2015年03月12日

3月12日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の札幌市動物管理センター福移支所には、犬6匹、猫14匹が収容されていました。

今週は、飼い主の死亡でトイプードル、飼い主の入院でチワワが放棄されました・・・

終生飼うことが出来ず、家族や身内によって放棄されるペットたち。

高齢化社会、核家族化、コミュニティが希薄になっている現代社会。
普段の暮らしでも様々な共助、支える仕組みが必要な時代になっています。

嬉しいお知らせは、本日シェルティが返還され、
迷子から飼い主募集になった柴犬2匹と12歳の北海道犬に出会いがありました!



002.jpg

収容犬91、推定8歳の北海道犬のオスは、今日も朝から夕方まで
ベランダで過ごし、しっかり番犬をしていました。

仮名はゴン太と呼ばれています。

夕方、犬舎に戻りのんびりしていました。





035.jpg

収容犬150、推定6歳前後の柴犬の去勢オス。

最近顔つきが柔らかくなってきました。
信頼関係ができれば、いい家族になってくれそうです。





021.jpg

収容犬013001、1月30日放棄された9歳の柴犬のメス、チコちゃん。

痩せていましたが、ちょうど良い体格まで太りました。

後から収容された2匹の柴犬には出会いがありましたが、
大人しくやさしいチコちゃんにも春が来ますように・・・





028.jpg

収容犬181、シーズーの去勢オスには、まだ出会いがありません。

右目が病気なのか怪我によるものか、塞がっています。

とても懐こくて、大人しい子です。

温かな家族の一員になりますように。





018.jpg

収容犬030601、飼い主の入院で3月6日放棄された10歳のチワワのオス。

臆病ですが、人懐っこくかわいい子です。

心臓に疾患を抱えていて、投薬していますが、この先そう長生きはできないようです・・・

ケージから出してもらうと嬉しそうに甘えてきますが、
ケージに戻すと切なそうにかすれた声で人を呼んでいました。

病気のうえに飼い主と別れ、どんなに切なく寂しいことでしょうか・・・

医療費がかかりますが、
最後を一緒に過ごしていただけるご理解ある飼い主さんを待っています。





005.jpg

飼い主の死亡により放棄された8歳のプードルのオス。

人懐こく落ち着いたとてもかわいい子で、きっと飼い主さんに愛されていたのでしょう・・・





011.jpg

洋服を着ていたので、最初気が付かなかったのですが、
この子は頭と手足以外毛がなく、皮膚に炎症もないことから、先天的な脱毛症のようです。

特に健康上の問題はないそうですし、
今度こそ最期まで一緒に暮らせる飼い主さんに出会えますように・・・





056.jpg

収容猫F179、3月9日、手稲区手稲前田457番地で保護された白灰のオス。

長毛で毛玉だらけになっているようです。

収容期限は3月13日(金)です。





044.jpg

収容猫127、推定8歳前後の白黒のメス。

臆病で環境に馴染めず、時間が経過していますが、少しずつですが表情が変わっています。




042.jpg

収容猫F165、推定5〜8歳の黒猫のメス。

警戒していますが、人慣れはしていて、身体も触らせてくれるようになりました。





047.jpg

収容猫F169、推定1〜2歳のキジトラのメス。

ゆっくり時間をかけて慣らしてくれる方との出会いを待っています。





067.jpg

収容猫F92、推定3〜5歳の黒茶のオス。

少しずつ環境に慣れてきていますが、まだ時間がかかりそうです。

気長に付き合ってくださる方と出会えますように・・・





070.jpg

収容猫F105、推定4〜6歳の白のメスは、昨年の9月から収容されています。

予備室の狭いケージから三段ケージに移動しいい環境になりました!

まだまだ、警戒していますが、だいぶ人に慣れ、触れるようになりました。

人と一緒に生活することを一歩ずつ教えていただける飼い主さんをお待ちしています。




053.jpg

収容猫F177、推定5〜8歳の黒猫のオス。

ケージに入れられ、下記の猫と2匹で豊平警察経由で保護されました。

人に慣れていますが、まだ少し環境には慣れていないようです。

動物遺棄は犯罪であることが広がって欲しいです!



054.jpg

収容猫F178、推定5〜8歳の黒茶のオスは上記と一緒に遺棄されたようです。

アメショーのようですが、とてもかわいい子で人にも慣れていますが、
まだ環境には慣れていないようです。

一日も早く出会いがありますように・・・





≪予備室で経過を観察しながら出会いを待つ猫たち≫

062.jpg

F142、キジトラ白の子も収容が長くなっています。

近づくとキリッとスイッチが入りますが、とシャーと言われなくなりました。





075.jpg

F171、2月13日、北区屯田で保護された白黒猫のオス。





060.jpg

収容猫F176、白黒猫のメス。

あまり元気がありません・・・





065.jpg

F030301、飼い主の入院により面倒を看て貰える人がいないと14歳で放棄された去勢オス。

先週は警戒し興奮して声も手も出ていました。





073.jpg

家庭から小さな檻に収容され、慣れない環境にいっぱいだったのでしょう。

1週間経って、触れるようになり少しずつ心を開いています。





068.jpg

F134、昨年11月18日、西区発寒で保護されたキジトラのメス。

この子もありがたいことに長期収容で命が繋がっています!

狭いケージから広い三段ゲージに移動して、いい環境になりました!





2-(3).jpg

北斗市役所に1月22日に収容されたミックス犬のメスは、
北斗市追分3丁目3番地付近で保護されました。
迷子でしたが、飼い主の迎えはなく、出会いもありません。

色のあせた首輪を付け、痩せています。大人しい子です。
北斗市の犬の収容場所はゴミ処理場の一角にあり、
職員さんが工夫してくださっていますが、外の小屋ですので、寒さが厳しい状況です。
暖かなお家で家族に迎えていただけたらと願っています。

幸せになりたいのはどの子も同じです。
どうか生きるチャンスを与えてください!

北斗市役所:電話:0138-73-3111 内線122
http://www.city.hokuto.hokkaido.jp/modules/life/content0020.html





03.04asahikawa.jpg

子犬4匹には出会いがありました!!

旭川市動物愛護センターあにまあるでは、犬の迷子・放棄の収容は
10匹程で推移、2012年9月に郊外から市の中心部に移転してから、
犬の殺処分ゼロを更新している、全国でも優秀な動物愛護センターです。
しかし、多頭飼育放棄犬の一部が第一陣で収容されました!
総数で50匹程が順次収容される予定ですが、収容スペースにも限りがあります!
犬たちは、臆病ですが人には慣れています!この子たちに罪はありません!
これまで辛い思いをしてきました。幸せになりたいのはどの子も同じです。
1匹でも多くの子が温かい家庭に迎えられるよう、皆さまのご協力をお願いいたします!

旭川市動物愛護センター:0166-25-5271
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/eiseikensa/Animaal_HP/index.html





3.06nakasibetunemuro.jpg

中標津保健所のミックス犬のオスには出会いがありました!
その後、5〜6ヵ月の子犬が2匹迷子?遺棄?収容されています!

根室保健所に収容されている推定10歳くらいの大型犬のミックス犬は、
保護され方が世話をして飼い主を募集してくださっていましたが、
出会いはありませんでした。
とても元気で、すごく甘えん坊な、人が大好きな子です。
喉元のケガは、8針縫っており、10日抜糸予定です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
家族に迎えられますよう皆様のご協力をお願いします。

中標津保健所:0153-72-2168  根室保健所 0153-23-5161
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/dogcat/information.htm





3.09kusiro.jpg

推定3歳の子には出会いがありました!

釧路保健所に収容されている飼い主募集の2匹のミックス犬のオス。
迷子でしたが、飼い主のお迎えも、新たな出会いもありません。
2匹とも性格が良く、甘えん坊で人懐こく、人もお散歩も大好きな元気な子たちです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
家族に迎えられますよう皆様のご協力をお願いいたします!!
お迎えの検討や情報拡散していただけたら幸いです。

釧路総合振興局:0154-43-9155 釧路保健所:0154-22-1233 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





3.10iwanai.jpg

岩内保健所には飼い主に放棄された3匹の親子犬が収容されています。
飼い主さんが亡くなり保健所に連れて来られましたが、
その後貰われたブッチも、新たな飼い主さんが入院することになり再放棄されました。
行き場を失った3匹・・・全匹ともいい子揃いですが、
問い合わせはあったものの出会いはありません。
食欲もあってお散歩も大好き!フユコは控えめですが、
ブッチとタローはアイコンタクトも取れます!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ最期まで一緒に暮らせる飼い主さんを募集しています。
一匹でも家族となり、幸せになれるよう、
皆様のご協力、情報拡散をよろしくお願いいたします!

岩内保健所:0135-62-1537
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





3.12yuni.jpg

由仁保健所に収容されている10歳のオスは飼い主が施設に入所することとなり、
新しい飼い主を探していましたが見つからず、放棄されました。
山の中の家で番犬として外飼いされていましたが、
臆病な性格のためか、慣れない人にはうなり声を上げてしまうことがあります。
一見、シェパード風な感じですが、和犬の気質で誰にでも懐くと言うより、
飼い主に従順なタイプの子です。
飼い主が何度か噛まれたとの話もありましたが、
保護後約2ヶ月が経過していますが、そのようなことはありません。
かまって欲しくて吠えることがありますが、散歩も上手にできますし、
餌やりや散歩などの世話をすることで懐いてくれる子です。
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・
家族になれますよう皆様のご協力をお願いいたします!

由仁保健所:0123-83-2221 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 

しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。

http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html



☆札幌市動物管理センターでは、
「札幌市動物愛護管理基本構想(案)」のパブリックコメントを
3月10日から4月8日まで実施することとなりました!

詳しくは札幌市動物管理センターの以下のページをご覧ください★
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/main/kihonkoso.html




posted by しっぽの会 at 21:17 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする