2014年02月16日

岩見沢保健所から引取りした寂しげなシーズー

005.jpg

先週末、岩見沢保健所から引き取りした老犬のシーズー。

推定14歳、去勢オス・・・タルトと名付けました。

タルトは全身バリカンをかけられ、
皮膚病があるのか身体を痒がって耳も臭います。

保健所HPでは、雑種と記載されていて、
当会でもパグ系のミックスと思っていましたが、
実際はコロッとしたシーズーでした。

タルトは飼い犬だったと思われますが、
真冬の極寒のなか、なぜ彷徨っていたのか・・・

やはり遺棄されたのではないでしょうか・・・。

ボーダーのニットは岩見沢保健所の職員さんが、
寒いだろうと不憫に思い着せてくださいました。

目を合わせようとせず、心を閉ざす寂しげなタルト。

きっと、飼い主のことが忘れられないのでしょう。

動物にも心があります・・・傷つけないでと心から願っています。



タグ:里親
posted by しっぽの会 at 12:18 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする