2012年06月12日

キッコちゃんの里帰り♪

120612.jpg

先日、キッコちゃんが遊びに来てくれました。

こちらへ歩いて来る途中、帰ると逆戻りあせあせ(飛び散る汗)

飼い主さんに抱っこされて来てくれました(笑)

キッコちゃんには和犬の血が入っているので、
ちょっと警戒心の強いところもありますが、
飼い主さんに抱っこされている姿は落ち着いていました(*^−')ノv

でも、少々重たいですね^^

また 遊びに来てねるんるん



posted by しっぽの会 at 19:59 | 卒業わんにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

ドラ☆

032.jpg
3月に札幌市動物管理センターから引き取りしたドラ。

休憩室にあるケージにいますが、スタッフ、ボランティアさんは勿論、
来客の方も和ましてくれるムードメーカーです。





034.jpg
保護時は両後肢が壊死していて、
足首を切断しなければ最悪は命を落とすのではと懸念されましたが、
病院の診断では交通事故に遭ったのではとのことでした。





038.jpg
4月、壊死した部分の切除手術をし、まだ痛々しいですが、
この度、状態が良くなったので包帯を外し、怪我の治療も終了しましたo(^-^)o

傷の痛みにも耐えた頑張り屋のドラでしたが、
皆様に嬉しいご報告が出来て本当に良かったです♪

応援していただいた皆様、本当に有難うございましたm(_)m


★☆ ◆ ◆ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆                               
★ 飼い主さん報告にりりーちゃん、トラ(仁)ちゃん、
☆マリンちゃん&ロブ☆ちゃん登場です☆
☆ぜひ、ご覧ください♪                       
☆                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★ ◆ ◆☆★



posted by しっぽの会 at 20:57 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

負けないで!プチ

DSC_6190.jpg

昨年11月のプチです。

下顎の腫れはありますが、良く見ないと分からない程度でした。




DSCF0920.jpg

現在、プチは口腔内の腫瘍と闘っています。

腫瘍は日に日に大きくなり、食餌や水を飲むのも介助がなければ出来ません。

食べかすが腫瘍に間に挟まり、見るのが辛いです。

また、水は注射器で腫瘍に当たらないよう隙間から飲ませてます。





120608_1150521.jpg

口の中を洗い、胸辺りの毛もカットしました。

これから暖かくなるにつれ虫も多く発生します。





120609_0707111.jpg

プチにハエがたからないように手作りの蚊帳を作り、プチのサークルを囲いました。

現在、腫瘍が大きくなるのを遅くする薬を飲んでいますが、
食欲もあり、時には元気よく ワンワン と大きな声で吠えています。

正直いつまで持つかは分かりません・・・
でも、スタッフ一同プチを気かけ面倒を見てます。

それに、プチ自身が凄く頑張っています。

皆さんもプチを応援してくださいね!



posted by しっぽの会 at 23:07 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

スーちゃん情報☆

su.jpg

6月2日、朝8時30分頃、
札幌市南区真駒内青少年会館でスーちゃんを見かけたとの情報が
飼い主さまに寄せられたそうです。

その後、同 住宅地でスーちゃんを見た方がお二人いて、
その時スーちゃんは藪の中に逃げて行ったそうです。

家に帰りたくても人が怖くて逃げてしまう臆病なスーちゃん。

飼い主さまも必死で探していらっしゃいます。
しかし、人が側にいるのはかえって逆効果になるようで、
遠くに追いやってしまっては ますます 家に帰れなくなります。

飼い主さんと巡り会うことしか帰れる方法はないようです。

もしスーちゃんを発見したら追いかけたり声をかけたりせずに、
すぐにしっぽの会まで情報提供お願いします。

しっぽの会電話0123-89-2310 
FAX:0123-89-2311
Eメール:info@shippo.or.jp

尚、留守電になっていましたら、メッセージを入れてください。
よろしくお願いいたします。



posted by しっぽの会 at 22:07 | 卒業わんにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タケルがしっぽを卒業しました♪

DSCF0915.jpg

昨日、タケルがしっぽを卒業しましたぴかぴか(新しい)

タケルは先日しっぽを卒業したシオンの兄弟で、
母親は処分され兄弟で会にやって来ましたが、
その後イヌパルボウィルスに感染し入院していました。

子犬がイヌパルボウィルスに感染すると死亡する確率が高いのですが、
お陰さまでタケルは一命を取りとめることが出来ました。

退院後は一匹で隔離され、一人ぼっちで数日寂しいときを送っていましたが、
飼い主さまは事情をご理解のうえ、お迎えにいらしてくださいました。

タケル、亡くなった 真、ツバサ の分までいっぱい幸せになってね!

もう寂しい思いはしなくていいね!

飼い主さま、有難うございましたm(__)m

タケル、 うんと 甘えるんだよ〜!ハートたち(複数ハート)


★☆ ◆ ◆ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆                               
★ 飼い主さん報告にパールちゃん登場です☆
☆                               
★ ぜひ、ご覧ください♪                       
☆                            
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★ ◆ ◆☆★



posted by しっぽの会 at 20:23 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

6月7日のセンターは。

今日の札幌市動物管理センターには犬10匹(うち子犬2匹)、
猫21匹(うち子猫13匹)が収容されていました。

毎日 子猫が収容され猫の収容数が多くなっています。

親猫に不妊去勢をしなければ、救っても救っても捨てられる子猫は後を絶ちません。

9日、第2土曜日は札幌市動物管理センターは業務を行っていますので、
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
ぜひセンターに犬猫の面会に行かれてみてください。



067.jpg
収容子犬P2(茶色メス)、収容子犬P3(黒灰メス)、
推定4ヵ月のトイプードル系の子犬は北区北6条西26丁目で保護されました。

2匹の子犬は姉妹でしょうか・・・飼い主のお迎えはありません。

収容期限は8日(金)です。





057.jpg
収容犬45、パグのメスは東区北27条東21丁目で保護されました。

人懐こい いい子でした。

飼い主のお迎えはあるでしょうか・・・

収容期限は12日(火)です。





056.jpg
放棄犬042702、13歳で放棄されたラブラドールレトリバーの避妊メス。

慣れない人には結構吠えますが、職員さんには甘えていました。

年齢よりも若々しくお散歩が大好きです。

ご理解ある方と出会いがありますように・・・。





082.jpg
放棄犬050101、9歳のテリア系の避妊メス。

いつも静かで落ち着いています。

お散歩が大好きだそうです。

最期まで一緒に暮らせる飼い主さんと出会いがありますように・・・。





071.jpg
収容犬26、推定9歳の柴系のオス。

首が傾斜していますが、動きは素早く活発です。

お散歩を楽しみにして元気もあります。

幸せな出会いがありますように・・・。





085.jpg
収容犬42、推定10歳前後のミニチュアダックスのメス。

穏やかで落ち着いた性格のようです。

放棄犬050101のテリア系の子と仲良く一緒の犬舎にいました。

この子にも優しい飼い主さんと出会いがあるといいのですが・・・。





075.jpg
収容犬052501、13歳で放棄されたシーズーのオス。

白内障で目が見えていないようです。
皮膚病のケアも必要なようです。

穏やかで人懐こい子でした。

この子に残された犬生を共に過ごしてくださる方と、
幸せな出会いがありますように。





131.jpg
チワワ系ミックスのオスは、今日もベランダで過ごしていました。

譲渡対象になるまで、もう少し時間が必要なようです。




072.jpg
今日、迷子で収容されたプードル系のオス。

飼い主さんのお迎えがありますように・・・。





047.jpg
放棄犬060501、経済的な事情で放棄されたミックス犬のオス。

胸元、お腹、肢、尻尾の毛がなくなり、皮膚が赤く固くなっています。

脂漏性皮膚炎のような強烈な匂いがします。

爪も異常に伸びて、今まで手をかけてもらえなかったのが分かります。

オドオド、ビクビクしていますが、威嚇することはありません。

とても優しい目をしていました。

こういう状態の子を見ると本当に悲しく虚しくなります。

ほんの少しの優しさがあれば、この子は違っていたはずです・・・。





106.jpg
収容ねこF49、シャム系のオスは手稲区曙5条4丁目で保護されました。

まだ緊張で固くなっています。

収容期限は今日まででした。





111.jpg
収容ねこF50、キジトラのオスは白石区北郷1条3丁目で保護されました。

右目が涙目のようですが、元気になって来たそうです。

収容期限は8日(金)です。





078.jpg
収容ねこF51、キジトラのメスは北区屯田1条8丁目で保護されました。

収容期限は11日(月)です。





093.jpg
収容こねこK87、子猫(オス1・メス1)は南区南沢5条2丁目で保護されました。

収容期限は今日まででした。





099.jpg
収容こねこK88、3匹の子猫(オス1・メス2)は南区澄川5条6丁目で保護されました。

収容期限は今日まででした。





090.jpg
収容こねこK89、メスの子猫は白石区川下3条7丁目で保護されました。

収容期限は8日(金)です。





095.jpg
収容こねこK90、2匹の子猫(オス1・メス1)は南区澄川3条6丁目で保護されました。

収容期限は8日(金)です。





107.jpg
収容ねこF052202、9歳のキジトラのメスは丸顔で人懐こい子です。

ニャーニャー甘えてきます。





114.jpg
収容ねこF052102、推定10歳前後の茶トラのメス。

綺麗な大人しい猫で、穏やかでした。





121.jpg
収容ねこF40、推定1歳未満のシャム系の細身の美人さん猫。

甘えたくて抱っこされると、スリスリゴロゴロしていました。





115.jpg
収容ねこF46、推定5〜7歳の黒猫のメス。

風邪気味だったようですが、食欲もあり落ち着いてきたそうです。





108.jpg
まだ威嚇するのでセンターのHPには掲載されていませんが、
出会いを待っています。





100.jpg

098.jpg

097.jpg


今日もたくさんの子猫たちが収容されました。

どの子もかけがえのないただ一つの命です。

成猫も子猫も、成犬も子犬も、みな毎日を健気に生きています。

犬猫を家族に迎える予定のある方、また、新たな飼い主を探せる方は、
どうか命の崖ぶちにいる犬猫たちに救いの手を差し伸べてあげてください。

北海道内の保健所にもたくさんの犬猫が飼い主のお迎えや、
新たな出会いを今か今かと待ちわびています。

どうぞ、しっぽの会の保健所情報もご覧いただき、
お住まいの地域の保健所に収容されている犬猫たちにも
目を向けていただけたら幸いです。

保健所情報ページ
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html



posted by しっぽの会 at 20:51 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

モコがしっぽ卒業しました♪

IMG_1528.jpg

モコがしっぽ卒業しましたぴかぴか(新しい)

先住犬のしっぽの卒業ワンのくろすけちゃん(旧リリ)は、
先日もモコちゃんに会いに来てくれていましたが、
ちょっと戸惑い気味だったようです。

いつもは、にぎやかなモコでしたが、
車に乗ると大人しくして卒業していきました(^-^)

飼い主さま、モコをよろしくお願いしますm(__)m

皆さま、どうぞお幸せに〜〜ハートたち(複数ハート)



本日、会報初夏号、足長通信037号発送いたしました。


posted by しっぽの会 at 22:07 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

セナが虹の橋を渡りました。

DSC_0368.jpg
<写真のセナは昨年3月に撮影したものです。>

深夜1時くらいにセナが虹の橋を渡りました。

セナは2008年暮れに江別保健所から引き取ったミックス犬のオスで、
当会の犬の中ではクロに次いで2番目の古株でした。

愛嬌があるわけではありませんでしたが、朴とつとした味わい深い子で、
今年1月から預かりボランティアさんのお宅で介護していただいていました。

元気な時は散歩に出たりしていましたが、
3月中頃から寝たきりになり、亡くなる2日前から食餌が出来なったそうです。

預かり介護していただいてから5ヶ月余り。

脳腫瘍の疑いがありましたが、よくここまで頑張ってくれました。

セナを応援してくださっていた皆さま、今まで有難うございました。

皆さまとセナの冥福を祈りたいと思います。



posted by しっぽの会 at 20:52 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来月のイベントのお知らせ

015.jpg
<写真は5月に行われたfriendwithtailのイベントでイメージです。>

7月1日(日)に、札幌市駅前通地下歩行空間で
しっぽの会のミニイベントを開催いたします。

詳細は後日お知らせさせていただきます。

札幌駅前通地下歩行空間HP
http://www.sapporo-chikamichi.jp/

また、9月1日(土)はいわみざわ公園野外音楽堂キタオン いわみざわ で、
安全地帯 30周年記念スペシャルライブが開催されますが、
当会も参加させていただくことになりました。

YOURSONG HP
http://www.yoursong.co.jp/pc.html

9月には恒例の動物会愛護フェスティバルが開催されます。

ほか、今年は地域のスーパーや商店街などでも
啓発ミニイベントを開催したいと計画しています。

人間に翻弄されて行き場を失っている犬猫の現状や、
私たちにできること・・・そんなことをご一緒に考えていけたら嬉しいです。

さまざまなイベントは、
決まりましたら都度詳細をお知らせさせていただきます。


4月の 「しっぽ卒業ワンニャン」 アップしました。
家族になった15匹の子たちをぜひご覧ください☆



posted by しっぽの会 at 20:18 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

続く消毒作業

子犬の真が5月31日に亡くなり、昨日はツバサが亡くなりました。

原因はパルボウィルス感染症でした。

発症するとあっと言う間に死に至る大変恐ろしい感染症です。

子犬のタケルも感染しましたが、お陰さまで何とか一命を取りとめ
回復してきました。





IMG_8841.jpg
ケージを外に出して全て消毒した小型犬・老犬ハウスです。

運動場の消毒もあり、
ウィルスは目に見えないだけに消毒はとてつもない作業です。

イヌパルボウイルス感染症は、
ウイルスによる急性伝染病で1979年にアメリカで発見され、
別名コロリ病とも言われていますが、
伝染力が強く、死亡率の高い感染症で、腸の粘膜がひどくただれる消化器型と、
急性心不全で突然死する心筋炎型があり、ほとんどは消化器型で、
イヌパルボウイルス感染症の治療には、現在のところ特効薬はありません。

犬自身の免疫力を保つ手助けをする対症療法などの効果を期待するしかなく、
嘔吐や下痢により失われた体内の水分や電解質を補給する点滴治療や、
腸内細菌による二次感染を抑制するための抗生物質投与が行なわれますが、
体内に侵入したウイルスを完全に排除することはできないため、
これらの治療を行っても生存は保証できず、
発症した犬が生き残るかどうかは早期の診断と犬の体力・免疫力にかかっています。





IMG_0092.jpg
イヌパルボウィルスは感染した犬の便や嘔吐物、汚染された食器、
感染した犬に触れた人の手や衣類などから経口感染します。

塵やほこりに混じって長期間生存する、大変抵抗性の強いウイルスで、
連日、旧犬舎・新犬舎・老犬小型犬ハウスと消毒作業が続き、スタッフの疲労は限界です。





IMG_1970.jpg
混合ワクチンの接種で予防できる病気というのは、
感染すると命にかかわるかもしれない恐ろしい病気です。

ただ、真やツバサは混合ワクチン接種をしていましたが、
抗体が足りなかったのかウィルスに勝つことは出来ませんでした。

しかし、これだけ恐ろしい感染症です。
当会の50匹ほどいる犬たちが混合ワクチンを接種しているので、
現在、新たな被害はありませんし、感染予防に最大限努めています。

猫にもネコパルボウィルス感染症など様々な恐ろしい感染症があります。

子犬・子猫を飼ったら初回の接種の後、1回から2回の追加接種を行い、
その後は、年に1回定期的に混合ワクチンを接種してください。

動物を飼い始めたら、混合ワクチン接種は絶対に忘れずに、
恐ろしい感染症から愛犬・愛猫を守ってあげてください。

真、ツバサ・・・保健所から引き取り、助かった命だったのに、
明日へ命を繋ぐことが出来なかったことが本当に悔しく悲しくてなりません。



posted by しっぽの会 at 10:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

悲しいお知らせ

本日、ツバサが虹の橋を渡りました。

先月31日、ツバサが元気のない様子だったので、
パルボウィルス感染症の検査をしましたが陽性反応がでたため、
点滴と抗生物質の注射の治療をしました。

翌日の6月1日、何度も吐いて食欲もないので入院しましたが、
本日、入院先の病院で亡くなりました・・・。

近いうちにツバサの見学予定もありましたが、
幸せになるチャンスが訪れようとしていた矢先の出来事でした。

ツバサが可哀想で、残念で本当に悔しくてなりません(><)

皆様とツバサの冥福を祈りたいと思います。



posted by しっぽの会 at 20:17 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

---スーちゃんの目撃情報---

DMS12005.jpg

5月26日(土)夜11時頃にスーちゃんを見かけたとの情報が
飼い主さんに寄せられました。

場所は、飼い主さんのご自宅近くの札幌市南区真駒内柏丘2丁目のグリーンヒル公園。

飼い主さんは、これまでに何度か新聞折り込みチラシ依頼、
そのチラシをご覧になった方が連絡してくださったそうです。

スーちゃんは飼い主さんの近くにいるようですが、
飼い主さんとはすれ違いでなかなか出会うことが出来ません(><)

行方不明になって明日で丸1ヵ月・・・
以前もスーちゃんらしき情報をいただきましたが、夜中や朝方に行動しているようです。

どうか一刻も早く飼い主さんと出会って欲しいです!

目撃情報などありましたら、しっぽの会までご連絡お願いいたします。

電話が繋がらない時は留守電にメッセージを入れてくださるか、
Eメールでご連絡をお待ちしております。

何卒よろしくお願いいたします。

電話:0123-89-2310 
FAX:0123-89-2311
Eメール:info@shippo.or.jp


スーちゃんポスター

http://shippo.or.jp/images/photobook/suuchan-light.pdf

尚、スーちゃんは大変臆病な子です。
見かけた場合、追いかけると怖がりますので 追いかけないよう お願いいたします。



posted by しっぽの会 at 21:23 | 卒業わんにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真が虹の橋を渡りました・・・。


先週、根室保健所から引き取りした子犬の真が、昨日の朝 亡くなりました。

真は数日前から食欲もなく、血便をし様子も変でしたので一昨日に入院しましたが、
熱と脱水症状もあり、血液検査の結果はパルボウィルス感染症の疑いでした。

真は小さな身体で必死に生きようと頑張っていましたが、
残念ながらとうとう力尽きてしまいました・・・。

5月23日、遠くは根室保健所から引き取ったハンデがあった子犬の真。

明日へ生きるチャンスを手に入れ、この先幸せになって欲しかったのに・・・。

ワクチン接種をして1週間経っていました。

本当に悲しく残念で悔しくてなりません。

また、タケルも去勢手術前に元気がなかったので血液検査し、
異常は見つからなかったので予定通り去勢手術をしました。

しかし、その翌日の一昨日も元気がないため入院しましたが、
検査結果はパルボウィルス感染症の疑いでした。

ただ、タケルは真より半月ほど早く会に来ていたので、
接種した混合ワクチンの免疫力が真に比べて高かったのでしょう。
入院中ですが、少しづつ元気を取り戻し回復に向かっています。

タケルには真の分も頑張って生きて欲しいと願っています。

皆様と 真 の冥福を祈りたいと思います。

※念のため、この先1週間は犬猫の面会、ご見学、
ボランティアはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。



posted by しっぽの会 at 00:31 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする