2010年06月11日

続 石狩保健所の犬たち☆

006.jpg
今日は石狩保健所から、昨日で収容期限切れのダックス2匹を引き取りしました。
2匹とも同じ場所で捕獲されています・・・





10061109.jpg
この子はゴールドのオスのダックスです。
頭が傾いていて足も不自由です。
奇形か成長期に十分に餌をもらえずにこうなったのか・・・
劣悪な環境にいたことは間違いないようです(><)
診察結果は、水頭症の疑いもあり、薬が処方されました。
推定年齢は1〜2歳。頑張って生きようねグッド(上向き矢印)ファイトですexclamation×2

ブラックタンの子は推定年齢5歳のメスで、この子も前左足が不自由です(><)
病院では、骨折したまま放置された可能性が強いと診断されました。

繁殖犬だったのでしょうか・・・おっぱいも出ています。

不思議なことですが・・・爪は綺麗にカットされ、止血剤も付けてありました・・・

このギャップって何でしょう(><)






10061105.jpg
昨日、保護した放棄のマルチーズはバリカンをかけて綺麗さっぱり!
辛い過去も忘れることが出来たらいいね!

乳腺腫瘍が3ヶ所ありました(><)





10061110.jpg
大型犬が全身毛玉になると、どうやって手をつけたらいいか戸惑いますが、
バリカンをかけたら灰をかぶった子が〜〜





10061111.jpg
ジャジャ〜〜ン!シンデレラにぴかぴか(新しい)
毛が固まって右目がどこにあるか分からなくなっていましたが、
これで両目とも見えるようになりました^0^
しかし、耳が壊死しそうになっていて頭を振る度に出血します(;;)
病院から薬が出たので治療開始です!





10061113.jpg
これ何だか分かりますか?
何としっぽが毛玉で一皮むけたみたいになりました(苦)
ここまで放っておかれ、どんなに辛かったか・・・
しかも高齢で、あと何年も生きないのに・・・
人として恥ずかしくないんでしょうか・・・
でも、犬たちは飼い主を想い、迎えに来てくれるのを待っているのでしょうね(涙)


posted by しっぽの会 at 20:59 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする