2013年04月16日

ギンガ、お散歩もがんばって!

ginga.jpg

昨年末、石狩保健所に収容されていた時のギンガです。

身体中傷だらけ、皮膚病で炎症を起こし
ところどころ地肌が見えて痛々しい姿でした。





005.jpg

それから3ヵ月、皮膚病の治療のため定期的に注射、飲み薬を続けたかいあって、
毛も生え皮膚の状態が随分と改善されてきました。





035.jpg

ボランティアさんとのお散歩ですが、こちらもがんばっています!

人も外の世界も怖いものだらけのギンガ。

上手にお散歩することはまだ出来ませんが、
新鮮な空気や風、光り、鳥の声や人の動きなど
いろんなことを感じ吸収しています。


ギンガがここまで怖がりになったのは、
ヒューマと2匹、
野犬だった頃に度重なる恐怖体験をしてきたからではないでしょうか。

2匹は会社倉庫に仕掛けられた捕獲器にかかり、
保健所に収容されましたが、
ギンガにはヒューマを守ってきたために出来たであろう生傷がたくさんありました。
(ヒューマにはまったく傷はありませんでした。)

ヒューマを助け、2匹で生きてきたギンガ。

社会化までにはまだ時間がかかりますが、
普通の犬として、普通の幸せを手にして欲しいと心から願っています。


どうぞギンガヒューマに会いにいらしてください☆


しっぽニュース



タグ: 里親
posted by しっぽの会 at 17:08 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする