2011年02月01日

★ファイトとムー☆

11020101.jpg
ファイトは推定1歳のミニチュアダックスのオスです。

昨年の6月、石狩保健所に収容されていました。

一緒に収容されていたミニチュアダックスのチエと保護しましたが、
生まれつき肢が悪く目も見えていないようです(;;)

会に来た時よりは頭も持ち上がるようになって、
少しづつ他の犬ともコミニュケーションできるようになりました^^

仲良しだったチエが貰われて、
頼れるお姉さんがいなくなったけど、頑張っていますよ手(グー)





11020102.jpg
札幌市動物管理センターに飼い主に放棄されたムーは5歳のミニチュアダックス。
収容中は下半身麻痺でヘルニアの疑いがありました。

保護した後すぐにステロイド投与とレーザーの集中治療を開始した結果、
数週間後にフラフラしながらも歩けるようになりました手(グー)

現在は経過を観察していますが、自由に歩き回れるほど元気になったので、
事務所から小型犬の仲間のいる部屋にお引越ししましたグッド(上向き矢印)

ムーは病気が原因で飼い主に放棄されましたが、
目も見えず肢の悪いファイトが迷子になるはずもなく同じく捨てられたのだと思います。

愛情と手をかけてあげたら、現状よりも改善されることが多いのに、
将来もある若い2匹は匙を投げられました。

現在、会には7匹のミニチュアダックスがいます。

皆さま、どうぞダックス軍団に会いにいらしてくださいね犬


★☆ ◆ ◆ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆             ☆
★ 飼い主さん報告にりゅうたちゃん登場です☆♪
 ぜひご覧ください ♪ 
                     ★
☆            ☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★ ◆ ◆☆★


posted by しっぽの会 at 22:29 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする