2013年12月05日

12月5日の札幌市動物管理センターは

今日の札幌市動物管理センターには犬3匹、
成猫19匹、子猫7匹が収容されていました。

いつもは犬の鳴き声が響くセンターも今日は静かで、
収容されていた3匹の犬のうちシーズーに新たな出会いがありました☆

犬の収容が減ってきたのは、
意識の高い飼い主さんが増えてきたからかもしれません。

が、一方で明らかに遺棄されたであろうと思われる犬が
目立つようにもなりました。

最近猫の収容が多くなっていますが、
多頭飼育放棄が続きこのままでは収容限界になる恐れがありました。



002.jpg

収容犬168、12月1日に北区新琴似5条3丁目で保護されたオスのトイプードル。

あまりの悲惨な姿に思わず息を飲みこみました。

3年前の夏にも同じように毛が抜け落ち皮膚病になった2匹のマルチーズを
センターから引取りしたことがありますが、
その時の子とよく似ていました。

http://shippo-days.seesaa.net/article/159868944.html

悪質なブリーダーの遺棄なのか、飼育放置による遺棄なのか・・・
いずれにせよ普通に飼われていなかったことは確かです。

毛が抜け落ちた皮膚は赤くただれ、ところどころ出血しています。
顔や耳はかさぶたでガピガピになっています。
爪も熊手のように伸び、ここまでよく放置したと・・・
人間のすることでしょうか!

収容期限は10日(火)です。





006.jpg

収容犬165、推定4〜5歳のオスのトイプードルは迷子期限が切れ飼い主募集になりました。

西区西野の山側で市民の方が保護、警察経由で収容されました。

落ち着いていますし、人なれしたいい子です。

プードルだからと飛びつくのではなく、
愛情と責任ある飼い主さまに貰われますように・・・。

譲渡適正審査があるといいですね。





007.jpg

収容犬112702、放棄された推定10歳以上のオスのシーズー 。

小さな小さなシーズーで、
いつも口をしっかり結んで耐えているような寂しげな表情です。

一緒に放棄されたオスのシーズーには早々に出会いがありましたが、
本日この子にも幸せな出会いがありました!





054.jpg

先住犬のシーズーちゃんにそっくりなのでと、面会にいらした飼い主さま。

この子は、同室犬の誰とでも仲良くできる温厚で協調性のある子でした。

抱っこされても大人しく人懐こいので、
いい子ですねと家族に迎え入れてくださることになりました!

おめでとう!ご家族の皆さまどうぞお幸せに!





056.jpg

収容猫F164、三毛猫のメスは11月29日に
下記の三毛猫と一緒に北区篠路1条5丁目で保護されました。

2匹も同住所で・・・遺棄されたのではないでしょうか。

愛玩動物の遺棄は犯罪です!100万円以下の罰金に処されます。

動物愛護管理法が真に効力のある法律として機能する社会になりますように。

迷子収容期限は5日、今日まででした。




069.jpg

収容猫F165、11月29日に上記と一緒に北区篠路1条5丁目で保護された三毛猫のメス。

迷子収容期限は同じく5日、今日迄でした。




062.jpg

収容猫F166、2日に中央区南3条西2丁目で保護された子猫のメス。

緊張で固くなっていました。

収容期限は6日(金)です。





060.jpg

収容猫F167、2日後の4日に上記の猫と同住所の
中央区南3条西2丁目で保護された子猫のオス。

顔も大きさもそっくりな2匹は兄妹なのでしょう。

遺棄は犯罪です!

収容期限は10日(火)です。





025.jpg

収容猫F092701、放棄された推定2〜3歳の白黒猫のメス。

放棄されて心を閉ざしているのか
なかなか人なれしてくれませんが大人しい子です。

それに美人さんです。

どうか出会いがありますように・・・。




022.jpg

収容猫F092702、放棄された推定2〜3歳前後の白黒猫のメス。

この子も放棄されて心を閉ざしているのか
なかなか人なれしてくれません。

先天性の肋骨の変形が疑われるそうですので、
動物病院で診ていただくといいそうです。





031.jpg

収容猫F111502、放棄された推定3歳以上の白黒猫のオス。

大柄で大人しくいつも寝ています。

他頭数飼育していた家庭から引き取っているため、
近親交配の可能性が高いですが、生活に支障はないそうです。




035.jpg

収容猫F111503、放棄された推定3歳以上の白黒猫のオス。

大柄で懐きがいい子です。

他頭数飼育していた家庭から引き取っているため、
近親交配の可能性が高いですが、生活に支障はないそうです。




020.jpg

収容猫F155、推定7歳以上の茶トラの去勢オス。

人懐こい子ですが、今日は眠かったのかスリスリはしてきませんでした。

体格の割に現状食欲が乏しいそうですから、
早めに動物病院で健康診断を受けてくださいとのことです。





027.jpg

収容猫F135、推定1〜2歳前後のキジトラ猫のオス。

人にも慣れてきたのか表情が優しくなりました。




040.jpg

収容猫F112601、推定5歳以上のキジトラ猫のメス。

飼い主の入院のため放棄されましたが、
将来起きる不測の事態も考慮して動物を飼うことが大切です。




011.jpg

012.jpg

015.jpg

推定3ヵ月の子猫5匹(オス4・メス1)兄妹たちは、
明日から譲渡開始になります。

猫算と言って、
猫に避妊去勢手術を施さないとあっという間に何倍にも増えてしまいます。

1匹でも行き場のない命を救うための近道は、
飼い猫に避妊去勢手術を施すことだと思います。

そうすれば多頭飼育放棄や崩壊の起きる危険も少なくなるのないでしょうか。




1129takikawa.jpg

滝川保健所には飼い主に放棄された3匹の猫と野良猫だった猫の計4匹が収容されています。※こぶまきは新たな出会いがありました。野良猫だったグレおは柔和になって触れるようになりました。縁ちゃんは臆病で控えめですが、大人しい子です。灰猫と黒猫は人慣れしています。現在ミックス犬も迷子から飼い主募集になりました。人間に翻弄されても人を信じ必死に生きる命たち・・・幸せになりたいのはどの子も同じはずです。 どうか救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。最新の情報は随時、下記のHPまたはお電話でご確認ください。
お問合せ先:滝川保健所 電話:0125-24-6201
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/kannkyo/kainushi251128.pdf




1203osima.jpg

渡島保健所に収容されている推定7〜10歳のアメリカンコッカー系のメスは山を放浪しているところを保護されました。左目が白内障になっています。放浪で体調が悪くなったのか体力がありません。性格はとても人懐こいそうです。推定2〜4歳の黒猫のオスは警察経由で保護されました。人懐こいので飼い猫だったと思われますが、飼い主のお迎えはありませんでした。また、推定1〜2歳の黒猫のメス、推定2〜4歳のキジトラ白猫のメス、黒猫のメス2匹は、外飼いされて餌だけを与えられていたため人慣れはしていません。全ては人間側の問題でこの子たちに罪はありません。人間の都合に翻弄される小さな命たち・・・ 幸せになりたいのはどの子も同じはず。 どうか救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。最新の情報は随時、下記のHPまたはお電話でご確認ください。 お問合せ先:渡島総合振興局(渡島保健所) 電話:0138-47-9551
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kainushi.htm




1204nayoro.jpg

音威子府村の道路でうずくまっているところを役場に保護さ れました。老犬で長く歩けないことからも、 遺棄されたようです・・白内障で目も悪く、耳も遠いですが、食欲はありゆっくりお散歩もできます。ハンデがありますが、名寄保健所の職員の方は、「性格がいい子なのでラストチャンスにかけています。」とおっしゃっていました。最終期限は12月13日(金)、期限の延長はありません!幸せになりたいのはどの子も同じです・・・ご理解ある方との出会いを待っています。人間の都合に翻弄される小さな命たち・・・ 幸せになりたいのはどの子も同じはず。 どうか救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。最新の情報は随時、下記のHPまたはお電話でご確認ください。 お問合せ先:名寄保健所 電話:01654-3-3121
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kakupage/catdog.htm





125fukagawa.jpg

深川保健所の猫は、ボランティアさんに貰われて母猫1匹になりました!
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm

ボランティアさん、ありがとうございました!!

本当に良かったです!


年も押し迫ってきています。

どうか1匹でも多くの子に幸せな出会いがありますように・・・。


しっぽニュース



posted by しっぽの会 at 21:15 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期限間近 深川保健所の猫たちのこと

深川保健所収容猫13匹の中から、
トラ柄の猫を引き取ってくださった札幌のMさんから、
メールを頂戴いたしました。

ご紹介させていただく旨、快くご了承いただきましたので、
アップさせていただきます。

なお@〜G番の猫たちは、
高齢の飼い主の事情により所有権放棄された猫で、
飼い主は適正飼養していませんでした。

深川保健所の残り12匹の猫たちにも、
ご理解ある方との出会いがありますように・・・。


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

先日フェイスブックで深川保健所の猫の収容期限が間近なことを知り、
3日に深川保健所で成猫8匹のうちのBのメス猫を引き取ってきました。

深川保健所HP

連れ帰って観察してみると、相当年を取っているようです。
足元もおぼつかなく、歯も抜けておりました。
目も耳もよくないようです。
触ると非常にやせており、骨ばかりです。
歯も悪いのでゴハンを食べられなかったのではと思います。

他の猫たちも連れて行きたく、
どの子も必死でケージから手を出して、
「連れて行って、出して」と泣いていました。
構って上げると手を捕まえて離しません。

本当に人懐こい子達ばかりです。
本当にいい子達ばかりで、悲しくなりました。





toratyan.jpg

名前はとらちゃんにしました!
顔のしょぼしょぼは、いつもです。
これ以上大きく開かないようです。





toratyan2.jpg

シャム系ですが前足の模様が虎だなあ、と思いとらちゃんです。





toratyan3.jpg

ゴハンを食べてる所ですが、
お尻の辺りのゴツゴツ感がお分かりいただければと思います。

体の大きさですが家のサビ猫も小柄でスマートですが
2.7キロはあるんです。
しかし、とらちゃんも骨格はそう変わらないのに
体重が半分以下で泣けてきます。
この軽さは健康な成猫と言えないと思います。

ですが食欲はとてもあり、何度も小分けにゴハンを食べています!
生きる気力が出てきたのかもしれません!!

先ほどとらちゃんも起きていたのでケージから出すと、
“足取りも軽く!”とはいえませんが、
ヨロヨロしながらも昨日よりは少ししっかり歩けていたかと思います。
でも、フローリングでは滑ったり転んだりします。

とらちゃんは、目の焦点は相変わらず合いませんが、
脳性麻痺というより、運動不足の結果筋力が落ちたのではないかと思えます。

病院で診察していただいた結果は、

体重1.3キロ 
ぱっと見の大きさは生後半年くらいの大きさでしょうか。
年齢 おおよそでも10歳は超えてる。
奥歯もすべて抜けて片側の牙の上下が残ってるのみ。
血液の数値は以外に悪くなく脱水が少し。
おなかに虫はいませんでした。

目の焦点が合わない感じと、
たまにくるくる回ったり足の踏ん張りが弱くよろよろしてるのは、
“老齢もあるかもしれないし、脳性麻痺の可能性もありえる”だそうです。

ケージではおとなしくずっと寝ています。
鳴きもしません。

お医者さんもこんなによろよろではケージでいいのではと言ってました。
私も様子見ながら、日に1〜2度出すくらいでいいかなと思います。

いずれにしてもこれから何年も生きると言う子ではなさそうです。
最期の日々を暖かく、幸せにすごせるようにしようと思ってます。

深川保健所の猫、特に成猫8匹達は毛がふわふわのもふもふです。
毛艶がすごく良いのが印象的でした。

とらちゃんもふわふわなせいで痩せているのが
分からなかったのかもしれませんね。

しっぽの会さんに、
今収容されている猫たちのことを他の方たちにさらに広めて頂ければと思います。

我が家は今回の子で8匹目です。7匹とも拾った子です。
勿論オスメス手術済みですが、これ以上増やすこともできません。

個人の力はたかが知れてます。

これからもひそかに応援してまいりますので、
不幸な犬猫たちに力を貸してあげてください。


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

とらちゃんの飼い主さま、深川保健所の猫に手を差し伸べてくださり
本当にありがとうございました!!

現在深川保健所では、20日(金)期限の猫が2匹、
13日(金)期限の猫が10匹収容されています。

深川保健所では、
ハンデのある子や収容期限が過ぎてもこれまで延長をしてくださっていますが、
年も押し迫ってきましたし、今回は延長は難しいようです・・・。

幸せになりたいのはどの子も同じです。
新たに猫のお迎えしていただける方、
保護して新たな飼い主さんを探していただける方は、
どうか一度深川保健所の猫たちの面会に行っていただけたら幸いです。


深川保健所生活衛生課
住所:深川市2条18番-6
電話:0164-22-1421
HP:http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm

12月5日の夜、深川保健所のHPを確認しましたら、
猫11匹はボランティアさんに譲渡されたそうです。

飼い主を募集している猫は白黒の母猫だった子1匹となりました。

ボランティアさん、本当にありがとうございました!

情報を拡散やご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!



posted by しっぽの会 at 10:51 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする