2010年12月09日

石狩保健所からダックスを引き取りました☆

10120901.jpg
12月2日、石狩市樽川南あたりで捕獲されたオスのミニチュアダックス。

推定8歳くらいでしょうか。
後左肢の形がちょっと変わっていますが、
普通に歩けますし、走ることだってできます。

ご覧の通り、人懐こくてとってもいい子です。





10120903.jpg
北海道立保健所の収容期限は4日間です。
この間に飼い主が迎えがなく、新たな出会いがなければ殺処分されるのです。
それぞれの保健所が多少の猶予をしてくださるとはいえ、あまりに短い収容期限。
探し出す前に殺処分されていた話も聞いたことがあります。

また、当会が犬猫を引き取りする可能な範囲にある保健所の中で、
江別、石狩、岩見沢、由仁の保健所にはホームページがありません。

幸い当会は、保健所からご連絡をいただいたり、お電話させていただいたりで、
情報交換がありますが、住民の方や近郊の方に情報周知する手立てがありません。
ホームページがあれば、いつどこでどんな犬猫が収容されたか告知できるのに・・・
とても残念です(><)




10120902.jpg
この子は推定8〜9歳?のメスのチワワ。
最初、怖がって吠えまくっていましたが、数分で静かになりました。
悲しそうな目をしています・・・
11月20日から放浪しているとの情報があり、12月6日に捕獲機にかかるまの間、
ちいさな命は寒さと飢えと闘いながら、さまよい続けていました(;;)

石狩市は札幌市と隣接しているので、札幌市動物管理センターに問い合わせしても、
迷子の問い合わせはなかったそうです(><)

どんなに心細かったでしょうか・・・

収容期限は10日、明日までです。
月曜日からは譲渡を含めた処分対象となります。

飼い主に見放され、放浪中に恐ろしい想いもしているでしょう・・・
この子の傷ついた心のケアも愛情をこめて根気よく出来る方に、
新しい飼い主になって欲しいと強く思います・・・





10120904.jpg
今日も寒くて、雪がチラついてきましたが、
ダックスくんは“るんるん”と元気に車に乗り込みました。

明るい子なので安心しました☆

皆さまのお手元に会報初冬号は届いていますでしょうか?

犬猫を収容している北海道の全保健所にホームページ設置の要望、
道立保健所の犬猫の収容期限を、現状の4日間から10日間以上に延長要望の他、
北海道の自治体の皆さまにお願いしたい要望の署名用紙を同封させていただきました。

締め切りは2010年3月末。
当会のHPの「署名のお願い」から用紙をダウンロードすることもできます。

http://shippo.poo.gs/syomei.html

皆さまのご協力を心からお願いいたします。
小さな命の声にならない声を、私たちが届けてあげませんか。



posted by しっぽの会 at 22:00 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする