2010年02月13日

さよなら・・・ジェロごめんね

100213_1257~01.JPG
斎場に入口です。

亡くなった病院から直接、ジェロを斎場に連れていきました。


余りに突然の出来事で心の整理がつかず、もうこの世にいないことがまだ信じられずにいます。




100213_1255~01.JPG
こちらは動物専用炉の入り口です。

供花、おやつ、淋しくないようにオモチャを入れてあげました。

ジェロは小さめの子でしたから、50分ほどで荼毘に付されました。

斎場の方は綺麗な骨なので「まだ若い子でしたね」と仰っていました・・・推定3歳でした。




100213_1256~01.JPG
霊灰堂です。裏は山になっていて自然豊かな場所にあります。




032.jpg
ミーニーの可愛い缶にジェロのお骨が入っています・・・こんなに小さな姿になってしまいました。

亡くなる前日、オスワリして大きな瞳でジィーと見つめていた姿が頭に焼きつき離れません・・・。


せっかく引き取りしたというのに、命を助けてあげることができませんでした。

この世は無常とはいえ痛恨のきわみです。


パルボは予防することが重要です。

犬舎も万が一の不測の事態に備え、消毒を徹底しています。


皆様もジェロの冥福を祈っていただけたら幸いです。





posted by しっぽの会 at 23:02 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする