2011年06月16日

ヨモコの悲しいお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━▼ ▼━━━━━━━━━━━━━━━


11061610.jpg
6月15日、昨夜ヨモコが虹の橋を渡りました。
推定年齢はまだ1歳くらいと若かったヨモコ・・・早すぎる死でした。


昨年の秋、チョロマツと一緒にしっぽにやって来たヨモコは、
猫エイズと猫白血病キャリアでした。

野良生活をしていたヨモコですが、
もともとは飼い猫だったようで、ゴロゴロと喉を鳴らして甘える子でした。

数日前から吐いて食欲がなくなり、
病院で診察していただいたところ、慢性腎不全と分かりました。

数日、入院しましたが助かる見込みはなく、昨日退院しましたが、
夜に水を少し飲んだ後、「ニャー」と一言お別れの挨拶を告げて、
静かに息を引き取りました。

苦しまず安らかな旅立ちでした・・・。

ヨモコを応援してくださった皆さま、今まで本当に有難うございました。

皆さまとヨモコの冥福を祈りたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━▼ ▼━━━━━━━━━━━━━━━



posted by しっぽの会 at 23:55 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月16日のセンターは

今日の札幌市動物管理センターには、
犬6匹、成猫7匹、子猫20匹が収容されていました。


64.jpg
収容犬64番、豊平区中の島2条2丁目で保護されたミニチュアダックスのメス 。
とても人懐こくて、人の気配を感じるとすぐに飛んで来ます。

声帯が切られているようで、声が出ません(><)
息が漏れるような悲しい声です。

収容期限は今日まででした。

どうか今度こそ幸せになれますように・・・。





65.jpg
収容犬65番、中央区宮の森3条4丁目で保護されたチワワのメス。

股関節が弱いようですが、とても元気で食欲もあります。

眠たいのかずっと毛布の上にいました。

収容期限は明日まで。
もう、飼い主の迎えはないのでしょうか・・・。





67.jpg
収容犬67番、豊平区西岡5条15丁目で保護された北海動犬系のオス。

利発で穏やかな表情、賢そうなのが分かります。

首輪もない状態で保護され、鼻には檻で擦りむけたような傷がありました。

収容期限は23日です。





68.jpg
収容犬68番、東区北27条東3丁目で保護されたチワワのオス。

まだ若く、眠そうなトロンとした目が可愛い子です。

性格も明るくてとてもいい子です。

収容期限は23日です。





61.jpg
収容犬61番、ピンシャー系のオスは寂しくて鼻を鳴らし、人を恋しがります。

推定10〜歳だそうですが、お散歩大好きなで若々しい子です。

大きさもミニチュアピンシャーくらいです。

どうか、優しい方と巡り合いますように・・・。





11061601.jpg
収容犬69番、今日収容された オスのシェルティ。

毛は汚れ匂いもきつく、全く手入れされていない状態です。

外飼いだったのでしょう・・・。

大人しい静かな子でした。





K134.jpg
収容子猫K134番、1.5ヵ月くらいのメスの2匹は清田区北野3条5丁目で保護されました。

シャム系の美しい子猫です。

収容期限は今日まででした。





K135.jpg
収容子猫K135番、1.5ヶ月くらいのオス1匹、メス2匹の子猫は、
は白石区東札幌1条4丁目で保護されました。

収容期限は今日まででした。





11061602.jpg
収容猫F63番、長毛の黒茶トラのメス猫は白石区南郷3丁目南で保護されました。

とても人懐こくて、ケージの中でもゴロゴロスリスリとリラックスしていました。

収容期限は21日です。





F64.jpg
収容猫64番、性別不明の黒茶トラは白石区川北2291番地で保護されました。

人に馴れていないので、このままでは心配です(><)

F157番のオス猫は今日晴れて貰われて行きましたが、
この子も馴れてくれるといいのですが・・・。

野良猫生活が長い猫は、これまでに虐待にあってることが多く、
なかなか心を開いてくれません。

可哀想に、猫たちは必死に生きているだけなのに・・・。

収容期限は21日です。





K136.jpg
収容子猫K136番、1.5ヶ月くらいのオスの茶トラは、中央区大通東7丁目で保護されました。

収容期限は17日です。





K137.jpg

K137.2.jpg
収容子猫K137番、3ヵ月くらいのメスの4匹の子猫は西区琴似4条3丁目で保護されました。

元気いっぱい飛んだり跳ねたり。

収容期限は17日です。




F44.jpg
収容猫F44番、メスの白黒猫は推定10歳以上 。

食べては寝て、食べては寝て。

人懐こい子です。





F052501.jpg
放棄猫F052501番、避妊済みの白黒のメス猫。

5歳とまだ若く、丸顔の可愛い子です。

気まぐれなところもあり、時々怒るそうですが、普段はいい子です。





F52.jpg
収容猫F52番、推定7〜8歳の黒茶トラのメス猫。

目が見えないらしく、ほとんど動かないせいかとても太っています。

性格は花マルのいい子です。





F060901.jpg
放棄猫F060901番、去勢済みの茶トラのオス猫。

飼い主が高齢のための理由で、13歳で放棄されました。

一緒に放棄された2匹は無事に貰われましたが、この子だけ残りました。

半月もの間、ほぼこの姿勢のまま固まっています。(><)

飼い主に放棄されたことが余程ショックだったのでしょう・・・。

大人しい子です。





11061602.jpg
今日、収容されたシャム系の子猫はオス1匹、メス1匹、黒茶1匹です。






11061603.jpg
同じく今日収容された茶トラのオスと灰色のオス。





11061604.jpg
同じく今日収容された三毛のメスと茶トラのオスです。







11061606.jpg
子猫4匹と親子で収容されました。


このように、今日だけでもたくさんの猫が捨てられ、収容されましたが、
目が開いていない離乳前の猫や、収容しきれず処分される猫も大勢います・・・。





11061606.jpg
札幌市動物管理センター福移支所の受付横に、
収容中と譲渡後の写真が展示されるようになりました。

このコーナーに貼りきれないくらい、いっぱいの笑顔に会いたいですね!

行き場のない一匹でも多くの犬猫が、普通に食餌が出来て、
安らげる寝床があって、語りかけてくれる温かい家族と暮らせますように・・・。






posted by しっぽの会 at 21:54 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする