2011年06月23日

モーリーさんがラジオにゲスト出演♪

☆…‥・☆・‥…☆…‥・☆・‥…☆・‥…☆…‥・☆・‥…☆・‥…☆

いつもしっぽの会をご支援くださっている吉本興業のタレントのモーリーさまが、
明日、FMラジオノースウェーブにゲストで出演☆

しっぽの会のことや動物保護について語ってくださるそうですぴかぴか(新しい)



放送局:FMノースウェーブ
番組名:ネッツトヨタプレゼンツ35
日時:6月24日(金)
時間:16:30〜17:00

どんなお話をしてくださるか、楽しみですねぴかぴか(新しい)

明日、ラジオの近くにいらっしゃる方はぜひお聴き逃しなく〜〜るんるん

☆…‥・☆・‥…☆…‥・☆・‥…☆・‥…☆…‥・☆・‥…☆・‥…☆

☆。,・~〜・,。★。,・~〜・,。☆。,・~〜・,。★。,・~〜・



posted by しっぽの会 at 23:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月23日のセンターは

今日の札幌市動物管理センターは犬が8匹、猫9匹、子猫15匹いました。

今日は見学される方も多く、新しく家族に迎え入れられた子もいました。

一匹でも多くの子に未来ある明日をと願わずにはいられません。


68.jpg
収容犬68、オスのチワワは東区北27条東3丁目で保護されました。

物静かな穏やかな子のようです。

収容期限は今日まででした。

どうか温かいご家族と出会えますように・・・。





70.jpg
収容犬70、オスのミックス犬は西区福井1丁目で保護されました。

真っ白な毛が美しい子ですが、痩せてガリガリです。

収容期限は6月27日です。

今年は飼い主のもとに帰れる犬が増えているそうです。

この子も無事に帰ることが出来るのでしょうか・・・。





72.jpg
収容犬72、メスのパグは豊平区西岡5条3丁目で保護されました。

保護されて今日で6日目・・・未だに飼い主のお迎えはありません・・・。

収容期限は6月27日までです。





73.jpg
収容犬73、オスの北海道犬は北区新琴似8条4丁目で保護されました。

最初は緊張していましたが、今は職員さんに声を出して甘えています。

体格はちょっと大きめ。凛としています。

収容期限は6月28日です。





77.78.jpg
収容犬77、78。

黒茶のメスの柴犬は南区簾舞137番地で保護されました。

78のメスのミックス犬は東区東苗穂12条1丁目で保護されました。

2匹で飼い主を探すように必死で人の出入りを目で追っています。

心細くてたまらないのでしょう・・・。

収容期限は6月28日です。





79.jpg
収容犬79、メスのシーズーは中央区南9条西7丁目で保護されました。

捨てられ彷徨い汚れ疲れ切ってセンターに来たのでしょう・・・(><)

保護時は泥水で汚れた雑巾のそうにボロボロの姿が痛ましかったのですが、
職員さんに洗っていただき綺麗になりました。

両目は白内障になっています。

収容期限は6月30日 です。




062201.jpg
062201番は飼い主が病気の理由で放棄されたオスのトイプードル。

人恋しくて大きな声で鳴いていましたが、
新しい飼い主さんが決まったようでした。

今度は幸せになってと願わずにはいられません。





062302.jpg
062302番、転居と年を取ったからと捨てられたメスの柴犬。

あまりに酷い仕打ちに言葉を失いました。

目は見えてないようですが、寝たきりではなく性格もいいので、
高齢放棄犬であっても処分されずに済みました。

しかし、どこの保健所でもそうですが、
飼い主に捨てられた高齢犬は、譲渡不可能な犬としてほぼ殺処分されています。

縁があって家族となり、一緒に暮らしてきた動物たちを、
最期まで飼い続けることは、人として当然のことではないでしょうか。

捨てられてもなお、飼い主を信じ迎えを待つこの子が不憫でなりません。





K67.K151.jpg
収容猫F67,K151は親子で中央区南16条西13丁目で保護されました。

黒い子猫が7匹いました。

収容期限は6月28日です。






K152.jpg
収容子猫K152, 1.5ヶ月くらいのオス2匹とメス2匹の兄妹は、
北区篠路3条1丁目で保護されました。

生きようと必死に缶詰を食べていました。

収容期限は6月24日です。





K153.jpg
収容子猫K153、2ヶ月弱のメスの黒茶の子猫は、
北区新琴似4条15丁目で保護されました。

トイレの上で固まっていました。

収容期限は6月24日です。





F44.jpg
収容猫F44、今日も寝てばかりのメスの白黒猫。

推定10歳以上ですが、穏やかないい子です。





F052501.jpg
放棄猫F052501,まん丸い顔が可愛い避妊メスは5歳で飼い主に放棄されました。

マイペースでユニークな子です。





F52.jpg
収容猫F52、メスの黒茶トラ猫はまた太ったようですが、
上手に毛づくろいしていました。

目が見えてないようですが、自然な動作です。





F060901.jpg
放棄猫F060901、去勢オスの茶トラは13歳。

ずっとこの恰好のまま動きません。

心配です・・・。





K143.01.03.jpg
収容子猫K143-01,03は、2ヶ月くらいの2匹の兄弟。

モリモリ食べていました。

大きく元気に育ってね。





F062001.jpg
放棄猫F062001、6歳の去勢オスの白黒茶トラ。

引越しで放棄されました・・・。

さまざまな事情はあれ、なぜ飼えるところになぜ引越さないのかといつも思います。





F062002.jpg
放棄猫F062002、上記のF0620001と一緒に放棄された6歳の去勢オス。


2匹とも緊張や環境の変化で固まっていました(><)





F146.01.jpg
収容子猫K146-01,2ヵ月くらいのオスの子猫。

環境に慣れてきたのでしょうか。
威嚇することはなく、穏やかに眠っていました。





11062302.jpg
今日、収容された1ヵ月くらいの子猫。

離乳が済んでいるかが生き残れるかの瀬戸際です。





11062301.jpg
同じく、今日収容された1ヵ月くらいの子猫。

身体も汚れていて痛々しい姿です。

この子も上記の子と同じく、瀬戸際の命でしたが、
試しに与えたパウチのキャットフードを一気にガツガツと食べたので、
残して貰えました。

職員の方も、常に命の判断を迫られ、心理的な負担も多い厳しい仕事です。





11062303.jpg
札幌市動物管理センターの受付横にある掲示板。

先週よりも飼い主さんからの幸せな報告が増えています。

出会った人で運命が決まってしまう犬猫たち。

人なしでは生きられない生き物だからこそ、私たちのモラルや倫理観が問われます。



posted by しっぽの会 at 23:38 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする