも餌を与え続けることで飼い主とみなし、飼い主放棄となります。

可哀想と餌付けするだけではかえって不幸な命を増やしてしまいます。

目の前にいるお腹を空かした行き場のない野良猫に餌を与えたい優しい気持ちは分かるのですが、
残念ながらそれでは目先のことに執着するだけで、問題の解決にはならず、
むしろ問題を大きくしてしまうことになりかねません。

こうした場合は地域猫の考え方が有効です。
ぜひ以下の地域猫のページをご覧ください。
http://shippo.or.jp/tiikineko.html

嬉しいご報告は、放棄された皮膚病のある9歳の柴犬のチコちゃんと
飼い主の入院で放棄され、心臓病で余命宣告を受けていたチワワ系のスバルくんが
本日どちらもご理解ある優しい飼い主さまとのご縁がありました!!

迎えてくださった飼い主さま、本当にありがとうございます!!
どうかこれからの日々を幸せに過ごしてね☆

捨てるのも人、救うのも人・・・
高齢化社会、核家族化、コミュニティが希薄になっている現代社会ですが、
普段の暮らしでも様々な共助、支える仕組みが必要な時代になっています。





025.jpg

収容犬91、推定8歳の北海道犬のオスは、今日もベランダで過ごし、
夕方犬舎に戻ってぐっすり眠るそうです。

今日もしっかり番犬をしていました。





039.jpg

収容犬150、推定6歳前後の柴犬の去勢オス。

職員さんが犬舎に入って嬉しそうです。

カメラ目線でばっちり決めてくれました(笑)





044.jpg

その後、職員さんの顔をペロペロ、ペロペロ、何度も舐めていました。

昨年の11月22日に収容されてから4ヵ月・・・
札幌市動物管理センターは、諦めず、出来る限り長期収容することで、
譲渡に繋がるよう努力されています。

仮名ゴンは、気難しく、なかなか心を開いてくれませんでしたが、
今日初めて顔を舐めました!

信頼関係ができれば、いい家族になってくれそうです。





038.jpg

収容犬181、シーズーの去勢オスは、四肢が湾曲していて、
立ち上がるのも歩くのも不自由そうです。

右目は萎縮しているので見えていません。

食欲はありますが、ほとんど寝て過ごしています。

ご理解ある温かな家族の一員になりますように。





088.jpg

飼い主の死亡により放棄された8歳のプードルのオス。

人懐こく落ち着いたとてもかわいい子ですが、
遺伝性の先天的な脱毛症のようで顔と四肢以外は毛がありません。





086.jpg

面会や問い合わせはありますが、脱毛がネックとなりご縁が生まれません。

もしかすると去勢手術をすることで、
ホルモンの影響で良くなる可能性もあるとのことでした。

他に健康上の問題はないようですから、
ご理解のうえお迎えくださる方をお待ちしています。





063.jpg

F031901、放棄された8歳の避妊メス。

シャイなようですが人は好きなようです。





057.jpg

収容猫127、推定8歳前後の白黒のメス。

臆病で環境に馴染めず、時間が経過していますが、
緊張しつつも身体を触らせてくれるようになりました♪





050.jpg

収容猫F165、推定5〜8歳の黒猫のメス。

警戒していますが、人慣れはしていて、身体も触らせてくれるようになりました。





052.jpg

収容猫F105、推定4〜6歳の白のメスは、昨年の9月から収容されています。

予備室の狭いケージから三段ケージに移動し、
今週は猫部屋のステンレスのきれいなケージに移動しました!

用意万端、出会いを待っています!




047.jpg

収容猫F177、推定5〜8歳の黒猫の去勢オス。

ケージに入れられ、豊平警察経由でセンターに収容されましたが、遺棄されたようでした。

人に慣れていますが、まだ少し環境には慣れていないようです。

出会いがありますように。





068.jpg

収容猫F176、推定8〜10歳の白黒猫のメス。

人に慣れていますが、甘えてくるタイプではありません。

普段は寝ていることが多いそうですが、人を呼ぶように鳴くことがあるそうです。





085.jpg

迷子期限が切れたキジトラ猫です。





≪予備室で経過を観察しながら出会いを待つ猫たち≫

080.jpg

F142、キジトラ白の子も収容が長くなっています。

近づくとキリッとスイッチが入りますが、もうシャーと言われなくなりました!





079.jpg

F171、2月13日、北区屯田で保護された白黒猫のオス。

元気はなさそうに見えますが、食欲があってすっかり太りました!




074.jpg

F030301、飼い主の入院により面倒を看て貰える人がいないと14歳で放棄された去勢オス。

放棄時は警戒し興奮して声も手も出ていましたが、ここ数日体調を崩していました。

14歳と高齢なうえ、肥満体質で内臓にも負担がかかっていたのでしょう。

環境の変化で気を張っていましたが、ガクッと来たようです。

ペットヒーターを入れ養生してもらっていました。





077.jpg

F134、昨年11月18日から収容されています。

まだ臆病ですが、攻撃したりしませんし、夜は一人運動会をしているようで、
朝、かけてある毛布が落ちているそうです(笑)

この子もありがたいことに長期収容で命が繋がっています!





076.jpg

収容猫F92、推定3〜5歳の黒茶のオス。

触ろうとすると緊張して立ち上がりますが、でも大人しく撫でさせてくれます。

ゆっくりと向き合ってくれる方と出会えますように・・・





082.jpg

F031701、近所からの苦情で餌付け出来なくなったと放棄されました。

野良生活をしていましたが、身体も触れますから、
環境に慣れてくれれば出会いがあるかもしれません。

餌付けするなら、不妊手術も行うことが大切です。

そうすることで、一代限りの命を全うさせることが出来ます。





2-(3).jpg

北斗市役所に1月22日に収容されたミックス犬のメスは、
北斗市追分3丁目3番地付近で保護されました。
迷子でしたが、飼い主の迎えはなく、出会いもありません。

色のあせた首輪を付け、痩せています。大人しい子です。
北斗市の犬の収容場所はゴミ処理場の一角にあります。
暖かなお家で家族に迎えていただけたらと願っています。

幸せになりたいのはどの子も同じです。
どうか生きるチャンスを与えてください!

北斗市役所:電話:0138-73-3111 内線122
http://www.city.hokuto.hokkaido.jp/modules/life/content0020.html





3.12yuni.jpg

由仁保健所に収容されている10歳のオスは飼い主が施設に入所することとなり、
新しい飼い主を探していましたが見つからず、放棄されました。
山の中の家で番犬として外飼いされていましたが、
臆病な性格のためか、慣れない人にはうなり声を上げてしまうことがあります。
一見、シェパード風な感じですが、和犬の気質で誰にでも懐くと言うより、
飼い主に従順なタイプの子です。
飼い主が何度か噛まれたとの話もありましたが、
保護後約2ヶ月が経過していますが、そのようなことはありません。
かまって欲しくて吠えることがありますが、散歩も上手にできますし、
餌やりや散歩などの世話をすることで懐いてくれる子です。
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・
家族になれますよう皆様のご協力をお願いいたします!

由仁保健所:0123-83-2221 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm





3.16iwanai.jpg

岩内保健所には飼い主に放棄された3匹の親子犬が収容されています。
飼い主さんが亡くなり保健所に連れて来られましたが、
その後貰われたブッチも、新たな飼い主さんが入院することになり再放棄されました。
行き場を失った3匹・・・全匹ともいい子揃いですが、
問い合わせはあったものの出会いはありません。
食欲もあってお散歩も大好き!フユコは控えめですが、
ブッチとタローはアイコンタクトも取れます!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ最期まで一緒に暮らせる飼い主さんを募集しています。
一匹でも家族となり、幸せになれるよう、
皆様のご協力、情報拡散をよろしくお願いいたします!

岩内保健所:0135-62-1537
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





3.17kusiro.jpg

釧路保健所に収容されている飼い主募集の3匹のミックス犬。
全匹迷子でしたが、飼い主のお迎えも、
新たな出会いもありません!3匹とも、性格が良く、
甘えん坊で人懐こく、人もお散歩も大好きな元気な子たちです。
釧路保健所では、この後、犬の収容が増える予定で
収容場所が限られてきました!
また、推定6ヵ月の2匹の子猫にも出会いがありません・・・
幸せになりたいのはどの子も同じはず。
一匹でも多くの子が家族に迎えられますよう
皆様のご協力をお願いいたします!!
お迎えの検討や情報拡散、シェアしていただけたら幸いです。

釧路総合振興局:0154-43-9155  釧路保健所:0154-22-1233 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





3.18asahikawa.jpg

旭川市動物愛護センターあにまあるでは、犬の迷子・放棄の収容は10匹程で推移、
2012年9月に郊外から市の中心部に移転してから、犬の殺処分ゼロを更新している
全国でも優秀な動物愛護センターです。
しかし、3月3日、多頭飼育放棄犬の一部、メス6匹が第一陣で収容、12日4匹(メス)、
16日6匹(メス5・オス1)、17日1匹(メス)が収容されました!
成犬17匹収容のうち1匹が貰われましたが、現場にはまだ30数匹の犬がいます!
収容スペースにも最大で26匹と限りがあります!
犬たちは、臆病ですが人には慣れています!
あにまあるでは順次不妊手術し、飼い主事前講習にも個別対応し、
殺処分しない方向で頑張っています!
犬たちに罪はありません!
全ては飼い主が犯した罪です!
1匹でも多くの子が温かい家庭に迎えられるよう、皆さまのご協力をお願いいたします!

旭川市動物愛護センター:0166-25-5271
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/eiseikensa/Animaal_HP/index.htm





3.19furano.jpg

飼い主さんが亡くなり富良野保健所に収容された11歳のミニチュアダックスのオス。
町役場や近所の方も貰い手を探しましたが、出会いがなく保健所に収容されました。
性格は素直で、大人しい子です。
飼い主さんと密接な関係だったので、
人恋しくて鳴くそうですが、誰にでも懐くかわいい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じです。
今度こそ終生家族であるよう、新たな出会いを待っています!

富良野保健所:0167-23-3161
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/d.pdf


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。

http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html




posted by しっぽの会 at 19:35 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆずちゃん(旧:リヒト)が遊びに来てくれました♪


ゆず.jpg

昨年8月に当会を卒業したゆずちゃんです。
浦河保健所では職員さんを咬んだとのことで、譲渡対象外犬でした。

少しふっくらして、毛もフサフサになっていましたよ
すっかりグッドルッキングガーイです^^


家に来た日は、部屋中グチャグチャに荒らして大変だったそうですが
イチからしつけの訓練をされたそうで
今でも噛まれそうになる時もありますが、とっても甘えん坊だそうです

お散歩が大好きで、朝夕1時間ずつ歩くそうですよ

ゆずちゃん、幸せですね

スタッフに差し入れまで頂きましてありがとうございました<(_ _)>
また遊びに来てくださいね!



posted by しっぽの会 at 09:03 | 卒業わんにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする