2013年05月10日

譲渡対象になれた石狩保健所の犬のこと

昨日、石狩保健所に問題行動があると思われた犬の面会に行ってきました。





01.jpg

顔を見るなり、いきなり激しく吠えられました。

怖くてたまらない様子で、時々唸り声も出していました。

職員さんが席を外され、その後も15分以上吠え続けたでしょうか・・・。


推定4〜5歳の中型のオスのミックス犬は、石狩新港の会社の前に
今つながれている鎖ごと括り付けつながれていたそうです。

迷子で保健所のHPに掲載されていましたが勿論飼い主は現れませんでした・・・。





02.jpg

人間不信になっているのでしょうか・・・。

余りに吠え続えるので、オヤツを足もとに投げ与えてみました。

すると、急に大人しくなって安心の表情も見せるようになりました!!


そこに職員さんが入室してくると、
ちぎれんばかりにしっぽを振って立ち上がり喜んでいましたが、
知らない人と一緒にいたことが相当怖かったのでしょう。

余りの喜びように職員の方も、「こんなに懐いたのは初めてです」と仰ってました。





03.jpg

そばに行ってみると攻撃することはなく、
油断はできませんがただただ怖さで吠え続けたようです。


お散歩は大好き!!食べることも大好き!!

ただ・・・火ばさみやモップの棒に怯え怖がります。


人間が嫌いになるほどの虐待はなかったのかも知れませんが、
可哀想に飼い主に叩かれていたことに違いないと思いました。





04.jpg

帰り際にはこんな笑顔も見せてくれました。


でも、この子は迷子期限が切れたあと譲渡には不向きと処分される予定でした。

しかし、この子は怯え怖いから激しく吠えているだけ・・・

実は人懐こくて甘えん坊でただ寂しいのかもしれない・・・

職員の方がそういったことも考慮して、
この子の成長を期待し譲渡対象にしてくださいました!!


番犬を探している方にはよい働きをしてくれますし、
家庭犬として愛情をかけ大切にしてくだされば、
その恩に報いる忠誠心のある健気な子だと思います。


まだまだ伸び代のある子です。

これからの成長を期待しつつ繋がった大切な命・・・。

どうかご理解ある方との良縁に恵まれますように・・・。


石狩支所(連絡先:0133-74-1142)

収容期限 5月16日(木)


しっぽニュース



タグ:里親
posted by しっぽの会 at 10:52 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする