2023年02月01日

10万筆を目指して! 北海道動物愛護センター開設に必須な7つの要望

S__12091413.jpg

いつも応援ありがとうございます!

また、「北海道動物愛護センター早期建設実現」のご署名のご協力ありがとうございます!

昨日令和5年1月31日現在の署名数ですが、ネットによるご署名が48,473名、自筆のご署名が31,758の合計80,231名となりました!

提出時期ですが、今年度内の3月中の提出とさせていただくことになりました!




北海道地図s.jpg

広大な北海道の動物愛護や管理行政をカバーするには、当然一つの動物愛護センターでは足りません。

そこで北海道は北海道を4つのブロックに分けて、それぞれに愛護センターを開設することとなりました。

【北海道4エリア区分】

※道央地区 空知・石狩・後志・胆振・日高 

※道東地区 十勝・釧路・根室 

※道北地区 上川・留萌・宗谷・オホーツク 

※道南地区 渡島・檜山

事業を実施するにあたり、まずは、道央は酪農学園大学さまで、道東はNPO法人ティアハイム十勝さまで開設に向けての実証事業が行われ、令和5年度から本格的に開設する運びとなりました。

また、北海道は、道北と道南については、令和6年度の運用開始を目指し、プロポーザルによる選出で委託先を決める予定だそうです。




企業版ふるさと納税等ポスター-1.jpg

北海道動物愛護管理センターは令和5年度の開設が予定されており、2月中旬に道議会で開催される第一回定例会で一部の予算計上される見込みのようです。

また、北海道では、現在は法人向けの寄付のみとなりますが、動物愛護管理センターの開設に向け、体制整備についてのご寄付いただける企業さまを募集しています。

お問い合わせ先
環境生活部自然環境局自然環境課(動物愛護)
〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目
TEL : 011-204-5987  FAX : 011-232-6790




166A3207s.jpg

北海道動物愛護センターの開設が決まりましたが、内容はまだ白紙の状態です。

どんな施設になるかは大変重要です。

北海道動物愛護センター早期建設を実現する会実行委員会では、署名開始当初より「北海道にも”愛”あるセンターを!」と以下の7つを要望してまいりました。

7つの要望項目

1 動物の愛護・福祉に配慮した施設
問題解決のために、動物管理業務の一元化を

北海道の動物に関する業務は、動物愛護管理業務を担当する振興局と犬猫の引取り、保管、返還、譲渡・処分を行う保健所に二分化されています。北海道は保健所の犬猫の殺処分率も低く、いっけん動物愛護が進んでいる地域のようにみえますが、実際は野犬問題や愛護団体支えられた現状、保健所の収容数をはるかに超える「飼い主さがしノート」の掲載、2019年改正「動物愛護管理法」に未対応等、数多くの複雑な問題を抱えています。


2 大規模災害時等における被災動物の対応ができる施設 
災害時や新興感染症発生時に、円滑な被災動物対応が可能な拠点を

北海道の場合、広域で災害が生じたときには全道を統括して対策を講じることが不可欠で、近年では新型コロナウィルス感染者のペットの対応においても困難に直面しています。
災害時におけるペット相談、周囲への迷惑防止、新興感染症が発生した時のペットの対応などが可能な動物愛護センターが道央・道北・道東・道南などの各拠点に必要です。

  
3 譲渡前不妊手術、病気・ケガの治療ができる施設
動物福祉のために医療設備の完備、獣医系大学や動物病院との連携を

殺処分や行き場を失う命を減らしていくには不妊手術が不可欠です。行き場のない動物を一頭でも減らすには、全国でもすでに行われている早期避妊去勢手術を含めた譲渡前不妊手術が不可欠です。シェルターメディスンの考えに基づき収容される動物たちへの日常的な治療や、混合ワクチン接種などにも対応できる医療設備、獣医系大学や動物病院、ボランティア等との連携など動物福祉にかなった施設が必要です。


4 多頭飼育崩壊時におけるペットの収容ができる施設
収容数の増加に対応できる数値基準をみたした施設を

近年、多頭飼育崩壊による引取事例が増加しています。ですが、愛護団体が常に協力できる保証はありません。北海道独自でもこうしたケースに対応できる、「動物愛護管理法」の数値基準を満たした施設が必要です。また、こうした問題は未然に防ぐことが最も重要で、そのためには飼い主指導や動物福祉の普及啓発が必要ですが、現在の北海道には“動物愛護センター”としての機能がないため対策が後手に回っています。


5 飼い主のいない猫対策ができる施設
飼い主のいない猫は不妊手術で一代限りの命を全う

各振興局や保健所に寄せられる苦情の多くは外猫や飼い主のいない猫に関するものです。動物がより良く人間社会で共生するためには、全国的にはすでに取り組みが行われている“地域猫活動”※が対策の要です。この“地域猫活動”を効果的に推進するためには、一般の動物病院同様の診療設備を持ち合わせた、好立地の動物愛護センターが必要です。またこれに併せて、猫の室内飼育を飼い主の義務に定める等、現在の「北海道動物の愛護及び管理に関する条例」の見直しも必須と考えます。

※地域猫活動とは・・・飼い主のいない猫に不妊手術を施し、地域でお世話をして一代限りの命を全うさせる方法(同時に、譲渡できる可能性を模索することも大切です。)


6 ペットを介した道民交流の場となる施設
子どもたちへの情操教育、高齢者と動物のふれあえるの場に

核家族化が進み、子どもたちが命の大切さを体験する機会が少なくなっています。未来を担う子どもたちが収容動物たちの現状を知ることは、命を大切にする心や責任感など人としてあるべき姿を知る重要な道徳教育の機会となります。また今後さらに老齢人口が増えることからも、動物好きの高齢者が動物とふれあえる場を作ることで、引きこもりや孤立の防止にも役立てられます。様々な人々が気軽に立ち寄り交流できる多目的室をもった施設が必要です。


7 連携・協働、ボランティア育成、適正飼育の普及啓発の拠点となる施設
時代に合った施策づくりの拠点として

ペットに対する理解不足や不適正飼育による迷惑行為、動物への暴力やネグレクト型虐待、公衆衛生、動物取扱業等に関する問題は後を絶ちません。人々が安心して暮らすには、時代に応じた多様な施策は欠かせず、施策を具現化していくには行政と獣医師会、獣医系大学、動物愛護団体及び動物愛護推進員等の道民ボランティアなどの連携・協働は重要です。また動物の適正飼育指導や愛護・福祉の啓発、動物取扱業者の管理などの拠点となる施設が必要です。


全文や詳細は、北海道動物愛護センター早期建設を実現する会にHPをご覧ください。

https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center

QRE6849BE8ADB7HP-a7143.jpg



166A3220s.jpg

皆さまに多大なるお力添えをいただいている署名運動ですが、目標の10万筆まで昨日の段階であと19,769名となりました!

「北海道動物愛護管理センター」が動物の愛護と福祉に配慮した“愛”ある施設になりますよう、引続き多くの皆さまに賛同署名による応援をお願いいたします!

ご署名がまだの方は、ぜひご協力をお願いいたします!

署名サイトはコチラです。


QR_chang-a486f.jpg

https://www.change.org/doaigocenter

北海道の方に限らず世界中からご署名いただけます!

3月の提出までに10万筆を目指し応援よろしくお願いいたします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 16:44 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

飼い主さん募集になったモコ🐕🌸

3A9723FC-C916-4A17-852A-1574474737C1s.jpg

飼い主さん募集になったモコです🐕🌸

モコは今年の7月22日、空知総合振興局管内の多頭飼育現場から引き取りした推定8-10歳の女の子です❣️

モコは人見知りはしますが、激しく怖がり抵抗する感じはなく、撫でられるのが好きだったり無邪気なとこもあり、可愛いらしい子です🐕✨

大人しく抱っこもさせてくれます💓



6778394A-7C56-415A-B29D-FC252C7F1866s.jpg

慣れたらしっぽを降ってじゃれてきてはしゃいで遊ぼ〜♬と誘ってきたりもします💕



456BC0C3-E738-4472-B149-55CB475C419Cs.jpg

シャンプーは初めは少し怖がって逃げようとしていましたが、大人しくさせてくれました✨



BCD6235F-ACA6-4532-B1DD-EA62400D30C2s.jpg

ドライヤーとブラシの時は上機嫌でしっぽをあげて嬉しそうにしていました🌸



F3DA1075-3C0C-427F-9A74-4015E52B8D4As.jpg

お散歩は最初は怖くて歩けず、抱っこでお外に連れて行くところからのスタートでした。

少しずつ練習を重ね、今は慣れた人とは楽しそうにしっぽをあげて歩けるようになりました🐕🌸

また新しい場所では慣らしていっていただく必要があり、人見知りもするため、何度か通っていただく必要があります。

少し神経質なところはあるので落ち着いたご家族構成・飼育環境が向いています。



<動画もごらんください♬>


慣れたら人が好きな子なのでゆっくりモコに向き合っていただける方との出会いを待っています❗️

ぜひ、モコに会いにいらしてください🌸

モコのプロフィールはコチラです★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 20:01 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/28・29 宮の森保護猫譲渡会のご報告🐱

kaijyous.jpg

1月28日(土)・29(日)に開催しました宮の森保護猫の譲渡会のご報告です🐱

この度の譲渡会では、2日間で、9組17名の方がお越しくださいました。

ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました<(_ _)>


参加の猫は、HOKKAIDOしっぽの会の保護猫たちとHOKKAIDOしっぽの会の「飼い主のいない猫基金」で不妊手術を施した北海道内から保護した飼い主のいない猫たち他、行き場を失った猫たちで、猫たちには、不妊手術・混合ワクチン接種・感染症検査・駆虫・駆除・マイクロチップ装着・健康診断または血液検査を実施しています。

今回は子猫の他、若めの猫たちが参加いたしました。


6854s.jpg

仮 名:ティナ・ターナー 推定2歳4か月 メス キジトラ
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/避妊手術/マイクロチップ装着/便検査
引上場所:札幌市中央区

2021年の春、札幌市内でTNR活動時に捕獲器に入り保護されました。

コロナ禍で譲渡会の参加は久しぶりとなった保護主さんでしたが、ティナちゃんは大人気でした。

先住猫さんがいる場合の相性はシビアなところはありますが、甘えん坊で、撫でられたり、おしりをポンポンされるのか大好きなティナちゃん。

2月の譲渡会にも参加されてその後にご譲渡に向けて調整させていただくことになりました。



6856s.jpg

仮 名:ケニー・ロジャース 推定6か月 オス シャム系
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/去勢手術/マイクロチップ装着/便検査

札幌市内の地域猫の餌場に現れたため保護主さんが保護しました。

シャムトラ柄の『鍵しっぽ』のお尻がめんこい、やんちゃ坊主で綺麗なブルーの瞳がイケメンです♡

気にしてくださる方もいらっしゃいましたが次回の譲渡会がんばります☺



kurosukes.jpg

仮名:クロスケ 推定4〜5か月 オス 黒猫 
引上場所:栗山町 
猫エイズ(ー)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/駆虫済/去勢手術済/マイクロチップ装着済/血液検査

栗山町の農家地区の一軒家に住み着いた猫が出産し住人の方が面倒を見ていましたが、保護して飼い主さまを探しています。

先に譲渡になったメルル、ルイ、ルナの3兄妹と同じお家で保護されたクロスケ。

引き取りした当初は風邪の症状が酷かったのですが、ぱっちりと目も開き随分と良くなりました☆

スリゴロでマイペースでフレンドリーな性格のクロスケ。

初めて猫を飼う方でもとても飼育しやすい子です。

黒猫好きな方、黒猫の魅力にはまってみたい方、オススメです☺



itigo.jpg

仮 名:イチゴ 推定8か月 メス キジトラ
引上場所:札幌市清田区美しが丘
猫エイズ(+)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/避妊手術/マイクロチップ装着/駆虫済

人馴れしていて、良くそばに来てスリスリ、撫でるとゴロゴロするかわいいイチゴ。

遊びが大好きで、成猫と追いかけっこしたり戯れて遊んで、元気いっぱいです。

人も猫も好きな良い子です♬



riri.jpg

仮名:リリー 推定9か月 オス 白キジ
所在場所:栗山町 保護主さん宅
猫エイズ(ー)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/駆虫済/去勢手術済/マイクロチップ装着済/血液検査

生後3か月頃まで野良猫でしたので臆病さがまだ抜けていませんが、慣れればとても甘えん坊で、ずっとゴロゴロ・スリスリします。

また、抱っこもOKで、自分から人のお腹に乗って来てくつろいだりもします。

ハリー、ベリーとは兄妹で、いつでも一緒に遊んで一緒に寝て仲良しです♡



hari.jpg

仮名:ハリー 推定9か月 オス 黒白ハチワレ
引上場所:栗山町
猫エイズ(ー)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/駆虫済/去勢手術済/マイクロチップ装着済/血液検査

生後3か月頃まで野良猫でしたので臆病さがまだ抜けていません。

知らない人には攻撃していましたが、3か月ほどして徐々に心を開いてくれ、撫でることができるようになり、5か月経つ頃にはゴハンのご機嫌の時にはゴロゴロ言って、抱っこもできるようになりました♡

リリーとベリーとは、いつでも一緒に遊んで一緒に寝ています。



6864s.jpg

仮名:ベリー 推定9か月 オス 黒白ハチワレ
引上場所:栗山町
猫エイズ(ー)/猫白血病(−)/混合ワクチン/追加ワクチン/駆虫済/去勢手術済/マイクロチップ装着済/血液検査

生後3か月頃まで野良猫でしたので臆病さがまだ抜けていません。

保護して半年ほど経つと少しずつ慣れて来てくれたのか、ご飯の前はハンモックに飛び乗ってお尻を撫でられるのを待つようになりました。

ゴハン前以外は基本的に狭い隙間に隠れますが攻撃性もないので、時間をかけてゆっくりと向き合っていただける方とのご縁を待っています。

リリー、ハリーと仲良しですので一緒に暮らせると嬉しいです。


リリー、ハリー、ベリーにはもう1頭兄妹がいますが、一緒に譲渡会に出られるよう保護主さんは日々頑張っています。



2023.01.28.29譲渡会3.jpg
<終了しました>

「HOKKAIDOしっぽの会宮の森保護猫譲渡会」

日時:2023年1月28日(土)〜1月29日(日) 

時間:11:00〜15:00

会場:宮の森しっぽオフィス

住所:札幌市中央区宮の森2条7丁目1-32 ル・ジャルダン・デュ宮の森1階



次回は、2月11日(土)、12日(日)に札幌市動物管理センター八軒本所で譲渡会を開催いたします。

頭数も多くなる予定ですが、ぜひお越しください。


「札幌市共催 HOKKAIDOしっぽの会保護猫譲渡会」

日時:2023年2月11日(土)〜2月12日(日) 

時間:11:00〜15:00

会場:札幌市動物管理センター八軒本所

住所:札幌市西区八軒9条東5丁目1-31
駐車多数台/無料

連絡先:HOKKAIDOしっぽの会 
電話:0123-89-2310 
fax:0123-89-2311
Eメール:info@shippo.or.jp


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 11:32 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月30日

飼い主さん募集になったネオン🐕🌸

02.jpg

ネオンは2022年7月15日、空知総合振興局管内の多頭飼育現場から引き取りした推定3-5歳の女の子です❣️

先に募集をしている子犬のオン、ネネ、オト、ネオ4兄妹のお母さんです🐕

立派に子供を育ててくれてお散歩練習を重ね、この度募集することになりました🌸

性格は少し神経質なところがあり、怖がりではありますが、慣れた人には戯れてきたり撫でられるのも好きな子で可愛い女の子です🐕✨

慣れたら抱っこも大人しくさせてくれます♬

人見知りはしますが、知っている人にはしっぽを降って寄ってきてお腹を出したり手に戯れてきたりします💕
とても可愛いです😍




03.jpg

シャンプーは初めは少し怖がって逃げようとしたりしていましたが、徐々に慣れてきたのか大人しくさせてくれました✨



05.jpg

ネオン、シャンプーもお利口さんにさせてくれました。



04.jpg

ドライヤーもかけられましたよ☺



01.jpg

お散歩は初めは全然歩けなかったですが、練習を重ね、今は慣れた人と慣れた道ではしっぽをあげて楽しそうに歩けるようになりました🐕🌸

これからも慣らしていっていただく必要があり、人見知りも激しいことがあるため、何度か通っていただく必要があります。

性格が少し神経質なところがあるので落ち着いたご家族構成・飼育環境が向いています。


動画もご覧ください🐕
https://www.youtube.com/shorts/RKYdq6DhSbQ

人は好きな子で本当は甘えたい子なのでゆっくりネオンに向き合っていただける方との出会いを待っています❗️

ネオンのプロフィールはコチラです★

ぜひ、ネオンに会いにいらしてください🌸


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 11:24 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足長会員の皆さまに足長通信165号を発送いたしました

足長通信165号.jpg

いつも足長組の犬猫へのご理解とご支援を賜り本当にありがとうございます。

足長会員の皆さまに足長通信165号を発送いたしました。

足長基金はご支援の輪が広がって多くの方にご賛同いただいています。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます!

足長支援制度
http://shippo.or.jp/01/asinaga.html

足長基金対象犬猫
http://shippo.or.jp/01/sien01.html


足長会員の皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

厳しい寒さが続く毎日ですが、体調面等のお変わりはありませんか?
どうぞご自愛されてお過ごしください。

今月の新顔は老犬のロクです。
引取り時から重度の腎不全だったロクですが、健康に配慮して新たな出会いがありますよう足長組に加えさせていただきます。

重度の貧血で難病と闘うマーチと猫エイズと猫白血病のダブルキャリアのヨモギとローズ、おばあちゃんになって飼い主さんと別れ寂しい想いをしている猫のハッチも頑張っています。

4頭の様子もどうぞご覧ください。

現在、足長組は犬19頭・猫39頭の58頭となりました。

足長っ子は、高齢やハンデがあっても毎日を精一杯過ごしています。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

犬19頭
ボルタン・太鳳・ラッキー・ロック・チコ・マミー・スモーキー・ゴン太・キンカ・ブラッシュ・ミサ・ユッカ・コラッタ・姫子・弥生・エール・渚・マーチ・ロク


猫39頭
シロ・シッポ・チュム・ヨモギ・サファイア・モヒート・奏・ノエル・ルーク・ツクネ・ツミレ・明日香・隆・マリア・ココア・ダミアン・鯉太郎・喜助・アズキ・ビアンコ・チーノ・パナップ・ペペロン・ボンゴレ・ネル・アル・タラバ・秋子・ハッチ・豆蔵・豆リン・トラ豆・豆ッチ・スナップ・花豆・ウララ・太賀・ミッキー・ローズ

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


足長基金は、高齢だったり、傷病等のハンデがあるためになかなか出会いがなく、健康な個体に比べてケアに人手も費用も多くかかる犬猫を対象にした基金です。

高齢やハンデを持った子も平等に分け隔てなく救え、会でケアしながら良いご縁を待てるのも、足長基金に賛同してくださっている皆さまのお陰です。心より感謝申し上げます。

今年も引き続きご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます<(_ _)>    


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 09:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする