2010年12月16日

石狩保健所から犬を引き取りしました

10121619.jpg
本日、石狩保健所からメスのチワワを引き取りました。

先週もお知らせさせていただきましたが、
この子は11月20日あたりから、石狩市樽川北で放浪しているのを目撃されていました。
かなり臆病なので、仕掛けた捕獲機にもなかなかかからず、
よほどお腹が空いていたのか、やっとかかって捕獲できました。
それでなければ今頃はこの寒さですから凍死していたと思います。

どこかしらで食べ物を貰って食いつないでいたようですが、
牧場の納屋で寝ていたとの情報もあり、いろいろ苦労していたようです(;;)




10121618.jpg
首輪もしていませんでしたし、
石狩市も隣接する札幌市にも迷子の届け出はなく、捨てられたんですね(;;)

右側の歯は抜けて、左側の歯も数本残っているだけですが、
そんなに年を取っているようのも見えませんでした。

まずは、ゆっくり休んで、安心して眠らせてあげたいと思います。

先日、千歳保健所からもチワワを引き取っているので、チワワは2匹になりました。
皆さまどうぞ会いにいらしてくださいねグッド(上向き矢印)



posted by しっぽの会 at 23:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のセンターは。

今日のセンターは犬が10匹、猫が17匹(うち子猫が3匹)が収容されていました。
そのうち、犬は6匹、猫は9匹が飼い主に放棄されていました。

平成21年度、札幌市動物管理センターに収容された犬のうち、
255匹が飼い主に放棄され、捕獲(迷子)された犬は369匹・・・
迷子のうち飼い主のもとに帰れたのは174匹で、
半分以上の子は飼い主の迎えがありませんでした。
猫は放棄が600匹、飼い主不明猫は1,444匹(うち、1,147匹は子猫)。
猫に至っては、飼い主の迎えがあった子はたった4匹しかいませんでした。

また、新たな飼い主に譲渡され命の切符を手に入れることが出来た子は、
犬が317匹、猫は325匹でした。
生存率は犬が78%、猫は15%あまり。

117匹の犬、1,852匹の猫が殺処分され、
未だこれだけの犬猫が人間の都合で命を奪われているのです。


10121601.jpg
121303番のパグとシーズーミックスのような8歳のオス。
とても人懐こくていい子ですが飼い主に放棄されています(><)





10121605.jpg
120801番のコーギーも飼い主に放棄されました。
ストレスからでしょう・・・下痢が続いています(;;)





10121604.jpg
121501番のオスのシェルティは13歳にもなって飼い主に放棄されました。
もの凄く悲しい目をしています・・・
自分の身に起きたことを理解しているのかもしれません・・・
足腰は丈夫そうで、しっかりと歩いていました。
どうかいいご縁がありますように・・・





10121603.jpg
121601番の4歳のオスのゴールデンレトリバーは、引越で捨てられたそうです(;;)
家族ではなかったんですか?!
犬も人と同じように、切なさも苦しみも・・・悲しみもいっぱい感じているんです(><)




10121602.jpg
手前の子は迷子でしたが、今日が期限切れ。
こんなにかわいい子がいなくなっても平気なんでしょうか・・・

奥の120703番の子も飼い主に放棄されました(><)
先週よりは人慣れしてきています。いい子です。





10121608.jpg
120301番の1歳のオスの北海道犬。
凛として姿勢も良く意志をもった和犬です。
シャイなところは和犬の特徴ですが、飼い主には堅実です。
和犬のいいところを十分に理解してくださる方と、ご縁がありますように・・・





10121607.jpg
121301番の推定5〜6歳のメスのグレードデン系?ワイマラナー系?の子。
痩せてあばら骨が浮き上がっています。
おっぱいが大きく下がり、何度も子育てしてきたのでしょう・・・
放棄理由は犬に対して攻撃性があるということですが、
むしろ、さまざまなことに怯えている感じでした。
これまでどんな暮らしをしてきたのでしょうか・・・





10121616.jpg
F121番のオスのヒマラヤンは今日が収容期限切れです。
風邪をひいているのか鼻水が出ていました。
穏やかでとてもいい子でした。





10121610.jpg
F120905番の三毛猫のメスも7匹放棄されたうちの1匹です。
緊張していますが、大人しい子です。





10121611.jpg
F122番はヨモギのオスです。
収容期限は20日までです。
やはり、飼い主の迎えはないのでしょうか・・・





10121612.jpg
12月9日から収容されているF120903番はメスのサバトラで推定1〜2歳。
この子も7匹放棄されたうちの1匹です。
綺麗な大人しい子です。





10121615.jpg
FP117番は推定3ヵ月のオスで、今日までが収容期限です。
クロに薄い縞模様で可愛い子です。
かなり怯えていますが、これまでに怖い想いをしているのでしょう(><)





10121617.jpg
F102602番はサビ色のメスで推定2〜3歳。
この子も飼い主に放棄されました。
人慣れして可愛い子です。





10121609.jpg
F92番は推定5〜6歳。
センターで一番の古株になってしまいました。
人懐こくアピールするわけではありませんが、大人しくて穏やかです。


まだ、まだ紹介しきれない子もいますが、
温かい家族と暖かいお家が欲しいのはどの子も同じです。

どの子も新しい年を迎えることが出来ますように・・・


posted by しっぽの会 at 22:47 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする