2013年12月28日

足長通信第56号発送いたしました☆

足長通信56号.jpg
<足長通信第56号>

足長会員の皆様に足長通信第56号を発送いたしました。
足長基金はご支援の輪が広がって多くの方にご賛同いただいています。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

足長支援制度
http://shippo.or.jp/01/asinaga.html

足長基金対象犬猫
http://shippo.or.jp/01/sien01.html

足長基金対象犬猫は12月24日現在で、犬25匹、猫16匹の41匹となりました。

高齢やハンデがあるために、なかなか出会いがない犬猫たちを救えるのも、
足長基金に賛同してくださっている皆さまのお陰です。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


しっぽニュース



タグ:足長基金
posted by しっぽの会 at 11:44 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島県動物救護本部に12月分送金いたしました

001.jpg

昨日、義援金104,000円と義援グッズの11月21日〜12月17日までの売上げ29,501円
の合計133,501円を福島県動物救護本部に送金いたしました☆

ご協力、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。

※最新の 被災ペットの保護状況はこちらへ
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/douai/douaiindex.htm

※ボランティア随時募集中!
http://www.fuku-kyugo-honbu.org/ボランティア募集-1/

※被災した動物の新しい家族を募集ページ、義援金の募集
※シェルター通信
※条件が整い、新しい家族として迎えてくださる方

以上、下記よりご覧ください☆

http://www.fuku-kyugo-honbu.org/


平成25年12月9日現在の犬の収容頭数は犬29匹、猫120匹、
そのうち犬6匹、猫は110匹が新たな出会いを待ち望んでいます。

犬も猫も収容数に変化はなく、帰ることも新たな出会い少ないようです。

一匹でも多くの犬猫が飼い主さんとの生活に戻り、
また、新たな譲渡先が見つかりますように。

福島県は、原発事故の影響により復旧・復興までには、
大変長い道のりがかかるものと思われます。

被災した動物たちの命を一匹でも多く救うため、
引き続き皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。


福島県動物救護本部
http://www.fuku-kyugo-honbu.org/


しっぽニュース



posted by しっぽの会 at 10:31 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレンちゃんが遊びに来てくれました♪

karen.jpg

カレンちゃんが遊びに来てくれました

カレンちゃんは7年前、札幌市動物管理センターから引き取りした黒ラブの子で
引取り直後に当会で出産した兄妹子犬の1匹です☆

早いもので、あの時子犬だったカレンちゃんももう7歳なんですねー!!

飼い主様はしっぽのフェイスブックで新聞紙が不足している事を知り、
新聞紙をたくさん持って来てくださいました

飼い主さま、ありがとうございましたm(__)m

カレンちゃん、また遊びに来てね♪



posted by しっぽの会 at 09:56 | 卒業わんにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする